最近のトラックバック

« 叔母さんの死去 | トップページ | 山楽倶楽部一泊二日の雨飾山【二日目】 »

山楽倶楽部一泊二日の雨飾山 【一日目】

【山楽倶楽部「雨飾山」1963.2m行程表】

一日目

ドウ→松井田・妙義IC→上信越道→東部・湯ノ丸SA→更埴JCT→長野自動車道→長野IC→善光寺→国道406号→道の駅中條→白馬村→小谷村→「サンテインおたり」

二日目

サンテインおたり→雨飾山高原キャンプ場~雨飾山登山口~ブナ平~荒菅沢~笹平~雨飾山山頂(1963.2m)~笹平~荒菅沢~ブナ平~雨飾山登山口→日帰り入浴「雨飾荘」→小谷村→白馬村→長野IC→松井田・妙義IC→ドウ
1_edited1

【一日目】 

9月16日(日曜日)・17日(月曜日敬老の日)と山楽倶楽部恒例の宿泊登山が行われました。

行き先は、長野県小谷村と新潟県糸魚川市の境界に位置する「雨飾山」(1963.2m)です。

到着時間に約4時間弱掛かるので、前日観光を行い宿泊して二日目の早朝から登山開始の予定を組みました。

この為一日目は、朝7時出発の予定を組み長野市の善光寺を参拝し、宿泊先に早めに到着の計画を組みました。

当日は、沖縄方面には、超大型の台風が来ると行った天気予報で心配しましたが、こちらは晴天に恵まれ、6時55分中型バスで16名の参加者を乗せて出発。

バスの中は観光の気分で、すぐにコンビニによりアルコール類を購入する人もいました。

上信越道・長野自動車道も空いていて、順調に善光寺に着きました。

Img989 Img990

運転手さんの配慮で、お店の無料駐車場に着け、そこの人のガイドで善光寺を見て回りました。

山門の善光寺の文字には、五つの鳩が字の中に入っていること、七年に一度の回向柱の場所では、御柱の長さが違っている理由。これは古い御柱は腐っていく。その部分を切って又建てているので長さが異なってくる。そして最後は土に帰るそうです。

ガイドさんは暑い中汗を掻きながら親切に説明をしてくれました。

善光寺は入館料が入りませんが、「お戒壇めぐり」を行えば500円の費用が必要でした。

この「お戒壇めぐり」は、ご本尊の安置される瑠璃檀したの真っ暗な回廊を通り、中程に懸かる「極楽の錠前」を探り当てて秘仏のご本尊結縁する道場だとの事で真っ暗な中、右手を腰の高さに保ちながら壁を伝わって進むと前の人がさわる音がしてやがて錠前にさわることが出来ました。

ここで記念写真を撮り、仲見世を見て回り、山楽倶楽部の看板が出ている駐車場が経営しているお店でお蕎麦を食べました。

その後一路道の駅「中條」で休憩を取り、白馬村を経由して、小谷村下里瀬温泉の「サンテインおたり」に13時30分到着。
2_edited1_2 

その後お風呂に入り、夕食までの時間別室に設けてくれた休憩所で飲んだり、カラオケを歌ったり、ある人は川に魚釣りと時間を費やしました。

午後5時からは夕食となり、美味しい料理とアルコール・おしゃべり等で楽しい時間を送りました。

明日の出発が早朝の4時30分と早いこともあり多くの人が結構早い時間に床についたようです。

一日目をデジブックにまとめてみました。

« 叔母さんの死去 | トップページ | 山楽倶楽部一泊二日の雨飾山【二日目】 »

「登山」カテゴリの記事

コメント

スーさんへnotes
一日目は本当に天候にも恵まれ、旅行気分でした。
みんなが充分楽しんだ様子で良かったです。
こんな山登りの企画も良いですね。

第一日目がよみがえりますね~
ツーカーさんのデジブックが思い出そのまま!
山に登るというよりも...朝から旅行気分満々の私たちでしたね...coldsweats01
ゆとりのある時間が楽しさを倍増にしてくれた初日だったように思います!
さて‥
これから第二日目を見に行きまーす...wink

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122817/47187420

この記事へのトラックバック一覧です: 山楽倶楽部一泊二日の雨飾山 【一日目】:

« 叔母さんの死去 | トップページ | 山楽倶楽部一泊二日の雨飾山【二日目】 »

フォト
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ