最近のトラックバック

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

景信山~高尾山

【景信山(727m)~高尾山(599m)】

高崎→関越道→圏央道→高尾IC→小仏バス停ー景信山登山口ー下小沢分岐点ー景信山山頂ー小仏峠ー小仏城山ー一丁平ーもみじ台ー高尾山山頂ー稲荷山コースー高尾山口→日帰り温泉「ふろツぴイ」→高尾IC→圏央道→関越道→高崎

 5月26日(日曜日)山楽倶楽部で景信山(727m)~高尾山(599m)までのコースを縦走してきました。

今回は、本来5月12日を予定していましたが、週間天気予報で雨の予報のため事前に中止し、本日に実行されました。

Img295_2

実は4月も雨のため2回中止。

今回4度目で初めて今年度の山楽倶楽部の登山が実行されることとなりました。

今年度から私が会長となって初めての山登りのため、緊張して望みました。

参加者16名。

朝5時ドウスポーツプラザ高崎をバスで出発。

関越道・圏央道を経由し高尾山ICで降り

6時45分京王バスの終点小仏バス停まで走行。比較的広いバス会社専用の駐車場があり、綺麗なトイレが設置されていました。すぐ上は中央自動車道が走っている。

目の前を景信山の茶店に行く荷物を荷台に積んだエンジン付きの台車が通過して行く。

恒例の準備運動のあと、景信山までの最短コースといわれる小仏コースで景信山を目指す。

7時出発。途中宝珠寺を脇に見ながら一般の車道を15分程歩くといよいよ景信山登山口に到着。

ここから結構急坂を登る。

渋滞で有名な中央道の小仏トンネルの上を歩いていることになる。

途中尾根の穏やかな道を歩く。小下沢合流点に出て暫くして最後の急坂の階段を登り終えると

8時22分景信山山頂に到着。

残念ながら天候の関係で富士山の姿を見ることが出来ない。

ここで記念写真を撮影。

ここから小仏峠まで下り始めると先程の夫婦の台車が登ってきました。

最近のテレビで放映された夫婦だそうです。

この頃になると最近流行のトレイル・ランニングの人達が多く見受けられる。

9時小仏峠に到着。ここには石仏等がありました。

ここからアップダウンのある山道を歩くと中継塔が見えてきました。

9時35分小仏城山に到着。

山頂は広く、茶店もあり、ナメコ汁やかき氷等も販売されていました。

我々は高尾山は恐らく人がいっぱいで、昼食は無理と判断し、早いですがここで昼食。

やはり富士山は見ることが出来ませんでした。

眼下には相模湖を見ることが出来ました。

10時20分高尾山に向かって出発。

ここからは高尾山から来る多くの登山客と出会う。

木の階段や急坂のアップダウンを経て

10時35分一丁平

11時18分もみじ台を経由して

11時25分人・人・人であふれている高尾山山頂に到着。

階段に腰を下ろして昼食する人達で座る場所もないほどでした。

大見晴園地からも富士山を見ることは出来ませんでした。

小仏城山での昼食が大成功と実感しました。

高尾山はほとんどの人が来ているので、直ぐに下山開始。

稲荷山コースを下ることに。

途中稲荷山からは霞が掛かった東京の街並みを見ることが出来ました。

13時高尾山口に到着。

丁度満杯になったケーブルが到着。

駅前は若葉まつりのための催しが、参道は多くの人であふれていました。

その後、高尾からわずかの場所で恒例の日帰り温泉「ふろっぴイ」で入浴。

2時間800円。

その後は今朝のコースを使い5時前に無事何事もなく帰ってきました。

初めて会長になっての登山が終了しほっとしました。

我が家に咲く花とビアガーデン

 5月もあと僅かとなりました。

19日には、高崎市でビアガーデンがオープンとなりました。

当日は暖かく絶好のビアガーデン日和となりました。

勤務先の同僚5名(男性3名女性2名)で高崎高島屋屋上のビアガーデンに行って来ました。

当日はオープン記念で通常価格より安くなり2100円食べ放題・飲み放題です。

私が料金を払ったら最後の残り一個のプレゼントですとビールジョッキを頂きました。

当日は群馬テレビをはじめ読売・朝日・毎日・地元の上毛新聞等多くのマスコミも取材に来ていました。

我々も写真等撮られましたが、翌日の新聞等では他のグループが掲載されていました。

食べ物は、食中毒を恐れてか、冷凍食品の加熱された食べ物が多かったです。

それでもほぼ満員の人達で生演奏を聴きながら、生ビールを何杯もお代わりし、又ワインも飲んで楽しい時間を過ごせました。

その後二次会に行きました。

P5170041 P5170049 P5170053_edited1

P5170064_edited1 P5170067_edited1 P1160216

又我が家の庭も暖かさに誘われて色々の花が咲いてくれています。

大霧山(766.6m)に登る

5月5日(日曜日)のこどもの日,4名で埼玉県東秩父村にある「大霧山」(766.6m)に行って来ました。

メンバーは男性Sさん・女性Tさんそれに我が夫婦で、Sさんの車で行きました。

6時 我が家に向かいに来て頂き出発。

7時 定峰峠登山口に到着。

ここは外秩父七峰縦走約42km(宮ノ倉山・笠山・堂平山・剣が峰・大霧山・皇帝鈴山・登谷山)のハイキングの一つのコース部分となっている場所です。

7時15分 ここから約3.4KM先の大霧山へ出発。

途中真っ赤に咲くツツジを見ながら杉林の山道を登る。

7時48分 獅子岩に到着。見る角度によって本当に獅子に見える。

8時15分 ダイダラボッチ標識のある場所に到着。

伝説でダイダラボッチが座ったとされる休石があり、祠のように祭ってある。

9時牧場の脇の山道を歩く。

ここからは非常に見通しが良くなる。

9時15分 大霧山に到着。

すでに数組の人が登っていて休息を取っていました。

当日は残念ながら春霞のため、周辺の山々がぼんやりしていました。

展望台の標識案内図では、多くの多くの山々が見えるはずでした。

ここで記念写真を撮り、定峰峠まで同じ道を引き返しました。

11時30分定峰峠登山口に到着。

ここから車で林道を走り、15分ほどで宝平山の脇にあるときがわ町「星と緑の創造センター」に到着。

ここはキャンプ場になっていてログハウスが設置され、周辺は芝生も植えられていました。

この芝生の上で昼食。

今日私は運転手では無いので、ビールも頂く。

その後展望台のある宝平山(875.8m)に行き、周辺の山々を展望。

ふもとの山で突然煙が上がる。

山火事かも知れないと思いました。

その後寄居町の簡保の「寄居」(入浴料800円)に立ち寄り入浴。

鬼石町・藤岡市経由で無事到着。

天候に恵まれた楽しい一日を過ごすことが出来ました。

 

笠丸山登山

 5月3日(金曜日)憲法記念日の祝日の日に山楽倶楽部の役員達で群馬県上野村にある「笠丸山」(1189m)に登ってきました。

実は4月に会で予定した「大霧山」登山が二度企画したのですが、いずれも雨のため中止。

先日役員の改選後の新旧役員で飲み換えを行ったとき、4月中止と、足慣らしのため何処かの山に登りたいとの話があり、後半のGWの初日に登山計画が実行されました。

朝7時ドウ駐車場に集合出発。

参加者は、役員ではありませんが、今年から会に入会し、初めての登山となる山ガールが参加しました。

役員の一員であるスーさんの同級生であります。

途中道の駅「なんもく」に立ち寄り、その後上野村に向かいました。

一部他の山の道と間違えて、地元の人に車で道案内をして頂き登山口である住居附(すまいづく)に

8時50分到着。

ここには10台ほど車が駐車出来ます。

すでに数台の車が駐車してありました。

9時5分山桜の咲く新高畑橋からの登山口(北峰)を私を先頭として出発。

途中伊勢崎から来た13名ほどの登山客と一緒になる。

途中休憩を取りながら道の脇に咲く数々の花を見ながら比較的なだらかな山道を歩く。

9時55分地蔵峠に到着。

ここには大木の側にひっそりとお地蔵さまが建てられています。

注意しないと見落としてしまいそうです。

お賽銭箱も置いてありました。

ここで最盛期を過ぎた花を付けた各種ツツジ等も見ることが出来ました。

ここから山頂までは、急登になりました。

ロープを使ったり、手で根っこを掴んだりして汗をかいて山頂に。

10時35分山頂に到着。

北峰山頂(1189m)は岩が露出していてそう広くありませんが、さいわい春霞も弱く360度の大パノラマが味わえました。

ここで記念撮影と、昼食を行いました。

11時35分山頂を出発。

もう一つの南峰の山頂に向かう。

11時40分祠のある山頂に到着。

すぐ下山開始。

ここからの下山は最初からロープを利用しての急な坂を注意深く下る。

やがて長い階段状の坂を下る。およそ1時間。

12時40分石灯籠の出迎えを受けると一方の登山口に到着。

そこから車道を10分ほど歩いて住居附の駐車場に到着。

その後入浴施設のある、上野村温泉郷の「ヴィラせせらぎ」で入浴。

JAF会員がいれば600円が500円になります。

入浴後神流町で川をまたいでのおおくの鯉のぼりが泳ぐ姿を見ながら藤岡市経由で無事4時過ぎに到着。

天候に恵まれ楽しい笠丸山登山が出来ました。

第34回森とオーケストラへ

4月29日(月曜日)祝日(昭和の日)に毎年「群馬の森」で行われている「森とオーケストラ」へ行って来ました。

今年で34回目となります。

我が家は途中からこの日を楽しみに毎年行くようになりました。

森とオーケストラは、映画「ここに泉あり」で知られている群馬交響楽団による野外コンサートです。

新緑が綺麗な、大自然の中、ご飯を食べながら、又ある人はビールを飲み、ごろりと寝そべりながら、楽しく、気持ちよく聞くことの出来る、オーケストラのコンサートです。

今年のプログラムも例年のように三部に分かれています。

第一部 みんなで楽しむオーケストラ ~自然からの贈り物~

    1 シュトラウス2世/ワルツ(春の声)作品410

    2 シュトラウス2世/ポルカ(クラップフェンの森で)作品336

    3 イヴァノヴィチ/ワルツ(ドナウ川のさざなみ)

    4 ブンバーティンク/歌劇(ヘンゼルとグレーテル)前奏曲

第二部 あなたもメイ指揮者

    1 オフェンバック/喜歌劇(天国と地獄)序曲

    2 ビゼー/歌劇(カルメン)前奏曲

    3 ブラ0ムス・ハンガリー舞曲第5番

    4 ベートーベン/交響曲第5番ハ短調作品67(運命)より第1楽章

第3部 みんなで歌おう

    1 音楽の好きな街

    2 ありがとう (いきものがたり)

    3 ビリーブ

    4 大きな古時計

    5さんぽ (となりのトトロより)

第一部は群響の演奏によるコンサートです。

第二部はインターネットで事前に応募した人の中からすでに1名選ばれていて、今年は5歳の男の子、他は観客席の中から子供と大人が選ばれ、群響のメンバーがメイ指揮者の指揮棒を見ながらの遅くなったり、早くなったりの珍演奏で観客を喜ばせます。

第三部は高崎市少年少女合唱団が歌い、又その後は合唱団や観衆が群響の演奏に合わせて一緒に歌い多いに楽しむことが出来ます。

今年は3800名ぐらいの参加者が集まったとのことです。

我が家も今年90歳になる義父も参加しました。

天候に恵まれ、暑い中最後まで皆楽しく過ごせました。

又来年も是非参加したいです。

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

フォト
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ