最近のトラックバック

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

黒斑山に登る

【コース】
ドウ→ 国道18号→ 松井田妙義IC→ 上信越道→ 小諸IC→ チェリーパークライン→   車坂峠→ 高峰高原ホテル駐車場= 黒斑山登山口= 表コース= 避難小屋= トーミの頭= 黒斑山(2404m)= 蛇骨岳(2366m)= 黒斑山= トーミの頭= 中コース= 黒斑山登山口= 高峰高原ホテル駐車場→ チェリーパークライン→ 日帰り天然温泉「あぐりの湯こもろ」→ 小諸IC→ 上信越道→ 松井田妙義IC→ ドウ


8月18日(日曜日)、山楽倶楽部のメンバー13名で長野県の小諸市にある「黒斑山」(2404m)に行って来ました。

Img373

5時天候に恵まれ、車3台で出発。松井田妙義ICを経て小諸ICで降り、チェリーパークラインを走って車坂峠まで車を走る。

6時30分 高峰高原ホテルの駐車場に到着。

ここからは小諸の市街地が見渡せ、また周囲には、「ASAMA2000」スキー場等があります。

6時55分 黒斑山登山口の表コース~登り始める。

最初は林の中を歩ききつい登りでもないので、山道の脇に咲く花々と涼しい風により気持ちよく歩く事が出来ました。

8時30分 避難小屋に到着。ここからトーミーの頭まで何分で到達できるかのクイズが提案され、急坂を目の前にして、7分~20分位の解答が寄せられました。

7分と答えた人は、急坂を走るように登っていき、ほぼその時間で登ったようです。

他の人は周囲の景色も楽しみながら、ガレ場を約15分程かけてゆっくり登り

8時55分 トーミーの頭に到着。

ここで大休止を行い、浅間山の外輪山のカルデラの草すべりの景色を堪能しました。

又ここからは、黒斑山を眺めるjことが出来、切れ落ちたがれきの勇姿を見ることが出来ました。

ここから一部急坂の林の中とガレ場を登る。

山頂の手前に、浅間山の監視のカメラや地震計等が設置された場所にでる。

そこから僅か歩くと黒斑山に出る。

9時25分 黒斑山(2404m)に到着。

ここにはすでに数組の登山者が居ました。

ここで全体写真を依頼した二人連れの男性に出合う。

ブログ「アロー独走」という表題でブログを書き込んでいるとのこと。

我々の全体写真を載せてもよいかとの許可願いがあり、了解する。

帰宅後早速ブログを覗いてみたら我々の集合写真を載せていました。

私も彼をブログに載せること了解を得る。

ここで昼食との話もありましたが、更に今回は「蛇骨岳」(2366m)まで足を伸ばすことにする。幸いまだ余り暑くないので、汗も殆どかかないで済んでいました。

黒斑山から蛇骨岳迄の道はガレ場で切り立った山道を歩く登山者が見える。

我々も切り立ったガレ場のBS屋は慎重に歩く。

10時10分 蛇骨岳に到着。

ここで昼食にする。ブログ友でもあるスーさんが丸ごとの冷えたスイカを持参していました。我が家でも今回スイカをパックに入れて持参はしていましたが、此の重いスイカ持参には頭が下がりました。

皆美味しく食べることが出来、我が家のも皆が喜んで食べてくれました。

ここからの浅間山の眺めや嬬恋村のキャベツ畑の風景も又すばらしかったです。

現在噴火口までは登山禁止になっていたと思いますが、浅間山に登っている何名かの姿もぼんやりと見ることが出来ました。たしか、アロー独走の2名も挑戦したのではないかと思います。

11時10分 約1時間近く休憩を取り徐々に山頂も混んできたので、記念写真を撮り、下山する事に。

途中、我が山楽倶楽部にも所属し、同郷の榛名山岳会にも席をおいているTさん達団体の20名とすれ違いました。

11時45分 黒斑山では、多くの人達が昼食をしていて、座ることも出来ない位混んでいました。

その為僅か休憩をして、トーミの頭に急ぎました。

トーミの頭では朝4時30分愛知県を出発の日帰り予定の中高年41名の団体とも出合いました。

昼食を黒斑山でと言っていましたが、混んでいてゆっくり食事が出来たか心配でもありました。

トーミの頭を少し下り、中コースを歩くことにしました。小さな子供を連れた4名の家族が登っていきました。

途中石が多く並べられ滑りやすかったので急坂を慎重に下りました。

13時25分無事高峰高原ホテル駐車場に到着。

午後になると日差しも強く、朝の季候とは異なり、暑かったです。

此の後、恒例の日帰り温泉に行くことに。

今朝来た道を下り、日帰り天然温泉「あぐりの湯ころも」で入浴。

展望露天風呂やサウナからは、今日登山してきた黒斑山を始めとして、浅間連峰の雄大な絶景を見ることが出来ました。

帰りの上信道も順調に走行出来、17時予定通り無事到着することが出来ました。

第39回高崎まつり

8月3日(土曜日)・4日(日曜日)の両日「第39回高崎まつり」が開催されました。

Img353

今年は例年になく暑い中のお祭りとなりました。

3日の一日目には、花火大会が催され、見物に行ってきました。

妻の実家に車を置き約10分も歩けば、烏川(からすがわ)の河川敷に着きます。

冷やしたビール等を持参しました。

普段は多目的スポーツ運動場にシートを並べ多くの人達が集まっていました。

近年は若い人の浴衣姿の人達も多く見受けられます。

19時40分打ち上げ花火開始。13000発の花火が、次々に打ち上げられます。

そのたびに見物客から歓声が沸き上がります。

少し風もあり、煙がすぐに流れて綺麗に見えました。

エンディングの超特大スターマインは、特に豪華で華麗で思わずカメラのシャッターを押すのを忘れるほどでした。

20時30分打ち上げ花火が終了。周辺は帰る車で大渋滞。

私達は義父の実家でお茶を貰いながら、1時間ほど休んでから自宅に帰宅。

4日の二日目は、まずは高崎東口駅の中にある献血センターで血漿献血を行ってからおまつり広場に向かいました。

暑い中多くの人達が集まっていて、子供みこしや、創作だるま神輿等も参加されていました。

その後本格的な高崎の神輿を見て町の中を歩き、高崎市に34台ある山車の内、今年は当番地区にあたる北地区と中央地区の山車17台を見て歩きました。

Img355 Img354

その後は阿波踊りや、色々の催し等を見て高崎まつりを楽しんで来ました。

城山夏祭り

7月28日(日曜日)今年も「城山夏祭り」が開催されました。

暑い日曜日となりました。

午前の部は、9時45分からの神輿渡御で今年の夏祭りが始まりました。

子供達が神輿を担いで、約2時間余り町内をワッショイ・ワッショイのかけ声を出して廻ります。

午後の部からは、メーン会場の「城山中央公園」で、じゃんけん大会・くつ飛ばし大会・公民館利用者のサークルで作るロックバンドのやまの音楽祭・盆踊り・子供花火等の各種行事が行われました。

20時10分主催者のあいさつがおこなわれました。

午後一時期雷雨がありましたが、此の時間になると天候も晴れとなり、涼しくもなって公園内は花火見物の家族連れでいっぱいになりました。

20時15分オープニングスターマインが打ち上げられて花火大会が始まりました。

次々と打ち上げられる花火に観客は皆歓声を上げていました。

今年は震災で被災され此の城山町に移転された方が、福島に帰られました。

その方がお礼にと花火の協賛もしてくれました。

最後は超特大スターマインで約40分程の打ち上げ花火が終了しました。

皆満足をして、我が家に帰宅していきました。

主催者の皆様には、大変ご苦労だったと感謝しています。

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

フォト
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ