最近のトラックバック

« 守屋山 | トップページ | 緑と桜を守る会臨時作業と夕食会 »

ケア事例発表会に行く

9月12日(土曜日)13時30分からの

第7回「ようざん認知症ケア事例発表会」に行ってきました。

Img017_2
会場は高崎市総合福祉センターの2階にある「たまごホール」で行われました。

Img025_2 Img026_2

この総合福祉センターは、訓練を必要とする方も使用できるように

機能回復訓練室、水泳訓練室も備えてあり、他に高齢者のため用に浴室と大集会室、

障害者ある方のためにこども発達支援室、高崎市障害者サポートセンター、

障害者就業・生活支援センター、おもちゃ図書館等も備わっています。

たまごホールは、コンサート、DVD、ビデを鑑賞、講演会等使用できる

多目的ホールとなっていて、さらに300席のバリアフリーとなっていました。

Img027_2 Img028_edited1_2

今回の「認知表ケアのヒントがここにあります」には、席はほぼ満員の状態です。

今回の事例発表は、ケアサポートセンターようざんの38事業所の社員から提出された

30の事例発表の内から選ばれた7つの認知症ケア事例発表がありました。

Img020_edited1_2 Img021

各テーマには日頃の認知症のケアを行いながら、本人、家族、事業者の社員の協力で

認知症と向かいながらの対処事例、今後の課題が発表されました。

P9120005_2 P9120009

今回が7回目とのことですが、私は初めて出席しました。

私自身も高齢となりつつあり、義父が91歳でようざんを利用しながら在宅での

ベット生活を余儀なくされている現状を考えたとき身に染みる研修事例となりました。

Img018_edited1 P9120016_2

【我が家の彼岸花】ブログ友ミミさんから球根を頂いたものです

P1460545_2 P1460546

« 守屋山 | トップページ | 緑と桜を守る会臨時作業と夕食会 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

悠遊さんへnotes
おはようございます。
私今回初めて福祉センターに行きました。
施設内容等は行った人から聞いてはいましたが
素晴らしい施設になっていて驚きました。
年金生活を送っている私にとって
これからの高齢化の日本どうなるのか心配です。

異邦人さんへnotes
おはようございます。
シルバーウイークも明日で終わりますね。
80歳以上の方が1000万人以上65歳以上が3300万以上とのこと。
私も追う年齢者の一人として将来のこといろいろ考えさせられています。
日本の高齢化社会国民全体で考える時期が来ているのですね。

こんにちは
いつも拙ブログにコメントをありがとうございます。

総合福祉センターは設備が整っていて良いですね。
これからの老後の事認知症についても
今から学んで行く事がとても大事だと思います。

ツーカーさんのお宅の白い彼岸花綺麗に咲きましたね。
先日妹の所から白い彼岸花の球根をもらってきましたので
来年を楽しみにしています。

☆彡 ツーカーさんへ ☆彡
高齢化社会を迎えた日本。誰もが迎えることですからね。
北欧に比べると日本は遅れていますね。
☆彡異邦人は、スエーデンやフィンランドのっ社会福祉を見てきましたが、
「ゆりかごから墓場まで」と税は高いですがそれなりに充実した
社会福祉保証が成り立ってます。
日本はこれからどうなっていくんでしょうか。
その点、ツーカーさんは研修事例などにいち早く取り組み、先を言ってますね。
政治方にこの実情を見てもらいたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122817/61648331

この記事へのトラックバック一覧です: ケア事例発表会に行く:

« 守屋山 | トップページ | 緑と桜を守る会臨時作業と夕食会 »

フォト
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ