最近のトラックバック

« 大学時代のOB会 | トップページ | 玉原高原&鹿俣山登山 »

栂池自然園

10月3日(土曜日)長野県小谷村にある栂池自然園に行ってきました。

行くきっかけは、今年で四回目の開催となる大学時代のクラブのOB会が、

白馬村にある大学のセミナーハウスで行われます。

15時の集合前に紅葉が見ごろと思われる栂池自然園にと思いつきました。

Img060_3

自宅を6時に出発。

上信越道の長野ICで降り、長野オリンピック時に開通した長野白馬道路を利用し約

2時間半程かけて小谷村の栂池駐車場に到着。

駐車場(駐車料金一日500円)はすでにほぼ満杯の状態でした。

ここからはゴンドラリフトとロープウェイを乗り継いで自然園駅まで登ります。

栂池自然園入場料(300円)を含めえて往復3600円です。

標高839mの栂池高原駅からは、6人乗りの栂池ゴンドラリフト「イヴ」を利用。

途中白樺駅を通過し高度を上げる。

天候に恵まれた青空の中、ゴンドラからは杓子岳(2812m)・白馬岳(2932m)

小蓮華山(2766m)白馬乗鞍岳(2437m)等の北アルプス連峰が

目の前にくっきりと見えます。

P1460654 P1460652 P1460649

約20分かけて栂の森駅(1582m)に到着。

ここから平坦な道を250mほど歩いて次のロープウェイの栂大門駅(1560m)に向かう。

このロープウェイは71人乗りで5分ほど乗ります。

眼下には紅葉が始まっています。

ほぼ満員の人を乗せて栂池自然園駅(1829m)に到着。

昔はここまで車が乗り入れが出来たとのことで、ロッジの脇には許可を得た車が駐車

されていました。

自然園は中部山岳国立公園に指定されています。

自然園は、ミズバショウ湿原・ワタスゲ湿原・浮島湿原・展望湿原の

四つの高層湿原から成り立っているようです。

多くの人が来園され整備された木道の上で紅葉を北アルプスをバックに写真を

写しています。

私も数多くシャターを押しました。

風穴では岩の間から冷たい風が出ていて、温度計は5度を示していました。

浮島湿原を通過すると木道がなくなり、ヤセ尾根のアップダウンがあります。

やがて標高2020mの自然園の最高地点の展望台に到着。

P1460819 P1460872 P1460864

まじかに杓子岳・白馬岳が見えるため余り広くない場所で

多くの人が食事をし写真を撮っています。

私も少し空くのを待って食事をとりました。

ここから帰りは下り坂です。

途中では湧き水の冷たい銀命水を見、又楠川では多くの人が休憩食事をしていました。

紅葉と湿原を見ながらビジターセンターに戻る。

再びロープウェイ・ゴンドラリフトを乗り継いで14時50分栂池高原駅に到着。

白馬村の会場へ向かう途中長野オリンピックで使用したジャンプ台を見学。

ジャンプ練習をしている選手達に出会いました。

15時過ぎビジターセンターに一番乗りで到着できました。

« 大学時代のOB会 | トップページ | 玉原高原&鹿俣山登山 »

「登山」カテゴリの記事

コメント

ねこおばさんへnotes
こちらでは山では紅葉が終わるところも出てきています。
月初の栂池自然園紅葉きれいでした。
ゴンドラやロープウェイ値段高い感じもしました。
でも十分堪能できました。

もう紅葉の季節ですね。
こちらではまだまだ小さな秋くらいの紅葉でしょうか。
ゴンドラやロープウェイからの眺めもまた素敵ですねぇ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122817/61926804

この記事へのトラックバック一覧です: 栂池自然園:

« 大学時代のOB会 | トップページ | 玉原高原&鹿俣山登山 »

フォト
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ