最近のトラックバック

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

ブログ ひとりごと 8年目を向かえて!!

6月26日(木曜日)ブログを初めて8年目を迎えることが出来ました。

妻であるブログ「時の流れ」の恵さん共に2006年6月26日初めてブログというものに挑戦。

最初の題は「お庭の掃除」というものでした。

勿論写真等は掲載していません。文章だけでした。

そこから、山の共であるブログ友のスーさん(おかゆ屋どっとコム店長のひとりごと)から色々手ほどきを受け、写真の挿入等をはじめました。

その後多くのブログ友からのブログ、写真の撮り方、コメント、ブログの作成方法、デジブック等を教わりながら今日まで来ました。

7年間で記事数442件、コメント数3714件となりました。

この間随分多くの人に支えられてきたのだと改めて感謝です。

「塵も積もれば山となる」、まさにこの通りだと思います。

8年目の最初の写真は、やはり現在我が家の庭に咲く花の写真になりました。

これからもよろしくお願いします。

P1200471 P1200473 P1200474

P1200478 P1200475 P1200477

P1200502  P1200482 P1200484

P1200490 P1200499 P1200500

P1200496 P1200503 P1200505

6月前半の我が家の庭

6月に入り梅雨の季節が到来しました。

各地に局地的な大雨を降らせているようです。

私の住んでいる所でも、時々雷雨があり、雷もなる日が数日続きました。

今日も昨夜からの雨が続いてシトシトと降っています。

そんな中、ユリ・ショウブ・アジサイ・セファランサス・金魚草が咲いています。

特に金魚草は、昨年種を蒔き、育ててきたので色々の花色が楽しめています。

又プランターで育てている、ゴーヤ・シシトウ・ミニトマト・ピーマンが初めて収穫できました。

叔父さんの死

平成26年6月3日(火曜日)亡き母の本家を継いだ弟の叔父さんが享年90歳で亡くなりました。

Img536_edited1

5月16日に入院。叔父さんの長男から、胃がんでステージ4との話があり余命1ヶ月と医師に言われたとの連絡を受け、

5月31日に病院に私の姉と妹の三人でお見舞いに行きましたが、すでに意識がはっきりしない状態でした。

実家に立ち寄り、叔母さんの話では、お医者嫌いで検査も殆ど受けていなかったとのことでした。

その後6月3日に亡くなったとの話がありました。

通夜式は6月5日(木)・告別式6月6日(金)メモリード豊徳別邸で両日とも雨の中家族葬として行われました。

家族葬は身内だけの葬儀で行われ30数名の参列者で行われました。

思い出せば、叔父さんは税務職員として長く勤務後、税理士として多くの会社に関わってきていました。

そして旅行が好きで、セルシオを自分で運転して、全国各地を旅行したようです。

二男が富山県に住んでいるので北陸には良く足を伸ばしていたそうです。

また我々甥や姪を大切にしてくれました。

本来なら我々が祝ってあげなければ行けないのに、叔父さんの米寿の時は甥や姪を水上の温泉に招待をしてくれました。

今は叔父さんが亡くなって非常に寂しいですが、我々も叔父さんから学んだことを生かしてこれからの生活を送っていきたいと、決意も新たにしました。

P6050155 P6050161 P6060177 

ヒメサユリの咲く袴腰山

【コース】

ドウ→前橋IC→関越自動車道→三条燕IC→国道285号→長禅寺登山口駐車場→ヒメサユリの小径→高城城趾→袴腰山山頂→八木ケ鼻遊歩道→八木ケ鼻山頂→八木神社→八木神社登山口駐車場→日帰り温泉「いい湯らてい」→国道285号→三条燕IC→関越道→前橋IC→ドウ

5月25日(日曜日)、山楽倶楽部メンバー24名で新潟県三条市に位置する袴腰山(526m)登山に行って来ました。

ここはこの時期特に「ヒメサユリ」の花の群生が綺麗な場所として有名なところでもあります。

5:00ドウスポーツ出発。

前橋ICから関越道を走行。途中塩沢石打SAで休憩。

三条燕ICで降り、国道285号線を走行およそ30分ほどで長禅寺登山口駐車場に到着。

すでに多くの車が駐車していました。

広い駐車場はトイレも綺麗で、丁度ヒメサユリまつり(5月20日~6月5日)を行っていて係の人が多く出ていました。

恒例の準備運動後、ヒメサユリ保護のためか、200円の協力金を支払いました。

7:50分登山開始。長禅寺の中を歩く。

8:05分ヒメサユリの小径の入口に到着。

小径に入ると直ぐにヒメサユリが咲いていました。

参加者は、ヒメサユリの何ともいえないピンク色の花に歓喜の声を上げ写真に撮っていました。長く続く山道脇にヒメサユリが咲いていました。又つつじも咲き途中見晴らしのよい場所からは、田植えの終わった田園風景を眼下に見ることが出来ました。

ここから高城城趾までは約1時間の道のりです。比較的なだらかな道のりでした。

9:03分高城城趾に到着。多くの人が休憩を取っていました。

まだ残雪の残る守門岳は霞みが掛かっていましたがその勇姿を見ることが出来ました。

なかには、ここで引き返すと言った人も多くいました。

ここで記念写真を撮り、我々は袴腰山み向かいました。

ここからは、急坂や胸つき八丁・心臓破りの坂等があり、ロープを頼りながら、袴腰山に向かいました。

10:14分袴腰山山頂(526m)に到着。

山頂には多くの人達がすでに休息を取っていました。

山頂には成功の鐘が設置されており、ここで鐘をつき昼食を取ることに。

およそ40分程休憩を取り、記念撮影を行う。

10:50分縦走のため八木神社に向かって下山開始。

八木ケ鼻遊歩道と名付けられた山道を歩くことに。

しかしいきなり急坂の下り。

ロープを頼りに慎重に下る。

雨の日には滑って大変で歩きたくないと思いながら、何ヵ所かの急坂を下る。

袴腰山を振り返ってみると、急坂を登る人達の姿が見えます。

時々このきつい坂を登ってくる人達と会う。

途中、学生の二人はこの山は無理だと登山断念とのことで引き返す姿も見受けられました。

12:10分八木ケ鼻山頂に到着。

栗ケ岳等の山々も見ることが出来ました。

12:35分、更に下ると八木神社に到着。

いい神社ですが、我々の団体以外は誰もいなくてひっそりとしていました。

バスはこの脇邇摩っていてくれ、ここから5分ほどで日帰り温泉「いい湯らてい」に到着。

200円の協力金の時サービスで入浴料100円の割引券があり、750円で入浴。

八木ケ鼻の断崖を見ながらの入浴は疲れを癒してくれました。

その後は今朝来た行程の復路と成り無事17時過ぎにドウスポーツに到着染ました。

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

フォト
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ