最近のトラックバック

« 捕り物騒動 | トップページ | 越前岳(1504m)に登る »

尾瀬ハイク

【行程表】

ドウ→前橋IC→関越道→沼田IC→国道120号→片品村→蒲田→国道401号→鳩待峠登山口~山ノ鼻休憩所~尾瀬ヶ原~牛首~ヨッピ吊り橋~竜宮小屋~牛首~山ノ鼻休憩所~鳩待峠登山口→日帰り温泉「しゃくなげの湯」→沼田IC→関越道→前橋IC→ドウ

 

8月19日(日曜日)山楽倶楽部の仲間19名で夏の尾瀬に行って来ました。

5時いつものようにスポーツクラブのドウを出発。

前橋ICから関越道で沼田ICまで行きそこから国道120号・401号を走り尾中休憩を取りながら約2時間で7時に鳩待峠駐車場に到着。

標高1591m

中型バスなのでこの駐車場まで入れます。

駐車場はほとんど空車状態で、人もそれ程多く見かけませんでした。

恒例の準備運動の後、全員で記念撮影。埼玉から来たという女性にシャターを押してもらいました。

7時20分登山開始。ここから山の鼻のビジターセンターまで約200mの下りの3.3km。

途中熊が出るとのことで、新たに音の出る釣り鐘が設置されていました。

8時25分山の鼻に到着。本当に登山客が少ない。

ここで20分ほど休憩を取る。

8時45分尾瀬ヶ原に向かって出発。

木道にはほとんど人を見かけない。

暑い日差しの中バックに至仏山・前方に燧ヶ岳を見ながら木道を歩く。

途中色々の草花を見ながら写真にも撮る。

途中池溏(ちとう)では、逆さ燧ヶ岳を見ることが出来感激。

早速写真を撮りました。

9時26分牛首交差点に到着至仏山荘から2.2km。

ここで小休止してヨッピ吊り橋へと向かう。

ヨッピ吊り橋まで、ほとんど人に会わない静かな木道歩きが続く。

10時14分ヨッピ吊り橋に到着。2.3km

ここも普段なら多くの人で賑わっているのだが、我々の仲間の他は数人の人達だけであった。

ここからは、竜宮小屋までの2kmを歩く。日差しも強くなりかなり暑い。

10時47分竜宮小屋到着。ここでは昼食を取ることにする。

昼食を取っていると、だんだんと人が集まってくる。

中には、山ガールといわれる服装の4名の女性達も到着。

一人は地元片品村の女性で、昨晩はそこで一泊したとのこと。

他の3名は同じ大学生だとのこと。

了解を得て山ガール姿を写真に撮らしてもらう。

11時30分竜宮小屋を出発。

再び木道の上を歩く。

暫く行くと池溏の水面に綺麗な白い花が咲いていました。

ヒツジグサといわれる花でスイレンの仲間だそうです。

午後になると花を咲かせるといわれているようにいくつもの花が開いていました。

12時7分牛首分岐に到着。2km。

ここから日差しの強い木道を山の鼻に向かって今度は背に雲一つ無い青空の中の燧ヶ岳・前方に至仏山を見ながら歩く。

12時45分山の鼻に到着。

ここには朝写真を撮って頂いた3人組の女性達とも一緒になる。

至仏山荘で売っている花豆アイスクリームを多くの人が食べる。

ここからは今度は標高差200mの上りになります。

13時10分出発。

今日唯一の上りの汗を掻きながら、途中足の痙攣した人と同伴しながらゆっくりと登り、

1時間10分掛けて14時22分鳩待峠に無事到着。

先程の3人組と記念写真を撮らせて頂く。

ブログに載せるから見て友話すが、「ひとりごと」を教えアドレスを教えなかったので見て貰えるのか心配ではある。

その後、恒例の日帰り温泉「しゃくなげの湯」(500円)に入浴。

隣の農林産物直売所に立ち寄りスイカを購入して5時30分無事到着しました。

すでに多くの尾瀬に行きましたが、こんなに空いていて静かな尾瀬は初めてでした。

比較的花が少ない時期と、昨年の東日本大震災の原発の放射能漏れの影響かなと心配しながらの充実した尾瀬を堪能できました。

« 捕り物騒動 | トップページ | 越前岳(1504m)に登る »

「登山」カテゴリの記事

コメント

猪や鹿対策に狼の導入 参照 http://japan-wolf.org/content/faq/

まが~さんへnotes
夏は花が少ない時期に当たりますが色々の花がさいていました。
以前に尾瀬に行ったことがありましたか。最盛期の頃は木道の休憩場所も一杯で休むことが出来ないくらい混雑しますが、今回は人が少なく静かな尾瀬を満腹しました。
ただ今朝の新聞で、尾瀬はピーク時の半分の入山者になり、山小屋経営も大変なようで入山者増加の検討が急がれているようです。

まあちゃんさんへnotes
私も尾瀬に行くとすぐ遙かな尾瀬♪・・と口ずさんでしまいます。
今、尾瀬は年々入山者の現象で昨年はピーク時の約半分28万1300人になったことが
新聞で本日記事になっていました。それに伴い宿泊者も減っていて山小屋経営が大変だそうです。
それにシカの食害や東京電力の年間維持費が1億円減少し、3億円になったようです。
楽しんでばかりいられないようです。
私のデジブックの写真が最近多くてブログの動作が遅くなり、ご迷惑していませんか。
教えてください。pc

尾瀬のデジブックをみさせていただきました。
たいへん懐かしく思いだしました。もう、10年以上前に私も行きました。
鳩待峠から入りました。
とってもたくさんの花が咲いていたのですね。
デジブックで見せていただきました。
私が行った時は水ばしょうもおわりでしたが、木道も人がいっぱいでした。
でも、あの頃と風景は変わらずに美しくて魅力的ですね。

この木道から水芭蕉がみられることだろう・・・と
遥かなる尾瀬♪・・を口ずさみながら歩きましたか・・・

こちらでもある高山植物??と 見てしまいましたが 無かったような・・・
みなさんで 元気に登山 羨ましいです。

異邦人さんへnotes
遙かな尾瀬は静かな木道を歩いている最中何度か口ずさみました。
結構暑い日でありました。sweat01
でもやはり風は気持ちよかったです。

スーさんへnotes
本当に落ち着いた静かな尾瀬は私も初めてでした。
結構色々な花が咲いていて楽しむことが出来ました。
最後のシーンの人達は、結構我々と近づかずされとて離れず最後まで行動が出来
記念の写真快くOKでました。happy01

~☆ ツーカーさんへ ☆~
やっぱり夏は尾瀬。
夏雲ですが風は秋の装いだったのではないでしょうか。
皆さんでの遥かな尾瀬は何度行ってもいいですね。

ヒツジグサとオゼコウホネの印象が深かったのですが‥
こうしてみるとたくさんの花がありましたね~
こんなにのんびりと散策できた尾瀬は初めてでした。
ツーカーさん!最後にいい記念写真が撮れましたね!
知らなかったぁ(笑...wink

ミミさんへnotes
尾瀬の木道は本当に良く整備されています。
ただ雨で濡れた木道は滑って怖いです。
水芭蕉とニッコウキスゲの時は、本当に混み渋滞もしばしばです。
是非一度尾瀬に来てみてください。

熊のKさんへnotes
これでも夏の今の時期一番花の少ない時期なので人も少なかったと思います。
以前から木道の左右対称には気づいてはいました。
イノシシが約1000所帯ある団地に出てくるとは思いませんでした。
本当に誰も被害に遭わなくてよかったと思っています。

ツーカーさん こんにちはcat
尾瀬は以前から行ってみたいと思っていました。
デジブックを見せていただいて、ますますその思いがしています。
尾瀬は木道が整備されて歩きやすそうですが
水芭蕉の頃はこの道も人で埋め尽くされるのでしょうね。

ツーカーさん、こんばんは。
 尾瀬ハイキングのデジブックをたっぷりと楽しませていただきました。
尾瀬は珍しい山野草の宝庫ですね~。
こんなにいちどきにたくさんの植物が見られてよかったですね。
 左右対称の木道に良く気が付かれましたね。作ったかたのセンスが偲ばれます。

 イノシシが住宅街に!? 怖いですね~。
でも誰も被害に遭われなくて良かったですね。
どうぞ、これからも注意してくださいませ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122817/46827921

この記事へのトラックバック一覧です: 尾瀬ハイク:

« 捕り物騒動 | トップページ | 越前岳(1504m)に登る »

フォト
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ