最近のトラックバック

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

我が家の紅葉

我が家の庭に植えてあるドウダンツツジやモミジが今が見頃の色となりました。

ハナミズキやハクレンの葉はすでに落葉しました。

今年は特にドウダンツツジが見事な色になった気がします。

ピラカンサスの実も鳥たちが食べに来ています。

P1140630 P1140626 P1140625_2

P1140628 P1140632 P1140631 

天狗岩&シラケ山に登る

 18日(日曜日)に西上州の上野村にある天狗岩(1180m)とシラケ山(1274m)に山登りを3週連続でいつものメンバーSさん・Tさん妻の4名で行って来ました。

朝6時我が家を出発。今回はSさんの車で行くことに。

途中南牧村にある道の駅「オアシスなんもく」に立ち寄り7時5分上野村の天狗岩駐車場に到着。

まだ早いせいか20台くらいは置けるであろう駐車場に我々の車1台のみの駐車。

ここには簡易トイレが設置されていました。

7時20分天狗山登山口と書かれた場所から登山開始。

脇には沢が流れていて、途中の沢を横切る場所には鉄板で出来た橋が架けられていました。

落ち葉を踏みしめ、整備された急登の山道を登っていくと途中に荒れ果てた避難小屋が見えてきました。

この小屋を眺めながら更に登っていくと、登山口から約1時間20分位で天狗山山頂に到着。山頂はそれ程見通しが良くなく、そこから僅かに歩き、鉄の橋を渡ったところに展望のよい場所があるとのことでそこに行く。

ここは鉄柵がもうけられている岩場でしたが、360度のパノラマが楽しめました。

山頂が雲に隠れ雪を頂いた浅間山。浅間隠山。赤城山、両神山、諏訪山等の山々を見ることが出来ました。

又シラケ山も見えました。

天狗山からシラケ山に向かうのには、一端下り再び登ることとなりますが、約20分程でシラケ山に到着。

ここからもほぼ同じような景色を見ることが出来ました。

ここで一人で山登りをしている男性に会いました。

我々はここで小休止して、妻が造った手製のアップルパイを食べたり、他の人が持ってきた柿やお菓子などを食べて下山することに。

本来はここから僅かで烏帽子岳に行けたのですが、私が夕方から用事があったため烏帽子岳には行きませんでした。

下山は別のコースを歩きました。途中小学1年生と5歳の男の子と夫婦4名で元気に登ってきました。

途中おこもり岩を見たり、紅葉を楽しみながらゆっくり下山して1時間30分程掛けて10時に登山口に到着。

駐車場には5台駐車されていました。

そこから上野村浜平にある日帰り温泉「しおじの湯」(500円)に入浴。

帰路は紅葉がきれいな妙義山の道を走り紅葉を楽しみました。

その後、6月に新築されたTさん宅に寄らせて頂き新居を見学。

まだ新築の香りがプンプンする大きな家で羨ましく感じました。

お茶を頂いたり、野菜を頂いて無事自宅に帰ってきました。

高指山・明神山(鉄砲木の頭)&富士山

 本日10日(土曜日)先日の「南天山」に一緒に登ったメンバー5名で山梨県山中湖村にある、明神山(1291m)別名「鉄砲木の頭」~「高指山」(1174m)を縦走してきました。

Photo

この企画は、実は明日11日(日曜日)に山楽倶楽部で行く予定を立てておりました。

しかし天気予報で日曜日は雨とのことで富士山も見られないのではとの事で水曜日に役員会を行い中止と決定。

その後、参加予定であったSさんから10日土曜日は天候がよいので行ってみないかとのお誘いがあり、Tさんと我が夫婦も参加することに。

我が家を5時15分出発。関越道、圏央道と走り中央道に向かうと一部分すでに渋滞。

しかしそれ程時間を取られることなく、大月JCTから河口湖ICを経て河口湖親水公園に7時20分到着。ここで1名のKさんと待ち合わせ。

今日は縦走のため1台を高指山の登山口に置き、1台に乗り合わせて出発点のパノラマ台に向かう。

ここは富士山の写真を撮るには絶好の場所といわれており、多くの人がカメラを持って富士山を入れた景色にシャッターを切っていました。

この駐車場はさほど広くなく満車状態で道路にも駐車されていましたが、運良く1台が出てそこに置くことが出来ました。

我々もそこで写真を撮り、富士山をバックにした全員の記念写真を撮り、いよいよ明神山に向かって9時20分出発。

ここの外気温3度。霜柱も出来ていました。

富士山をバックに登り、40分ほどで明神山(別名鉄砲木の頭)山頂に到着しました。

ここでも雲一つ無い素晴らしい富士山を見ることが出来ました。

少しの休憩を取り、標識には高指山まで2時間とかかれているまずは切通峠に向かって比較的アップダウンの少ない尾根を1時間15分ほど歩き切通峠に到着。

その後は高指山まで15分ほどやや急な登りと、ススキの生えた中を歩く。

時折見える富士山と紅葉が気持ちを慰めてくれる。

11時高指山に到着。団体が一組降りましたが、我々の到着を見て、明神山に向かって歩いて行きました。

ここからの富士山もやや雲が出て来ましたが又素敵でした。

富士山を見ながらの昼食は、本当に醍醐味と感激で美味しい昼食時間となりました。

11時35分高指山登山口に向かって下山開始。

途中登る山ガール2名やカップルと遭遇。

約40分、12時5分到着。

登山口に駐車して置いた車で、パノラマ台まで移動。

もしここを歩けば自動車に注意しながら1時間以上掛かったであろうと想像できる。

縦走の時はこの様なやり方が大変助かった。

ここでKさんとお別れ。

その後4名で日帰り温泉「石割の湯」で入浴。

10%の割引券を利用して630円。

静かな施設で良い温泉でした。

ここからは今朝来た道を帰ることに。

幸、今回は中央道の小仏トンネル付近の渋滞もなく、4時30分無事到着。

早めに着いたので、我が家でコーヒーを飲んで貰い散会をしました。

比較的なだらかな山歩きと、好天に恵まれ美しい富士山と紅葉を十分堪能する楽な一日となりました。

明日が雨になるとの予報なかなか信じられないような今日の天気でした。

奥秩父「南天山」(1483m)に登る

 4日(日曜日)、山楽倶楽部の仲間と中津川の谷奥にある、南天山(1483m)に行って来ました。

Img098_edited1

まだ真っ暗の午前5時15分我が家に集合して私の車、4名で出発。

他に現地で2名が合流予定。

藤岡市、鬼石町、吉田町、秩父市を経由して、140号をひた走る。

途中道の駅「あらかわ」で休憩。脇の秩父鉄道では、三峰口に向かう電車が通過。

そこから更に大滝村を走り、滝沢ダムのループ橋を経由し中津川渓谷沿いを走る。この辺から紅葉が綺麗になってきた。

中津川バス停のある「こまどり荘」を抜けると舗装が切れダートな林道となり暫くして登山口の「鎌倉橋」に到着。

ここまで約90km、2時間程で到着。

この場所は10台くらいの駐車スペースが有る。

我々が到着したときは1台すでに到着していました。

我々の仲間が暫くして到着。

8時少し前男性3名・女性3名の6人で登山開始。

しばらくは、沢のせせらぎを聞きながら丸太で造った木道の橋を幾つも使って沢を横切り登って行く。

暫く歩くと最大の「法印の滝」に出る。約20mの落差が有る。ここで小休止。

やがて尾根コースと沢コースの分岐点に到着。

小休止後、我々は、尾根コースを登っていくことに。

急斜面をジグザクに登っていく。ただ良く整備され、カラマツの葉の落ちた山道は登りやすい。

カラマツ林のためか視界は余り良くない。

暫く登っていくと、沢コースと尾根コースの合流点に到着。

ここまで約2時間20分。

ここから最後の岩場の急登を10分ほど登ると南天山山頂(1483m)となる。

山頂では1組の夫婦がすでにおり、下山するところであった。

山頂は岩場で余り広くない。

しかしここからは360度の大パノラマとなる。

両神山を始めとして雲取山、和名倉山、、帳付山、大山、赤岩尾根等の山々が一望できました。

我々が昼食を取っていると、次々に登ってきました。

急いで記念写真を撮り、下山することに。

急坂の岩場を慎重に下り、分岐点から沢コースで下っていく。

こちらの方もジグザクに下りますが、尾根コースより急でやや登山道が判り難い感じがしました。こちらを下りに使った方がいいように感じる。

約2時間かけて13時20分鎌倉橋の登山口に到着。

駐車場は満杯の状態でした。

そこから「大滝のこまどり荘」に行き入浴。入浴料600円。

こちらは土・日・祝日のみ宿泊者以外が入浴できる日帰り温泉となります。

我々6名だけが入浴状態で落ち着いて入浴できました。

この後、中津川渓谷の紅葉を見ながら、慎重に運転し午後5時30分無事我が家に到着しました。

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

フォト
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ