最近のトラックバック

« 葬儀・告別式 | トップページ | 尾瀬縦走 二日目 »

尾瀬縦走 一日目

【コース】

☆一日目(8月29日・土曜日)

ドウ→前橋IC→関越道→沼田IC→国道120号→片品村尾瀬戸倉駐車場→乗合バス→

国道401号→鳩待峠駐車場→鳩待峠登山口=山ノ鼻=尾瀬ヶ原=牛首分岐=ヨッピ

吊り橋=東電小屋=東電尾瀬橋=元湯山荘=三条ノ滝=平滑ノ滝=元湯山荘(宿泊)

☆二日目(8月30日・日曜日)

 元湯山荘=見晴十字路=白砂峠=沼尻休憩所=尾瀬沼北岸コース=大江湿原=

 尾瀬沼ビジターセンター=長蔵小屋無料休憩所=三平峠=一ノ瀬休憩所→

低公害車バス=大清水登山口→乗合バス→尾瀬戸倉駐車場→国道120号→

県道64号→花咲の湯県道64号→沼田IC→関越道→前橋IC→ドウ

 

8月29日(土曜日)・30日(日曜日)に山楽倶楽部の会員9名で「尾瀬」に一泊二日で

行ってきました。

Img015
【一日目】 (歩行距離13.6Km)

数日前からこの両日は雨の予報ですが、宿泊先のキャンセル料を

考慮して決行を決めていました。

予報通り29日の高崎は雨ですが皆集まってきました。

5時 ドウ駐車場を会員の車2台で出発。

前橋ICから関越道で沼田ICまで走行。

その後国道120号を走り片品村鎌田で国道401号に入り

6時30分 尾瀬戸倉の駐車場に到着(駐車料金24時間1000円)。

ここから乗合バスの9人乗り(料金1名930円)で鳩待峠まで乗車時間約25分位。

P1460113 P1460114
雨が降っているのでここで雨合羽を着用する。

7時15分 鳩待峠到着。

P1460118 P1460122_edited1
雨の予報のため、登山客は非常に少ない。

霧雨の雨が降っている。

ここで記念撮影を撮る。

7時30分 鳩待峠登山口を出発。

山ノ鼻までの3.3kmの下りを雨に濡れた木道や階段を慎重に歩く。

P1460123 P1460130
木道の脇には所々に花が咲き、栄養豊富な水芭蕉の大きな葉が見受けられる。

8時30分 山ノ鼻ビジターセンターに到着。(約1時間)

ここでしばらく休憩。(休息20分)

荷物を多く背負った歩荷さんも来ました。

P1460140 P1460143
山ノ鼻を出発するとすぐに尾瀬ヶ原に出る。

花の見頃はすでに終わっているが、木道の脇には色々の花が出迎えてくれた。

地塘もここ数日の雨のためか普段より水がいっぱいの感じがする。

P1460159 P1460136
木道を歩くが、貸切のような感じである。

至仏山や燧ヶ岳は雲の中に隠れてみることが出来ない。

9時40分 山ノ鼻から2.2kmほど歩くと牛首の分岐に到着。(約50分)

ここからヨッピ吊り橋2.2kmに向かって歩く。

心配された雨もそれ程でもないが、滑るので慎重に歩く。

所々に熊の出没の注意書と共に鐘が設置されている。

10時20分 ヨッピ吊り橋に到着。(約40分)

P1460157 P1460182
ここから東電小屋に向かってさらに木道の道を歩く。

雨はほとんど気にならない程度の降りになってきました。

10時35分 東電小屋に到着。(約15分)

東電小屋別館の無料休憩所で食事を取る。(休息45分)

P1460186 P1460187
ビール350mlは450円。美味しかったです。

元湯山荘まで約1.5Km向かって歩く。

雨もほとんど気にかからなくなる。

途中雲が切れて至仏山が見える。

P1460194 P1460197
11時35分 東電尾瀬橋を渡る。下の沢は勢いよく流れている。

12時00分 見晴らしと三条の滝との分岐に出会う。

三条の滝方面を目指す。

12時25分 今日の宿泊先の元湯山荘に到着。

曇り空で雨の心配はなくなる。

一時ここで休憩し荷物はここに置いて、希望者7名で三条の滝に向かう。

三条の滝までは約1.5Kmの道のり。

ここは木道はほとんどなく、アップダウンで根が露出し、雨でぬかるんだ登山道を歩く。

途中数ケ所の沢を渡る。

三条の滝近くになると轟音の音が聞こえてくる。

13時35分 雨で水量が増えている只見川の三条の滝に到達。(約1時間)

P1460217 
展望台から見える三条ノ滝は水流が崖上から噴出し約70m垂直に落下する瀑布で、

特有の轟音と水煙が舞い上る豪快な滝であった。

15名ほどの中学生と思われる子供たちが既にいました。

帰路も同じコースを使う。

14時35分 平滑ノ滝に立ち寄る。

P1460235_2
平滑ノ滝は巨大な花崗岩の1枚岩の上を400mに渡って水がすべるように流れています。

滝というよりは早瀬の感じです。

15時15分 元湯山荘に到着。

乾燥室に濡れた衣類・靴・雨合羽等を干す。

P1460212 P1460253
石鹸・シャンプー使用禁止の温泉に入り、登山の疲れを癒す。

本来一部屋4名の部屋を3名ずつ3部屋の個室にして頂き

(宿泊費は一人、一室4名8500円・3名9000円)

夕食までの間、各自持参したアルコール類・つまみ等を持ち寄り宴会を行う。

P1460244_2 P1460242_edited1_2
17時30分 夕食は食堂で頂く。

最初に缶ビールで乾杯し、山小屋特有の料理を頂く。

でも美味しかったです。

P1460248_edited1 P1460251
その後は各自部屋に戻り早めに就寝し一日目の宿泊登山が終わりました。

« 葬儀・告別式 | トップページ | 尾瀬縦走 二日目 »

「登山」カテゴリの記事

コメント

スーさんへnotes
お世話になりました。
心配した天気もそれ程支障がなく過ごせてよかったです。
気温も合羽を着ても汗をかかない位でしたので助かりました。
三条の滝まで行けて本当によかったです。
充実した一日目でした。

二日間!大変お世話になりました!
思い出に残る宿泊登山となりましたねーshine
朝の出発時には、まさか三条の滝まで行けるとは思えませんでした。
東電小屋に向かう途中から雨も上がり...
まさか一日目の行程をすべて予定通りに終えることができるとはsign02...の気持ちでした!
充実感に浸れた一日目でした...confident

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122817/61418352

この記事へのトラックバック一覧です: 尾瀬縦走 一日目:

« 葬儀・告別式 | トップページ | 尾瀬縦走 二日目 »

フォト
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ