最近のトラックバック

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

楽しい仲間との飲み会

昨日は山の仲間5名で飲み会を行いました。

我が家は夫婦で参加。

いつもは送迎係の妻も料理だけでなく、アルコールを飲むことに。

市内には今日花火大会が行われるため、男女の浴衣姿も目立ちました。

そんな中駅近くの「だんまや水産」で行いました。

実は、金曜日に月に一回飲み会をやっているメンバー20名でこの店で飲み会をやりました。

結構料理も多く満足できる店なので、その会にも参加の山の仲間ヒロさんが提案し、予約をして置いたのです。

当日は暑かったので、生ビールも美味しく頂けました。

妻も一緒に生ビールや日本酒を飲みました。

今日の仲間の中には妻は飲めない人と思っていた人もいました。

美味しそうに飲む妻に驚いたようです。

山の話や、旅行の話等に話が弾み楽しい時間を過ごすことが出来ました。

その上、会計はヒロさんがすべて支払ってくれました。

ここでご馳走になりましたと一言感謝の言葉を付け加えておきたいと思います。

帰りは、花火の終了と重なりタクシーを利用しましたが、結構道路が混んでいて時間が掛かってしまいました。

P8280004 P8280006 P8280005

P8280008 P8280009 P8280010

P8280012 P8280013

高崎観音山万灯会

昨日(27日)「第15回ろうそくまつり 高崎観音山万灯会」に行って来ました。

我が家から10分程度の場所で行われている万灯会(まんとうえ)に実は初めて行ってきました。

このろうそくまつり。観音山万灯会は、仏様に灯明を供え、先祖供養や誓願成就を祈念するために催しされてきたようです。

特に今年は、震災でなくなった犠牲者への慰霊や復興を祈念しての供養も行われました。

夜7時頃義父を交えての夕食の後自宅を出発。義父の実家に車を置き歩き始める。

当初義父も参加予定でしたが、87歳という高齢のためか、疲れるからと途中まで歩いて来ましたが、家に帰るとのこと。

結局妻と二人で歩くことに。

観音山のふもとの清水寺から白衣大観音像に続く境内や石段には約1万個の紙コップ型のろうそくや約1600個の灯籠なぢが敷き詰められ幻想的な雰囲気をかもしだしています。

家のすぐそばの車道にすでに灯明がともされていました。

すぐに階段に到着。

ここからおよそ560段くらいの石段を登り始める。

普段ですと真っ暗な場所ですが、今日は万灯会のため、石段を明るく浮かび上がらせている。

汗を掻きながら登ると清水寺に到着。世話人や、出店が出て賑やかであった。

更に灯明に導かされて、平和塔広場に到着。ここは普段は駐車場になっています。

ここには万灯会にふさわしく数知れない灯明が絵文字等を描きながら供養の明かりを放っています。

ここではステージが作られLIVEが行われていました。

ここから更に参道の商店街を歩く。

普段はすでに店を閉めている時間帯ですが、今日は明るくし店を開いていて、多くのお客が利用していました。

この参道から見える白衣大観音像も照明に照らされ夜空に浮かび幻想感を漂わせていました。

更に慈眼院に到着すると、大震災の供養塔に明かりが灯されていました。

この境内にも灯明が置かれていて、ここからら多くの人が白衣大観音像をバックにして写真を撮る人を多く見かけました。

今回初めてこのろうそくまつり万灯会に行ってみて大変良かったと思っています。

この情景をデジブックにしてみました。

登山中止

本来なら今日は谷川連峰の西端に位置し、眺望の良さと高山植物に恵まれた山の

新潟県湯沢町を登山口とする「平標山」(1983.7m)に山楽倶楽部メンバーが

自家用車3台で登る予定をしていました。

先日(火曜日)の役員会議の時には日曜日の天気予報は曇りで行ける予定でした。

しかし日曜日が近づくに連れ天気予報は雨の気配が濃厚になりました。

そして土曜日の朝結構激しい雨が降り、明日も雨の予報のため「平標山登山」会長の

勇気ある決断で中止に決定。

午前9時過ぎに副会長のブログ友のスーさんから (実はスーさん平標山には何度も

登っていて、今年の7月2日にも登っています。7月5日のブログ参照) 中止の連絡が

入りました。

手分けをして、参加者に中止の連絡を入れることに。

今回はバス使用でなく、自家用車なので、その点は多少気が楽な中止決定です。

私は4名の人に早速中止連絡を入れる。

殆どの人は残念がりましたが、明日雨であろうと諦めが判っているようでした。

この平標山は「花の百名山」にも選ばれたほど、種類も豊富な高山植物園の

宝庫な山です。

特に、頂上周辺のお花畑が素晴らしく、ハクサンコザクラやハクサンイチゲ、

8月初旬にはキンコウカが一面じゅうたんのように咲き乱れます。

そのため私も初挑戦でしたので残念でしたが、雨ではせっかくの花も駄目ですし、

景色も殆ど期待できず、更に一部急登がある登山道なので、滑ったりして事故が

起きても心配です。

山は「逃げない」と言います。再度の挑戦を目指したいと楽しみを先送りにしました。

               未使用に終わった【登山予定の行程表】

Img523

盆休み

今年の勤め先のお盆休みは、8月12日から15日までの4日間にしました。

実質二日間の休みを取り残りの休日は他の日に使おうと思っています。

この四日間ずばり言って飲んでいた日が殆どでした。

先ず盆休みの前日の11日の夜は以前スポーツクラブで一緒によく飲む機会のあったSさんを含め8名で韓国料理の店で飲み会を行いました。

このSさんが、停年後長野県の佐久市に数年前に居を構え久しぶりにこちらに来ると言うことで、飲み会を企画し行われました。

多いに食べ、飲み、懐かしい会話が弾み楽しい時間を過ごし、Sさんはその日新幹線で帰りました。新幹線ですと、30分程で着いてしまうとのことでした。

12日は、お盆前のお墓の清掃に「天龍護国寺」に行って来ました。

我が家の娘が眠るお墓と、両親が眠るお墓の清掃です。

早朝にもかかわらず、この日も暑い日になり、汗を掻きながら石塔等を洗って清掃してきました。

数軒やはりお墓参りを兼ねて綺麗に清掃している風景を目にしました。

その後お寺様に維持費を支払いました。

【天龍護国寺】

Pa020088 Pa020084 Pa020097

【娘が眠る墓】 【実家の父・母の眠る墓】

Photo Photo_2 Photo_3

13日は、妻と義父の三人で迎え盆に二カ所に行って来ました。

一カ所は我が家のお墓と実家のお墓です。

今日は多くの人がお墓に来ていて賑やかでした。

二カ所目は、妻の母が眠るお寺様に行って来ました。

こちらも多くの人が来ていて、お線香の香りが漂っていました。

午後からは、昨年から始めた、兄夫婦と兄の長女の夫婦に子供、それに義父を呼んでのバーベキューを行いました。

他の兄弟夫婦も呼んだのですが、それぞれの子供達が夜来るとのことで不参加。

天候はともすると、雷雨の予報が出ていたので、予定時刻より早めに始めました。

野菜や肉や海鮮のエビ等を焼いて雨も降ることなく子供達も喜んでくれ、楽しい時間を過ごすことが出来ました。

P8130101 P8130102 P8130103_2

P8130111_2 P8130109_2

14日は、暑い一日となりました。

日中は我が家で、高校野球を見て過ごし、午後スポーツクラブに行き、夜は、昨日のバーベキューの残り物をホットプレートで焼きながら夫婦でビールやワインを飲みました。

休日最後の15日も暑い日となりました。

以前からうなぎが食べたいと言っていた妻の要望もあり、昼食にうなぎを食べに「さんぷく」に行って来ました。

予想はしていたのですが、やはり今年はうなぎの高騰のため、値上がりになっていました。

店には多くの人が食事に来ていて、うなぎが出てきて口にするまで、長い時間待たされました。そのためビールを一本飲んでしまいました。

でもその甲斐あって美味しいうなぎを食べることが出来、この暑い夏が何となく過ごせるのではとの気持ちになりました。

P8150134 P8150135 P8150121

Img521 P8150126 P8150129_2

その後、兄の所から、兄弟が集まって食事会をやりたいとの連絡を受け、夕方実家に行きました。

今日はそれぞれの家でも、子供や孫達が帰ったとのことで、四家族夫婦全員が勢揃い。

いつものように飲んだり、食べたりし、会話も弾んで約5時間程、楽しい時間を過ごすことが出来ました。

P8150145 P8150148 P8150149

こんな感じで今年も旅行にも行かず、盆休みの間、アルコール抜きの日がなく過ごし、あっという間の少しアルコール疲れを感じた盆休みとなりました。

団地の祭り

7月の30日(土曜日)・31日(日曜日)に恒例の団地の校区祭りが中央公園をメイン会場として行われました。

今年が、第27回目になります。

今年のテーマが「元気だ、笑顔だ、つながる城山!」をスローガンに行われました。

土曜日は、前夜祭として、夏休み子ども映画会として「トイストーリー3」が城山小学校体育館で行われました。

本まつりの31日当日は、朝からかなり強い雨。

今年神輿の役員でしたが、この雨で中止と決定。

少々気勢がそがれ調子抜け。

公園で行われる予定の花火も心配になっていました。

午後僅かながら天候が回復気味で、花火大会は決行することに。

子供花火の後、本部役員の挨拶が行われ、小雨が降る中いよいよ19時45分打ち上げ花火開始。

今年は、メイン会場に、団地に避難してきている福島県等の被災者を招待していました。

シートが敷かれていましたが、この雨で被災者の参加者は予想より少な目。

それでも打ち上げられる花火毎に公園に集まった多くの家族連れや恋人同士の人から歓声が上がりました。

私も傘を妻が差してくれる中、写真を撮りましたが、レンズに水滴が着いてしまいました。

でも写真に撮ってみると、逆にその水滴がマッチしている感じの写真も数枚あったように感じました。

およそ45分間の打ち上げ花火の祭典もあっという間に終わってしまいました。

この打ち上げ花火の様子をデジブックにまとめてみました。

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

フォト
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ