最近のトラックバック

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

三家族旅行三日目

11月4日三日目となります。

Img441_4

旅行も最終日です。

8時15分休暇村「伊良湖」。

P1180775

知多半島の国道42号線を浜松に向かって走る。

道路は非常に空いている。

昨日鳥羽港からカーフェリーで来たあのカーフェリーの航路も国道42号線でした。

浜松にある浜松城を見学するために向かうが浜松市の中で多少迷ってしまう。

10時30分浜松城公園駐車場に到着。

P1180781

走行距離84km。

駐車場からわずかな坂を上ると、浜松城の石垣の上に

再建された浜松城がありました。

浜松城はあまり広くはありませんが、高台にあるため、結構眺めは良かったです。

11時00分浜松城出発。

11時10分。今回の一つの楽しみであった浜松でのウナギ。

インターネットで見ておいた「うなぎ藤田」到着。

Img442

すでに何人かが11時30分開店のため、並んでいました。

車のナンバーを見ると京都・大阪・岐阜等でした。

開店時間近くになると20数名の列が出来ていました。

開店と同時に案内され席に着きました。

およそ30分ほど待たされてうな重が出てきました。

大変おいしくいただけました。

今回の旅行の予定された旅も一応終わりに近づきました。

12時30分高崎に向かって車を走らせます。

浜松西IC~東名高速道路を走り、清水JCTから新党名高速道を経由し

御殿場ICから東五胡道路を経由し、河口湖IC~中央自動車道を経由。

途中小仏トンネル付近では、多少の交通渋滞に見舞われましたが、

その後、圏央道・関越道を経由して高崎ICを降りる。

途中夕食を取る。

18時5分出発地に無事到着。

二泊三日の今年の南紀熊野・伊勢・知多半島の旅終わりました。

いつも思うことですが、旅が始まるとあっという間の時間でした。

三日目の距離448km

今回の総行程距離は、1353km。

私一人での運転でしたが無事に戻れてほっとしています。

18時5分無事出発地である場所に到着

三家族旅行二日目

11月3日、三家族旅行二日目です。

Img441_2

今日の朝食はバイキング形式。

お腹いっぱい食べる。

休暇村の前で恒例の記念写真。

8時45分出発。

9時10分新宮市の熊野速玉大社到着。

P1180694

距離13km。

ここも朱色に塗られた本殿がある。

境内には、弁慶の木造がありました。

9時35分熊野本宮大社に向かって走行。国道168号線を熊野川に沿って走る。

およそ一時間ほど走り

10時30分、日本一の鳥居のある「熊野本宮大社」に到着。

P1180701

ここも観光バスが多く駐車していて、観光客が多い。

周りが木々に囲まれ薄暗い結構きつい階段を登る。

登り切ったら現在修理中のため本殿はネットで覆われていて見ることが出来ませんでした。

11時00分二見ケ浦の夫婦岩に行くべきナビを設定。

音川でナビの指示通りに分岐。

国道169号、最初は広い道でしたが、国道311号に入ると、やがて山道ですれ違いが出来ない曲がりくねった狭い道を10kmほど走行。距離優先だとこんな道を教えることに。

さすがにみんなの会話も少なくなった。私も慎重に運転をしました。

再び国道42号線に出てやがて紀勢ドウを走る。伊勢IC手前8kmほどから渋滞。

それでも我々は二見ケ浦に向かう。

14時30分二見ケ浦に到着。

162km走行。

ここも駐車場に止めるのも一苦労。

駐車場から10分ほど歩いて夫婦岩に。

P1180718




ここも観光客でいっぱい。

14時50分「伊勢湾フェリー」の乗船場所の鳥羽港へ向かう。

P1180743_2

15時10分鳥羽港に到着。

15時30分に乗船できればと思ったが満席で予約通りのカーフェリーになる。

8km走行。

今回は二日目の宿泊地休暇村「伊良湖」企画の「舟参宮プラン」を

利用のため伊勢湾フェリーを利用。

16時30分鳥羽港出港のカーフェリ。

港を離れるといくつかの人の住む島々を眺めながら、

次第に暗くなる海を伊良湖に向かってカーフェリーは走行。

17時30分真っ暗な中の伊良湖港に入港。

17時40分休暇q村「伊良湖」未到着。

港から4km走行。

今日もバイキング料理。

昨日と同様種類も多く美味しかったです。

二日目走行距離22km。

三家族旅行一日目

 ブログとしてはだいぶ日が経ちましたが、今年最後のブログとして三家族旅行について書いてみます。

三家族旅行は今年で21回目を迎えました。

以前勤務していた会社の同僚夫婦で、一家族、毎月1万円積立ています。

年に一度国内旅行を一泊二日で行っています。

今年は11月2・3・4日(土・日・月(祝日))の曜日で、「南紀熊野・伊勢・知多半島の旅」と称して計画されました。

Img441 例年のように10人乗りのレンタカーを借りて、12月1日午後11時30分高崎を出発。

松井田妙義ICから長野自動車道に入り中央自動車道→名古屋→東名阪自動車道→亀山を経由して伊勢自動車道→伊勢ICで下車し

午前5時55分伊勢豊受大新宮(外宮)到着。

走行距離497km。

伊勢神宮は今年20年に一度の式年遷宮の年にあたります。

豊受大新宮(外宮)は、まだ薄暗かったが、この時期午前5時から参拝は出来ます。

すでに多くの人達で賑わっていました。

35分ほどかけて参拝してきました。

6時45分皇大神宮(内宮)に到着。
外宮から内宮までは5km距離。

駐車場は五十鈴川の市営の河川敷に駐車。

川沿いを歩き、おかげ横町を歩いて内宮に到着。

宇治橋を渡って良く整備された玉砂利の道を歩いて内宮へと向かう。

ここでも多くの人が参拝している。

我々が参拝した場所からは新しくなった内宮は殆ど見ることが出来ませんでした。

駐車所までの帰りの「おかげ横丁」、「赤福とお茶」のセットを頂きました。

伊勢市を後にして、熊野那智大社に向かうため、紀勢自動車道ど国道42号線を走行。

途中平成23年台風12号の集中豪雨による災害の爪痕を残し復興を行っている場所を見ながら熊野那智大社まで車を走らせる。

12時20分熊野那智大社の有料駐車場に停め昼食も取る。

伊勢内宮から160km。

熊野那智大社まで階段と坂道を登る。

朱色に塗られた熊野那智大社は立派でした。

その後那智の滝まで坂道を下る。

途中三重の塔と那智の滝が一緒に見渡せる場所で写真を撮る。

落差133mの那智の滝迄歩く。

近くまで行くと一段の滝で一気に那智川に落ちる水量は迫力満点であった。

14時20分那智の滝を出発。

14時50分南紀勝浦の「紀の松島巡り」乗り場に到着。15km
約一時間観光船に乗り、松島湾に似た島々を見、途中イルカの調教場所では船からイルカショウを見る。

此の港からは、船でしか行けない忘帰洞の「ホテル浦島」の乗船場もあり、

多くの観光客が乗船しホテルに向かっていました。

16時30分港を出発。

16時55分峡の宿泊地休暇村「南紀勝浦」に到着。6km。

一日目の走行距離は、683km。

宿泊客はほぼ満員の状態でバイキングの夕食は、

種類も多く充分楽しめました。

今日(28日)から来年6日まで、9連休の休みに突入しました。

晴れてはいますが、風が強く寒いです。

そんな中、我が家で咲く花があります。

又隣の奥様が、今ユリが一輪咲いていると教えてくれました。

今頃ユリが咲いているのは、ブログの題材になるのではとの事でした。

さっそく写真に撮りブログを書くことにしました。

                     【お隣さんに咲くユリ】

P1190141【我が家に咲く花】

オキザリス・シクラメン・キンギョソウ・ミニシクラメン・ビオラ・アザレア・ストック・シャコバサボテン


P1190139 P1190137_2
P1190140 P1190145

P1190146 P1190147

P1190152 P1190153

P1190156 P1190157

















イルミネーション

先日、今年も企画された高崎駅西口のイルミネーションを見学に行ってきました。

このイルミネーションも来年は、この広場にイオンモールが建てられるとのことで、

今年が最後となるのか心配です。

駅の通路には、市内の幼稚園や・保育園のイルミネーションも飾られていました。

>

あひるクラブ忘年会

12月22日(日曜日)「あひるクラブ」の忘年会が開催されました。

あひるクラブは会員23名の成人の何らかの障害のある人達が会員となっています。

毎回家族が送迎をしています。

日曜日、高崎にある「ジェルスポーツクラブ高崎」の閉店後に会社の協力もあって、会員たちの水泳教室として利用させていただいております。

Pc220014

そこにボランティアとして、私も参加させていただいています。

個性豊かな会員と共に1時間一緒に水泳を楽しんでいます。

そんな「あひるクラブ」のクリスマスを兼ねた忘年会が「Church Restaurant J0Y」でおこなわれました。

           Pc220009 Pc220011

ここは二階が「Rey Of Path Church」で併設された施設です。

夜はイルミネーションが点灯され、ムードを盛り上げてくれます。

ほとんどの会員と家族・ボランティアの人達が参加され、美味しい料理と
楽しい会話で楽しいひと時を過ごすことが出来ました。

又会員からは、ボランティアの人達に素晴らしいプレゼントもありました。

今年の練習は、これで終了し来年は1月12日が初泳ぎとなります。

また来年元気にボランティアに頑張りたいと思います。

山楽倶楽部今年最後の行事

山楽倶楽部の今年最後の行事が、12月7日・8日に行われました。

行事としては、ボウリング大会と一泊泊まりの忘年会でした。

恒例となったボウリングは、夏の納涼会・冬の忘年会の時に行っています。

ボウリングの参加者は、11名。

皆、我こそがが優勝と密かに誓って参加?

2ゲームの合計で順位が決まります。

今回から新ルール。

前回優勝者はハンデ10点減点となります。

皆、楽しみながら、ゲームを行いました。

結果はN氏が、1ゲーム目149点・2ゲーム目165点合計314点で余裕の優勝となりました。

2連覇をしたことがある私は、合計231点で全然駄目のスコアで終わってしまいました。

やはり、少し練習をしないと、スペアが取れないですね。

その後、忘年会会場である、伊香保に会場を移し、19名の参加者で行われました。

忘年会は司会者の進行で始まり、今年度会長となった私の挨拶の後、乾杯。

飲み放題の宴会は、多いに盛り上がり、途中ビンゴ等も行って楽しい2時間があっという間に終わってしまいました。

その後、二次会はカラオケ、部屋に戻ってからの三次会と続き、それなりに皆美味しいお酒となりました。

山楽倶楽部の今年度の行事も無事事故もなく終わりホットした気持ちで年が越せそうですす。

これも会員の協力があったからこそ出来たと感謝で一杯です。

義母の13回忌

12月1日(日曜日)義母の13回忌の法要を行いました。

義母は平成13年12月1日73歳で亡くなりました。

現在90歳になる義父はその後一人で暮らしております。

我が家から自動車で5分位の場所に住んでいますので、妻がよく様子伺いに訪ね、食料品の買い物や、おかずを作って届けております。

13回忌は、曹洞宗である「宝昌寺」で11時から参加者20名でおこないました。

P1190013 P1190017

P1190009 P1190015

P1190020 P1190022


いつも思うのですが、こんな機会がないと親戚が一同に集まることがありません。

皆高年齢になったりして、従兄弟の出席が多くなってきています。

妻の弟夫婦と娘は、和歌山から駆けつけ、長男は神奈川から参加されました。

僧侶から、寺の建立の話等が初めにあり、その後供養のお経が行われました。

粗餐の宴を行う場所「松邑」に移動し僧侶も参加しての亡き母の思い出話や皆の近況を語ったりと楽しい時間を過ごしました。

P1190026_2 P1190029

和歌山の嫁と娘と長男は、勤めの関係で宴の途中で退席し帰路に付きました。

義父は、大役を終え安堵感を見せていました。

地元に居る我々夫婦も義母の13回忌が無事終えて安心しました。

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

フォト
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ