最近のトラックバック

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

法事

 10月27日(土曜日)、9月12日に97歳で亡くなった叔母さんの四十九日の法要が            「天龍護国寺」で行われ夫婦で出席しました。

Pa270020 Pa270028

本当に月日の経つのは早いものだと思います。

この天龍護国寺には、我々の本家を始めとし、多くの親戚のお墓があります。

私の父・母のお墓もあります。

そして我が娘のお墓も有ります。

そのため一年に何度か法事等でお寺様にはお世話になっています。

叔母さんの家のお墓は我が家の父・母のお墓の隣にあります。

そんなため特に身近に感じるお墓です。

Pa270016 Pa270026 Pa270035

 【天龍護国寺】                           【本堂】

Pa270013_edited2 Pa270019_edited2 Pa270017_edited2

 【手前が父母の墓】     【隣の叔母さんの墓】    【娘が眠る我が家の墓】

Pa270042 Pa270023 Pa270036

    【納骨時】      【多くの親戚の墓もあります】

クラブOB会&八方池

 10月13日(土曜日)・14日(日曜日)長野県の白馬村に行って来ました。

43年振りの大学当時のクラブのOB会を後輩が企画してくれました。

当時私は、放送研究会に所属していました。

その後輩が、同時期にクラブに所属して住所がはっきりしている人達に声を掛けてくれたのです。

当時男女部員が多くいましたが、今回は男性のみの6名の参加者となりました。

白馬村で行ったのは、大学のセミナーハウスがあるからでした。

13日15時集合とのことで、私は白馬村にある八方池に登る計画を立てました。

自宅を午前4時に出発。北関東自動車道、長野自動車道を経由し、長野市を経由し、オリンピック道路を走り、白馬村には6時40分くらいに到着。

白馬村観光協会で割引のある「八方アルペンライン」の往復券を購入。

今日は始発が7時30分とのことで、無料の第三駐車場へと車を走らせる。

まだ駐車場はガラガラの状態でした。

そこから八方駅まで徒歩で10分ほど歩く。

天候には恵まれましたが、気温は大変低かったです。

すでに駅では多くの人が並んでいました。

八方ゴンドラリフト・アルペンクワットリフト・グラートクワットリフトと乗り継ぎ八方池山荘の場所(1830m)まで一気に到達。

途中至る所で綺麗な紅葉を目にすることが出来ました。

ここから石の多い山道を登る。第一ケルン・第二ケルン・八方ケルン・第三ケルンを過ぎると八方池を見下ろす場所に到着。ここまで約2時間程で到着。

まだそれ程人は多くありません。

周辺の山々も少し雲に隠れていたりしますが、はっきり見ることが出来ます。

ここで唐松岳に登る人と別れて、八方池のたもとに着く

八方池に映る山々を写真に撮る人達が多くいた。

私もじっくり腰を据えて写真を撮る。

ただ風が多少吹いていて池に波が立つ。

少しでも穏やかなときにシャターを切りました。

約1時間ほど費やしていると、おおくの人達が登ってきました。

そのころ私は下山開始。

各種リフトを使って、山々や紅葉を見ながら降りる。

13時前に到着。

朝空いていた駐車場は満車の状態でした。

セミナーハウスまではほんの5分ほど。

早い到着になりましたが、セミナーハウスへ行く。

管理人さんが気持ちよく迎えてくれた。

わがままを言って、本来17時からの入浴時間ですが、早い時間に入浴をさせて頂き、ビールを飲みながらOBの人達の到着を待った。

高速バスで大阪から、電車と高速バスを使って、東京、川崎、大垣から、又私と同じように名古屋から自家用車で来た人達が集まりました。

皆がそろって、まずは当時のクラブ活動に話が弾んだ。

夕食は、ここのセミナーは食事の支度はないので、仕出しでした。

皆お酒が入り、更に楽しい時間を費やしました。

翌日は、私の同期が東京都と川崎なので一緒に私の車に同乗して帰ることに。

志賀高原から草津を通って、高崎駅まで同乗。

志賀高原や草津は紅葉時期で多くの車で渋滞していましたが、綺麗な紅葉風景を見ることが出来ました。

今回後輩の企画で6名の参加者でしたが、今後継続的に開催していくことが確認されました。

今後多くのOBが参加されるよう連絡を取り合って行こうと思っています。

今回企画してくれた、後輩の牧君には感謝感激です。

ありがとう!!

三家族旅行 三日目

 三家族旅行もいよいよ最終日の三日目となりました。

朝、湯野浜海岸を散歩。

朝市も行われていましたが、店も少なく迫力に欠ける朝市に感じました。

その後朝風呂に入りました。合計6つの風呂に入ったと思います。

ここでハプニング・お風呂帰りにエレベーターを待っていると、二人ずれのご婦人が来ました。

声を掛けたら、何と私と同じ住まいの市から来たとのこと。偶然はとはいえお互いびっくりです。

美味しい朝食の後は、鶴岡市に向かいました。

鶴岡市の致道博物館、廃校致道館、国指定重要文化財の鶴岡カトリック教会等を見学し、

山形自動車道を経由して、湯殿山本宮に向かう。

自家用車の駐車場で昼食を取る。

ここでは、一度バスに乗り換えて約5分程で本宮に到着。

本宮に行くまでの参道及び本宮は撮影禁止。

本宮参拝は、靴を脱いではだしで歩いて登る。途中は温かい水が出ている。

ここで記念撮影もする。

その後一気に新潟県村上市にある「笹川流れ」にと車を走らせる。

15時55分笹川流れの乗船場所の伊藤着。

16時20分の最終の舟に乗ることが出来ました。

海から見る島や岸壁が見事でしたし、今日は日本海に沈む夕映えも見ることが出来ました。

ここからは、日本海東北自動車道を経由し北陸自動車道、関越自動車道を走り、午後9時前に出発場所に無事到着。

近くで夕食を取り、10時に解散を致しました。

三日目の走行距離446km

総行程の距離1011km

三家族旅行二日目

 三家族旅行7日の二日目

銀山温泉の朝を散歩し、美味しい朝食を頂き、8時30分宿泊先出発。

約40kmで最上川ライン下りの「古口乗船場」に約1時間で到着。

到着したときにすでに「最上川芭蕉ライン舟下り」が出発した後。

約1時間待って乗船。今年は例年になく雨が少なく各種の滝は、水がほとんど流れていないとの事でした。30分乗船し途中「ふるさと村」でトイレ休憩。この集落は、今は無人になっているとのことです。舟の中では、銀山温泉で購入した、カレーパンを食べる。

これが本当に美味しかったです。

この後激流の場所を通過し、仙人堂を見ながら白糸の滝を見る。船頭の説明に寄れば、今年は水量が少ないとのことでした。約1時間の舟下りで、乗降口の「最上川リバーボート」に到着。

ここから酒田市にと車を走らせる。

酒田市で「山居倉庫」、「本間邸」を見学。

昼食を取らずに車を走らせ、午後2時今日の宿泊先湯野浜温泉に到着。

時間が早いので、明日見学する予定の「善寶寺」を見学。

総欅造りの山門を始めとして、五重塔、羅漢堂。本堂と見事な作りで感動しました。

又少し離れたところには、池があり、スッポンや亀の他に人面魚の鯉が泳いでいました。

宿泊先の海辺の宿「都屋」に到着。

その日は、近くの中学校の同窓会も企画されていて賑やかなホールとなっていました。

ここの宿は、8つの風呂があり、早速屋上の露天風呂に入りました。

この日離れの風呂にも入り合計で4つのお風呂に入りました。

皆それぞれ個性豊かな風呂で、多いに楽しむことが出来ました。

夕暮れ時は、夕日の日本海に沈む景色を期待していましたが、残念ながら地平線には雲が漂っていて、地平線に沈む夕日を見ることは出来ませんでした。

夕食は、品数も多く、アワビの踊り焼きを特注したため全部食べきることが出来ませんでした。

二日目の総行距離75km

二日目をデジブックにしてみました。

三家族旅行 【一日目】

 、10月6日(土曜日)~8日(月曜日祝日)の三日間、今年で20年20回になる恒例の三家族夫婦の旅行に行ってきました。この家族は同じ会社の社員でした。

現在は皆会社を定年退職をしております。

毎月一定額の積立をして、この旅行に供えています。

いつものように10人乗りのレンタカーを借りての旅となりました。

今回は東北地方の旅です。

6日午前3時勤めていた会社の駐車場に集合し私の運転で出発。

高崎ICから北関東自動車道を経由し、岩舟JCTから東北自動車道を走りました。

途中数カ所のSAで休憩し、仙台北部自動車道を経由して、松嶋海岸ICで松島に8時10分到着。

9時出航の松島湾島巡りの船まで時間があるので、先に「五大堂」を見学。

その後仁王丸という船に乗船し松島湾に在る各島々を約40分ほど掛けて見て回りました。

船内の説明では、やはり昨年の3月11日の震災の影響による津波で松島も多大の被害を被ったとの説明がありました。

それでも多くの島々が防波堤の役目をしてくれて、他地域と比べれば、被害が少なくすんだとのことです。

船を下りてすぐの所にある「瑞巌寺」と「円通院」を案内人を頼んで見学。

ここでも津波の被害で多くの杉の木が塩害等の被害で枯れているようです。

又松島全体では50cm地盤が沈下したとの話を聞きました。

その後「松島さかな市場」で昼食。お寿司・海鮮丼・いくら丼等それぞれが食べました。

大変美味しかったです。焼きかきも食べました。

昼食後、一路銀山温泉に向かいました。

松島から銀山温泉まで約2時間の早めの14時に到着。一日目の走行距離約440km。

銀山温泉の中は車が入れないので温泉地の手前に駐車。

温泉街までは、10人乗りの車で3分ほどの温泉入口まで乗車。

そこからは、各温泉旅館工夫のお客の荷物を運搬してくれます。

我々が宿泊する「古勢起屋旅館別館」は台車を工夫した感じの荷車でした。

すぐに荷物を置いて、大正浪漫が漂う温泉街を散策。

観光バスできているツアー客も多くいましたが、ほとんどは銀山温泉には宿泊しないとの話でした。足湯もあり、又白銀の滝の在る場所にも足を運びました。

その後グループの「銀山荘」の露天風呂に入浴し部屋に戻って、持参した飲食で時間を費やしました。

夕食も大変豪華で美味しく頂くことが出来ました。

午後8時過ぎから、各旅館の明かりが美しく映えた中、銀山温泉祭りが催しされましたがこの頃は雨が降ってきました。

しかし各旅館の宿泊客が大勢温泉街に出て来て、無料のきのこ汁やお酒を楽しみ、花笠踊りも見物しました。

最後にくじ引きが行われ、普段はくじ運に縁が遠い私にきのこの詰め合わせが当たりました。

こんな楽しい一日目が終わりましたが、これらをデジブックにしてみました。

献血の検査成績のお知らせ

 昨日(4日)9月23日に恵さんと一緒に献血を行った時の「生化学検査」と「血球計数検査」の成績のお知らせが届きました。

今回も従来と差ほど数値の変動がなく、すべての項目で正常値範囲内で安心しました。

これで、明日からの恒例の三家族旅行、今回は「東北方面」の二泊三日の旅楽しく行って来られそうです。

Img023_edited1 Img006_edited1_2 Img022_edited1_2 

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

フォト
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ