最近のトラックバック

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

甲子園

 第84回選抜高校野球大会3日目第三試合に我が母校群馬県立高崎高等学校が滋賀県の近江高校と対戦するので甲子園に応援に行くため、22日休暇を取りました。

22日午後10時高崎市の「もてなし広場」を曇り空の中バス8台で出発。

本来男子校なので、応援に行くメンバーはほとんど男性なのではと思っていましたが、多くの女性たちが参加していました。

JTB主催の応援ツアー参加費用17,000円。

在校生は学校から出発。

他に当日の朝新幹線を利用するツアーも企画されています。(35,000円)

上信越道の吉井ICから長野自動車道・、中央自動車道を経由。

途中から天気予報の通り雨が降ってきました。

雨足がだんだん強くなり、明るくなった名神自動車道の草津SAに6時過ぎ到着。

6時30分添乗員さんから、本日の高校野球はすべて中止になった旨知らされる。

一瞬バスの中は静寂になり、大きなため息が漏れた。

その後添乗員さんから、今日の今後の予定と23日宿泊して24日の応援を行うかの希望を聞かれた。

多くの人が、24日の応援を希望してホテルの宿泊をすることになりました。

私は24日の夜、会合の予約が入っているので、苦渋の選択で24日の応援を諦めて帰ることを選択。

その旨は、妻にも携帯で連絡をしました。

その後は40数年前の万博会場跡地で時間を費やし、午後は天保山ハーバービレッジに移動しておよそ3時間半の自由行動。

雨が降っているのでなかなか行動がしづらかったのですが、ちょうど「ツタンカーメン展」を行っていましたのでその展示館を鑑賞することに。

大変混んでいて入館するのに45分間かかってしまうほどでした。

貴重な展示物を見ることができました。

ここで思ったより時間を費やしたため、水族館「海遊館」を見る時間が無くなり、地上高112,5m世界最大級の天保山大観覧車に乗りました。

本来は淡路島や明石大橋、大阪市内もよく見えるとのことでしたが、靄が掛かって見通しが良くありませんでした。

その後箕面市にある箕面観光ホテルにある箕面スパ・ガーデンで入浴とカレーライスの夕食を取りました。

ここで24日応援するために大阪に宿泊する人たちと別れ、私たちは午後9時に高崎に向けて帰路に付きました。

無事24日朝6時「もてなし広場」に到着。

憧れの甲子園応援ツアーは結局実現できずに今回は終わってしまいました。

24日はテレビでの応援となりますが、是非勝利してもらいたいと思います。

    【第84回選抜高校野球本来なら観戦入場券】

Img007 P1100167Img011

        【高崎高校の関係応援グッヅ】

P1100188  P1100191 P1100193

        【万博会場の太陽の塔と昼食のお弁当】

P1100165 P1100158 P1100159

        【天保山ハーバービレッジ】

P1100170 Img003 Img004

Img005 P1100173

3月20日

今日3月20日は、忙しい日になりました。

早朝我が家に咲いている花を鑑賞。

まずはお墓参りに行く花を購入するため我が家から5分程の吉井町にある「ふれあいの里」でお花を購入して来ました。

それから父と娘の眠る「天竜護国寺」と義母の眠る「宝昌寺」に行ってきました。

天竜護国寺では多くの親戚にも会いました。

その後31年振りで第84回春の選抜高校野球大会に出場することになった母校が三日目、23日の第三試合「滋賀県の近江高校」と対戦することになったので、甲子園球場で応援するため応援バスに申し込む。

参加費用は、17000円。セヴンイレブンに行って振込完了。

22日22時出発。23日の14時の試合観戦応援。24日朝に帰って来るといった強行軍。

その後約2時間半くらい掛けて車二台の洗車とワックス掛け。

午後高崎市美術館に行く。

「開館20周年記念/コレクション展」を鑑賞してきました。

高崎市の20年の歩みが写真で展示され、懐かしさにしたれたひと時でした。

それからスポーツクラブに行く。

今日はトレーニングはしないでサウナと入浴で過ごと外は夕闇になっていました。

           【高崎市美術館】

Img001 Img002

          【我が家に咲いている花】

033 034 019

035 036 039

040 014 022

作品展示会

 3月10日(土曜日)・11日(日曜日)に高崎市西公民館で開催されている平成23年度作品展示会に10日(土曜日)に行ってきました。

Img721 Img722

昨年は東日本大震災の影響で、展示会そのものが中止となったいきさつがあり、二年ぶりの展示会となったようです。

この展示会は、西公民館で定期的にサークルを作り勉強をしている団体が成果の発表の場として催しされているとのことです。

行った理由は妻が、二年程前から入会している俳句の「榎の会」も展示しているためでもあります。

展示されている団体は、

one 草木染の型染めくるみの会(草木染)

P3100124

two 筆ペンサークルいろは会(筆ペン)

P3100145

three 榎の会(俳句)

P3100128 P3100130 P3100129

four 高真会(書道)

P3100140_2

five そーいんぐ倶楽部(洋裁)

P3100139_2

six 手まり愛好会(手まり制作)

P3100143 P3100126

seven 水彩画サークル(水彩画)

P3100147

eight トトロの会(中国結び)

P3100146 P3100148

以上8団体で、それぞれ立派な作品を展示されて、各会のコーナーでは、お茶やお茶菓子のお持てなしや、製品の説明をしてくれていました。

山楽倶楽部総会日の一日

最近はブログの書き込みが一週間遅れの記事になってしまっています。

今回も3月4日(日曜日)の記事になります。

この日9時30分(実際は45分)から山楽倶楽部の総会が西公民館で、参加者24名で開催されました。

P3040096 P3040099   Img703

今年会員入会希望者は50名になっております。もう少しの参加者が欲しかった感じです。

総会は平成23年度の活動報告から、会計報告、会計監査報告が行われいずれも承認されました。

       【平成23年度活動報告、会計報告、会計監査報告】

Img711 Img712 Img713

Img718 Img700

昨年は東日本大震災や天候の影響で、一泊登山をはじめとして数件の山行が中止となりました。

その後、平成24年度の活動計画案、役員改選、その他等の議題も無事承認されました。

今年の一泊登山は新潟県糸魚川市の雨飾山(1963m)を9月16日・17日に計画し、その他日帰り登山を7回予定する事になりました。

            【平成24年度活動計画案】

Img716 Img717

総会後妻と高崎高島屋に行き私は山や普段の散歩用にカーキ色の紳士ハンチングを購入。妻はハンドバックを購入しました。happy01

P1100126 P3040104

その後市のタワー美術館で開催されている「平山 郁夫」展を鑑賞に行ってきました。

平山 郁夫展は過去に何度か鑑賞していますが、今回は会館10数年記念特別展として

特に「大唐西域画への道」と題して玄奘三蔵の軌跡が主題に描かれた絵が数多く出展され、およそ70点の絵画を鑑賞することが出来ました。

                【平山 郁夫展】

Img709_2 Img706_2 Img707_2 

大分お金を消費した一日となってしまいました。weep

仕事始めと懇親会

 2月26日の日曜日我が団地の「緑と桜を守るボランティアの会」と「道沿いを花で美しくする会」の合同の仕事始めと懇親会が行われました。

今年は例年になく寒い日が続いています。

しかしもうすぐ本格的な定例作業を行う季節がやって来る前に、トレーニングで身体を目覚めさせるのを目的として冬枯れの時期でなくては出来ない作業の

1)斜面上部 林の中での「蔓切り」

2)枯れた枝の処理

3)壊れたベンチ等の片付け

4)カワラによる花壇の縁飾り

を13時から1時間程度行いました。

P2260059_2 P2260057 P2260061

P2260062 P2260063 P2260068   

その後新年会を兼ねた親睦会を公民館実習室で15時から行いました。

公民館の実習室では、「そば打ちの会」様のご協力で「打ち立てそば」と「かき揚げてんぷら」を作って頂き、今後の作業内容や近況を語り合いながら、アルコールを交えながら楽し井時間を過ごしました。

特に打ち立てそばは見ている前で茹であげて頂き、大変美味しくお持ち帰り分まで頂きました。

P2260077 P2260078 P2260070

P2260073 P2260074 P2260075

その後、この公民館の2階で、宇宙科学ロマン・ドキュメント地球【帰還1周年】記念公開作品小惑星探査機「はやぶさ」の7年間の奇跡、完全ドキュメント映画が上映されることを知り、妻も伴って鑑賞することに。

Img701 Img702

2003年5月9日、小惑星探査機「はやぶさ」は、小惑星「イトカワ」に向け長い旅に出た。

大きさは、僅か1mx1.6mx1.1mの小さな体のはやぶさの使命は太陽系が生まれた頃の様子を知る手がかりが残っていると考えられている小惑星「イトカワ」のかけらを必ず地球に持ち帰ることであったとのこと。

2007年夏には、ミッションを完了するはずであったが、数々の困難に遭遇し、帰還は困難とされ田が、2010年6月13日、はやぶさは流星となって地球に戻ってきました。

この60億km、2592日の宇宙を旅した様子を45分間のロマン・ドキュメントに仕上がった映画は素敵でした。

日本の技術力の高さを改めてシラされ感動を受けました。

この為1月から始めた知的障害者の水泳のボランティアは休ませて頂きましたが、

いい一日を過ごせたと思いました。

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

フォト
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ