最近のトラックバック

« 法事 | トップページ | 尾瀬縦走 一日目 »

葬儀・告別式

23日(日曜日)・24日(月曜日)両日お通夜と葬儀告別式に参列してきました。

実は義母の実家の義母から見たら甥にあたる跡取りでした。

5~6町歩の田んぼでお米・野菜等を作っていた人です。

年齢は83歳。

数年前胃がんの手術を行いましたがその後元気で仕事に励んでいました。

我が家もよくお米を買いに行きました。

甥は、亡くなった義母とは数歳しか離れていませんでした。

ですからよく一緒に遊んだと話されていました。

甥は13年振りに長女が出来、その後二人の娘さんにも恵まれました。

奥さんは三年前にくも膜下出血で亡くなりました。

先日少し体調が悪いとの話を聞いたので自宅へ妻と一緒にお見舞いに行きました。

その時は、食事は無理で点滴をしていました。

今度は肺がんの疾患だとのことでした。

長女の方が看護師で、介護休暇を取って看護をしていました。

話はしっかり答えてくれていましたが、先日21日(金曜日)様態が急変し亡くなったとの

訃報が届きました。

お通夜には、日常の大半をベット生活をしている義父(91歳)は参列しませんでしたが

葬儀・告別式だけは出るとのことで、妻の弟が連れて参列し

多くの親戚と会うことが出来ました。

義父もショックを受けたようです。

義父は葬儀・告別式に参列し帰宅。

我々は初七日、斎場に行っての火葬、お清めと参列してきました。

その間妻は今はこのような時にしかなかなか会うことが出来ない

従兄弟達と逢い昔の思い出話をしていました。

この7月・8月とこれで4回の葬儀に参列することになりました。

私も高齢になってきましたが、世代交代を感じさせる2か月間となりました。

ご冥福を心よりお祈りします。

                      合  掌

 P8230275_2 P8240286_3

P8240296 P8240309







« 法事 | トップページ | 尾瀬縦走 一日目 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

義父は最年長になったことを強く感じています。
やはり人が無くなることがさびしいですが
親戚だとなおさらですね。
私も二か月で四回の葬儀初めてです。

~☆ ツーカーさんへ ☆~
幾つでなくなっても、身近な人が亡くなると
寂しいものですよね。生前の頃を思い出し、
たまらなくやりきれないでしょうね。
ご冥福を心よりお祈りします。

まが~さんへnotes
皆身近な人が亡くなったので寂しいです。
特に義父は最年長になってしまい、自分自身も弱くなっているので
特に寂しいようです。

知った方や親戚の方が次々亡くなられると、寂しさをひしひしと感じます。
まして、より、親しくしておられたお父様はなおさらお感じになられるかもしれませんね。
4度の告別式があってお寂しいですね。葬儀の時は普段会わなかった人とお会いする機会がありますね。御冥福をお祈りいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122817/61318693

この記事へのトラックバック一覧です: 葬儀・告別式:

« 法事 | トップページ | 尾瀬縦走 一日目 »

フォト
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ