最近のトラックバック

« プログラム | トップページ | 渋峠~芳ケ平~草津までを歩く »

映画 許されざる者

先日 映画「許されざる者」を見に行ってきました。

高崎シネマ109で上映されていました。

此の映画は、クリント・イーストウッド監督主演の、第65回アカデミー賞9部門にノミネートされ、最優秀賞作品賞をはじめとして4部門を受賞した作品が日本映画となって再生。

監督は李相日。

キャストは渡辺謙、柄本旭、佐藤浩市、柳楽優弥、忽邦汐里、小池栄子、國村隼、近藤芳正、小澤征悦、三浦貴大、滝野賢一等の豪華な顔ぶれの映画でした。

内容は1880年北海道が舞台。

かって、人斬り十兵衛と恐れられた男が、愛する妻に出合い刀を棄てたが、妻が死に、幼い子供と貧困の生活を送っていたとき、昔の旧友が、顔をずたずたに切られ女郎が、支配者に逆らって、自分達で貯めた金を懸賞金として、敵を討ってくれとたのまれたと尋ねてくる。

二度と刀を抜かないと決めたはずが、子供のため、女郎たちの誇りのため、旧友を弔うために絶対的な支配者に立ち向かって行く。

この様な情景がすさまじく描かれた映画であった。

クリント・イーストウッドの「許されざる者」の映画も見ましたが、日本の作品も日本魂を吹き込んだすばらしい作品であったと感動しました。

Img404 Img406

Img407 Img408

« プログラム | トップページ | 渋峠~芳ケ平~草津までを歩く »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

スーさんへnotes
私も今よくテレビで放送したのを録画し、DVDニトリ再録してみるのですが、やはり迫力が、違うと感じています。
いい映画はやはり映画館で見たいですね。

異邦人さんへnotes
ストーリーは同じような感じでした。
配給元もクリント・イーストウッド主演の「許されざる者」と同じ会社でした。

私も見たいと思っていました!
そうですか!!
よかったですか!!
最近はDVDがでてから見ることが多くなりましたが、
映画館でみると記憶に残るんですよね~
迫力も違うし...flair
そうですか!...よかったですか!...lovely

~☆ ツーカーさんへ ☆~
クリント・イーストウッド主演の「許されざる者」は
見ましたが、新たに日本映画となって再生されたんですよね。
「七人の侍」と「荒野の七人」の様に内容は同じでしょうが、
ニュアンス的に違いがあるんでしょうね。
良い映画は何度も甦るんですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122817/53601831

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 許されざる者:

« プログラム | トップページ | 渋峠~芳ケ平~草津までを歩く »

フォト
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ