最近のトラックバック

« ヒメサユリの咲く袴腰山 | トップページ | 6月前半の我が家の庭 »

叔父さんの死

平成26年6月3日(火曜日)亡き母の本家を継いだ弟の叔父さんが享年90歳で亡くなりました。

Img536_edited1

5月16日に入院。叔父さんの長男から、胃がんでステージ4との話があり余命1ヶ月と医師に言われたとの連絡を受け、

5月31日に病院に私の姉と妹の三人でお見舞いに行きましたが、すでに意識がはっきりしない状態でした。

実家に立ち寄り、叔母さんの話では、お医者嫌いで検査も殆ど受けていなかったとのことでした。

その後6月3日に亡くなったとの話がありました。

通夜式は6月5日(木)・告別式6月6日(金)メモリード豊徳別邸で両日とも雨の中家族葬として行われました。

家族葬は身内だけの葬儀で行われ30数名の参列者で行われました。

思い出せば、叔父さんは税務職員として長く勤務後、税理士として多くの会社に関わってきていました。

そして旅行が好きで、セルシオを自分で運転して、全国各地を旅行したようです。

二男が富山県に住んでいるので北陸には良く足を伸ばしていたそうです。

また我々甥や姪を大切にしてくれました。

本来なら我々が祝ってあげなければ行けないのに、叔父さんの米寿の時は甥や姪を水上の温泉に招待をしてくれました。

今は叔父さんが亡くなって非常に寂しいですが、我々も叔父さんから学んだことを生かしてこれからの生活を送っていきたいと、決意も新たにしました。

P6050155 P6050161 P6060177 

« ヒメサユリの咲く袴腰山 | トップページ | 6月前半の我が家の庭 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

叔父さんの思い出がたくさんありますね。
米寿のお祝いが叔父様にとってもいい思い出になったことでしょうね。
身近な人がなくなると、急に心がさびしくなります。
私も父と叔父を亡くした時、これからは自分もしっかりしなければと心を引き締めたことを思い出しました。
心よりおご冥福をお祈り申し上げます。

異邦人さんへnotes
米寿のお祝いをした時から、わずかな年月で別れになるとは思っていませんでした。
今はガンも早期発見できれば、大丈夫と言われていますが、やはり手遅れとなってはだめですね。
でも90歳まで往生できたので、よかったのではとは思っています。

まが~さんへnotes
本当に元気だったころのことが思い出されます。
天国では私の母と楽しく話し込んでいると思っています。

~☆ ツーカーさんへ 
おじさんが亡くなったとは虚しい気持ちでしょう。
90歳まで往生された偉大なおじさんでしたでしょうね。
謹んでお悔やみ申し上げます。

叔父さんのご逝去心よりお悔やみ申し上げます。
お元気だった頃が思い出されると寂しい限りですね。
お仕事も充実されていたようでご立派な方だったのですね。
米寿にツーカーさんが招待を受けたことも今はよい思い出になりましたね。
ご冥福をお祈り致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122817/56456877

この記事へのトラックバック一覧です: 叔父さんの死:

« ヒメサユリの咲く袴腰山 | トップページ | 6月前半の我が家の庭 »

フォト
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ