最近のトラックバック

« 新たな登山靴 | トップページ | ケア事例発表会に行く »

守屋山

【コース】

 高崎→松井田妙義IC→上信越自動車道→東部湯の丸SA→更埴JCT→長野自動車道→諏訪湖SA→諏訪IC→国道152号→杖突峠守屋山登山口駐車場=分坑平(キャンプ場)=東峰山頂(1631.2m)=西峰山頂(1650.3m)=東峰山頂=キャンプ場=守屋山駐車場→高遠町「さくらの湯」→伊那JC=中央自動車道→岡谷JCT→長野自動車道→更埴JCT→上信越自動車道→横川SA→松井田妙義IC→高崎

Img022
9月13日(日曜日)山楽倶楽部で長野県伊那市高遠町と諏訪市に位置する

「守屋山」東峰(1631.2m)西峰(1560.3m)に登ってきました。

参加者19名。

5時 高崎出発。24人乗りのバス。

天気予報によれば守屋山付近は15時頃までは曇りの予報。

その後小雨予報。

松井田妙義IC経由で上信越自動車道。

6時2分 東部湯の丸SA【15分程度休憩】。

更埴JCT通過。

長野自動車道。

岡谷JCT前あたりから小雨が少し降ってくる。

車内では多少の動揺が隠せなくなってきました。

参加者のなかには、観光に切替えるかとの話もちらほら。

7時25分 諏訪湖SA【12分程度休憩】。

7時42分 諏訪SA。

国道152号高遠町に向う。

ほとんど雨も上がってくる。

8時15分杖突峠を通過してすぐに守屋山登山口駐車場に到着。

広い駐車場は、晴ケ峰カントリークラブ入口の反対側で

隣接地にはソーラーパネルが敷き詰められている場所にある。

8時25分 恒例の準備運動の後、ソーラーパネル脇の守屋山登山口から登山開始。

私は先日購入し、今回初めて履く登山靴で挑戦。

P1460387

いきなり急な滑りやすい登山道を登る。

雨の心配はなくなり、途中で雨具を脱ぐ。

車道を二回ほど横切ると守屋山座禅草コースに出会う。

座禅草コースを選んで進むと橋も兼ねた木道がある。

橋の下を清らかな小川が静かに流れている。

渡りきるとすぐに分坑平に到着。

9時4分 分坑平にあるキャンプ場に到着。(14分程度休憩)

P1460403

ここには簡易トイレも設置されている。

ここまでは、車道が来ていて、親子連れのカブスカウトの人たちが

車で集まり始めていました。

9時20分 守屋山登山口を出発。

林の中の直登を登る。

途中クサリ場がありそこを過ぎると立石コースの分岐に出る。

その後岩場を登り切ると

10時10分 最初の頂上の東峰(1631.2m)に到着。

P1460435
山頂は岩が多く余り広くはない。

本来見通しが良く周辺の山々が見えるのですが、

曇り空のため諏訪湖と諏訪市の市街地が眼下に見えるくらい。

ここで全員での集合写真を撮る。

その後すぐに西峰に向かう。

東峰山頂を過ぎすぐに守屋神社奥宮がある。

さらに先に進むとブナの木に出くわす。

そこには、「元気の出る木」と書かれた表札がつるしてあり

P1460450_4

撫難観音(ぶなんかんのん)として三つの観音像が安置されていました。

P1460487 P1460485 P1460486

そこからすぐにカモシカ岩(良くこの岩の上にカモシカが立ちます)と書かれた岩がある。

やがてコンクリートでできている避難小屋守屋山山頂ラビットハウスが見えてくる。

中には石油コンロ等も置いてある。

管理を兼ねている二名の人が休息していました。

10時50分 ここの脇を通過するとすぐに西峰山頂(1650.3m)に到着。

広くて平らな山頂は、すでに多くの人が休憩をしていました。

我々もここで休憩し昼食をいただくことに。

やはり周辺の山々は雲に隠れている。

ここでアサギマダラの蝶々と出会う。

ここでも集合写真を撮る。

P1460479_2 P1460471_2

先ほどのカブスカウトの人達も登ってきた。

何となく雲行きが怪しくなってきたので、早めの下山を考える。

11時30分 下山開始。

登ってきた山道を今度は下る。

急坂を注意しながら下る。

12時32分 キャンプ場に到着。

ここで休憩を取る。(13分程度休憩)

12時45分 登山口に向かって歩く。

木道を渡るとほぼ登山道と並行する車道があり、数名が車道を歩くことに。

私はアップダウンのある登山道を歩く。

ほぼ同じくらいの時間で座禅草入口コースで再び合流。

ここから登山口までが急坂。

13時15分 登山口に全員無事に到着。

結局雨に降られることはなく下山できました。

13時25分 登山口駐車場出発。

国道152号線を桜で有名な高遠町城址公園の近くにある

信州高遠温泉「さくらの湯」に向かう。

13時50分 さくらの湯到着。

入浴料一人600円ですが回数券だと7回分で3000円。

運転手も入れて20名なので回数券を選ぶ。

ここの温泉はアルカリ性の単純温泉のためか

肌にまとまりつくツルツル感が何ともいえなかったです。

14時50分 さくらの湯出発。

伊那ICから中央道・岡谷JCT・長野自動車道・更埴JCT・上信越自動車道

横川SA・松井田妙義ICを経由。

18時35分 高崎に到着。

心配した雨も降られず曇り空のため涼しく楽しく登ることが出来ました。

ただ展望が良いはずの山頂からは、周辺の山々が雲に隠れ

見ることが出来なかったのは心残りとなりました。

心配した新しい靴で靴擦が出来なかったので安心しました。

<

« 新たな登山靴 | トップページ | ケア事例発表会に行く »

「登山」カテゴリの記事

コメント

まが~さんへnotes
日記のつもりでブログを使っていますので、細かく書いてしまいます。
デジブックも山登りの経過を残すようにしています。
枚数が多くなってご迷惑をお掛けしているのではと気にはしています。

文章を読んだ後でデジブックを見せいただきました。
それが辿られた行程通りだったので、自分ではできない登山を、何だか一緒にできたようでした。
デジブックは、とても興味深く拝見できました。
山野草やチョウチョウにもこんなに出会えるのですね。
急な山道にも新しい靴はその威力を発揮してくれましたね。

異邦人さんへnotes
標高差400弱なんですが、直登で行くので結構急登でした。
晴れていれば周辺の山々が見える展望の良い山でしたので
少し残念でした。
デジブックも光通信ですと時間がかからないのですが
それ以外ですとなかなか重くなって迷惑をかけたりしまいます。

☆彡 ツーカーさんへ ☆彡
この守屋山は、結構急登のところがあるようですね。
フルウィンドウで最後まで見せていただき、良くわかりました。
実際、☆彡異邦人も参加し、一緒に行ったような気分になれました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122817/61632231

この記事へのトラックバック一覧です: 守屋山:

« 新たな登山靴 | トップページ | ケア事例発表会に行く »

フォト
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ