最近のトラックバック

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

横川~軽井沢(碓氷峠・旧中山道)を歩く

【コース】

高崎→横川駅→アブトの道→旧丸山発電所→峠の湯→峠道入口→刎石坂→柱状節理→石仏→弘法の井戸→四軒茶屋跡→東屋→堀切跡→南向馬頭観世音→北向観世音→座頭ころがし→栗が原→入道くぼ→山中茶屋跡→陣馬ケ原分岐→熊野神社→見晴台→バス使用→旧軽井沢下車→旧軽井沢散策→軽井沢駅→JRバス→横川駅→高崎 約12kmの歩き

9月29日(日曜日)に山楽倶楽部の12名で、群馬県の信越線最終駅の横川駅~長野県の見晴台がある熊野神社まで約12km歩いてきました。

午前7時ドウスポーツ高崎参加者12名、自家用車3台に分乗して出発。

7時35分横川駅駐車場に到着。

当日は上毛新聞主催の軽井沢から横川駅までの下りを歩く企画が行われていてトイレに長い時間を費やす。

準備運動後、

8時15分出発。

「鉄道文化むら」の列車等を脇に見ながら片方は峠の湯までのトロッコ電車を走らせている、昔複線であった一方の遊歩道を歩く。

途中急坂を走るため鉄道史上初のアブト式が採用され、その為の発電所の旧丸山発電所を見ながら峠の湯まで歩く。

峠の湯は過日火事のため現在は休館となっています。

ここからめがね橋等に行く道と分かれて、旧道の碓氷峠野道を少し歩き力餅で有名な玉屋を過ぎると直ぐに峠道入口になる。

此の峠道は、毎年5月に行われている「安政遠足」(あんせいとうあし)マラソンにも使われているコースでもあります。

ここから最初は急坂となる。

皆でこんな道をよくマラソンをするなと言いながら登る。

やがてもっとも急坂な刎石峠(はねいしとうげ)に到達。

ここでは柱状節理といって火成岩が冷却や固結の際に出来る盾状の割れ目の石の状態を見ることが出来る。

此の付近多くの石仏を見ることが出来る。

こんな大きな石仏はどのように運んだろうと考えさせられる。

此の後、弘法の井戸や、四軒茶屋跡、南北の観音世音等を見る。

途中で昼食を採る。更に歩くとマウンテンバイクの3名が熊野神社から横川に下ると言いながら下っていった。

途中で上毛新聞主催の多くの人達が下ってくる。

13軒の茶屋があった山中茶屋跡や明治天皇の御巡幸が行われたときの分岐点を過ぎ、

13時45分熊野神社に到着。

此の熊野神社は2つあり長野県側群馬県側にそれぞれ建立されています。

又分水嶺の場所ともなっています。

見晴台からは浅間山や妙義山等の周辺の山々を見ることが出来、ここでは石柱で両県の境界が示されていました。

ここからは14時20分超満員のバス(運賃500円)で旧軽井沢まで下り、軽井沢駅まで散策。

途中でアイスクリームやパンを購入。

我が家ではガラスに絵付けした商品も購入。

P1180322

軽井沢駅は大学時代3年間夏場だけ駅員としてアルバイトをしたことがあるので思いで深い駅でしたが、今は」新設線も廃止となり軽井沢駅はまさに新幹線駅でモダン駅に変貌されていました。何となく寂しい思いがしました。

16時20分JRのバス(運賃500円)で約34分かけて横川駅まで戻りました。

ここからは高崎まで3台の車で無事帰ることが出来ました。

約12kmの山歩き、決行タフな歩きとなりました。

咲きました! 黄色の彼岸花

         咲きました。!黄色の彼岸花が。

実は7月にブログ友であるミミさんから黄色の彼岸花の球根をプレゼントとの書き込みがあり、早速頂きたい旨のコメントを送り、球根5球を頂きました。

なおミミさんのブログは「ミミのゆうゆうかんかん」です。

http://mimikomama.cocolog-nifty.com/blog/

それを鉢に3球と地植え2球植えました。

今年は咲くのが無理と思っていましたが、1球だけ芽を出し始め、成長して昨日見事に黄色の彼岸花が開花しました。

初めて見る黄色の彼岸花は、清楚で可憐な感じがします。

ミミさんありがとうございました。

写真撮りました。

【黄色の彼岸花成長記録】

【7月8日】

P1160742 P1160744

    【9月25日】            【9月28日】

P1180172 P1180180_2

P1180179 P1180181 

水泳仲間

  毎日曜日午後5時から一時間程、水泳のボランティアに通っています。

日曜日は、「ジェルスポーツクラブ」が5時で通常の営業は終了です。

その後、ジェルスポーツクラブのご厚意で、会場を使用させて頂いています。

私達のクラブ名は「あひるクラブ」会員数22名です。

年齢は40歳~16歳までの男女です。

皆個性豊かな人達です。

私は山登り等で欠席することも多いですが、先日会場のプール内で

会員とボランティアの人達を交えての写真撮影が行われました。

私は普段4名の会員の手助けをしているのですが、

当日は一名が人数の関係で隣のコースで泳ぐことに。

撮影はコースで泳いでいる姿、それにコース仲間との撮影が行われました。

最後は当日の参加者全員での撮影会が行われました。

昨日、ボランティア終了後、ジェルスポーツのコーチから2枚の写真が渡されました。

Img411_edited1Img410_edited2_2

播種

9月1日に今年も種を購入して、木箱に播種を行いました。

種はストック・パンジー・ビオラ(ミックス)の三種類です。

ラナンキュラスの球根は少し水に浸した後4日に鉢に植えました。

ストックは4日目ぐらいから発芽が見られました。

パンジービオラは一週間目ぐらいから発芽が始まりました。

まだ弱々しい苗ですが、徐々に背丈も大きくなってきました。

これから二度ほど植え替えを行う予定です。

又今日(21日)、ナデシコとと大輪金魚草の種も播種しました。

【9月3日、播種して三日目】

P1180003_2  P1180007

   【9月10目】               【9月21日】

P1180150_3 P1180170

   【9月21日播種】

P1180163  

【最近我が家に咲いた花】

P1170663 P1170672 P1180001

P1170675 P1170676 P1170666

爺ケ岳登山中止

    明日の15日(日曜日)~16日(月曜日)に掛けて山楽倶楽部で一泊の「爺ゲ岳」(2669.8m)登山に行くことになっていました。

参加者は15名でした。

水曜日に最終役員会議を行いました。

残念ながら15日・16日の天気予報は、インターネットからですと爺ゲ岳周辺は雨の予報。

その時はまだ台風の影響は考慮されていませんが、両日とも秋雨前線の影響で強い雨が降るとのことで中止と決定。

皆残念がっていました。

その後の天気予報では、台風18号が発生し大型に発達。

それが関東地方上陸との予報に変わって来ています。

今日になれば全員が中止になってもやむを得ないと理解してくれるかも。

実は爺ケ岳の一泊登山、一昨年も計画しましたが、この時も台風予想で中止。

その時は両日とも台風がそれ、晴れてしまった経緯がありました。

昨年は雨飾山の一泊登山、現地に行き一泊して翌日登ったのですが、やはり雨で山頂まで後一歩でしたが、強風と雨で、安全を考えて中止になりました。

このところ一泊登山は、なかなか頂上にたどり着けない事が続いていて残念ですが、やはり天候に恵まれ周辺の山々が見えて、夜は満天の星を眺められる登山でありたいです。

残念ながら今回の一泊登山中止になりましたが、急遽日曜に参加予定のメンバーで残念会の飲み会を行うことになりました。Img400_3

雨の中の上高地

【コース】

前橋公社ビル→高崎合同庁舎→吉井IC→上信越道→更埴JCT→長野自動車道→松本IC→沢渡バスターミナル(乗換)→上高地バスターミナル=記念写真=フリータイム=大正池=田代池=田代湿原=大正池=ウェストンレリーフ=東屋(昼食)=河童橋=上高地バスターミナル=沢渡バスターミナル(乗換)=大王わさび農場=安曇野IC=長野自動車道=吉井IC=高崎合同庁舎

9月7日(土曜日)に上高地に行って来ました。

主催は全労働省群馬支部です。

今回はディズニーランド・横浜方面・それに上高地方面の3コースの企画でした。

私は上高地コースを選択。

上高地には何度か訪れています。

当日の参加者は私ども夫婦を含めて33名。

前橋からの乗客を乗せて

6時30分高崎合同庁舎出発。

吉井ICから上信越自動車道に入る。

途中横川SAに寄り更埴JCTから長野自動車道を走行。

梓川SAに立ち寄り、松本ICから国道158号に入る。

沢渡バスターミナルに到着。

沢渡バスターミナルは、以前こんなに整備されていなかったバスターミナルと駐車場になっていました。
土・日は、観光バスも上高地には入れないので、低公害車のバスに乗換。

上高地往復2000円。

幾つかの狭いトンネルを走り、

10時30分、約30分程掛けて曇り空の上高地のバスターミナルに到着。

ここで参加者全員での記念写真を撮影。

11時、これから14時まではフリータイムとなる。

私達夫婦は、明神池コース・大正池コースも行った事があるが、今回は大正池迄の往復コースを歩くことにする。

梓川を右手に見ながら歩く。

今日はあの雄大な穂高連峰の山頂は雲で見ることが出来ない。

僅かに残雪の残った涸沢付近が見えるのみ。

途中の木道を歩き始めると心配した雨が落ちてきた。

最初は傘を差して歩いていたが、途中から合羽を着用。

田代池・湿原と進み、大正池と歩く。

この頃から雨脚が少し強くなる。

大正池は以前の趣は残っていたが、池の中にある枯れ木は少なくなっている感じがしました。

池の中カモの泳いでる姿に気持ちが和らぎました。

その後穂高橋を渡りホテルのある道を歩く。

ホテルの脇には足湯の場所もありました。

私達は、上高地公園活動ステーションの東屋のある場所で持参したサンドイッチを食べる。

その後ウェストンレリーフのある場所を歩き、15分位で河童橋に到着。

此の周辺は多くの人で賑わっていました。

ここでの人は、穂高連峰を登る本格登山の服装装備・単なる観光客・上高地のホテルに宿泊するであろう正装したお年寄り等色々の姿を目にすることが出来ました。

13時30分バスターミナルに到着。

多少のお土産を購入。

14時バスターミナルを出発。

沢渡バスターミナルに戻り、乗り換えて大王わさび農場に立ち寄る。

ここも何度も訪れた場所である。

妻はわさび入りマヨネーズを購入。

安曇野ICから復路も同じ自動車道を使い無事高崎合同庁舎に到着。

その後、朝鮮飯店で焼肉の夕食をしました。

号外

今朝は早くから起きて、テレビを視聴していました。

理由は簡単です。

2020年開催のオリンピック開催都市が決定される日だからです。

最終選考は東京、イスタンブール、マドリードの3都市が最終選考に残りました。

一回目の投票で東京が一位。イスタンブールとマドリードが同数でしたが再投票でマドリードが落選。

最終決定は、東京とイスタンブールとなりました。

5時決定とのことで、緊張して発表を持っていましたが、なかなか発表にならず、いらいら、ドキドキしどうしでテレビを視聴してました。

5時20分最終発表で「TOKYOU2020」と発表されました。

投票結果は東京60票、イスタンブール42票。

本当に嬉しかったです。

10時頃私が庭の整備をしていたら新聞の配達のオートバイの音がしました。

ポストに何か入れて去りました。

とっさにもしや号外かなと思い、直ぐにポストに行くと読売新聞の東京五輪決定の大見出しの号外でした。

こんな号外が宅配されたのは、長く新聞を取っていますが、初めてな感じがしましたのでブログにしてみました。

以下は読売新聞の号外の記事の紙面です。

P1180136_edited1 P1180147_edited1 P1180138_edited1

P1180140_edited1 P1180142_edited1 P1180143_edited1

P1180144_edited1 P1180145_edited1 P1180149_edited1

高崎市美術館

本日(6月29日~9月8日)が最終日となる、高崎美術館で開催されている「ダンボールアート遊園地」の展示会に雨が降る中行って来ました。

どこにでもあるダンボール。

そんな身近な素材をダンボールアート王選手権(テレビ東京)で準優勝され、

更に第3回キッズデザイン賞2009を受賞されている岡村 剛一郎さんの作品展です。

巨大な恐竜や、昆虫、乗り物等約130点が展示されていました。

その為展示会室は子供連れの家族が多く訪れていました。

Img332 Img336 P9080079_edited1 P9080051_edited1 P9080057_edited1 P9080063_edited1 P9080065_edited1 P9080068_edited1 P9080075_edited1

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

フォト
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ