最近のトラックバック

« 三家族の食事会 | トップページ | 米寿の祝い »

美術館巡り

今年のGWは旅行はせず、もっぱら庭の手入れと、植木鉢の根詰まりの植え替えを行っていました。

そんな中、すでにブログに書き込んだ「森とオーケストラ」の演奏会と後半に市内にある美術館2館を廻ってきました。

 高崎駅西口にある、高崎市美術館では、「岩合光昭写真展ねこ」が行われていて、「ネコが幸せになればヒトも幸せになり!、地球も幸せになる」と語っている写真家岩合光昭氏の40年間に及ぶ写真家人生の中で撮り続けてきた猫たちを一堂に集めた展覧会でした。

ネコの日頃何とも思わない愛くるしくもたくましい表情を見事にとらえた約180点のねこの写真集でした。

又自分達が撮ったねこの写真の作品もロビーで同時に展示されていました。

 歩いて数分の所にある高崎東口にある高崎市タワー美術館では、「大正ロマン・昭和モダン展」が行われていました。

絵画、デザイン、そして詩文と広い分野に作品を残し、細身で瞳の大きな女性を描きセンチメンタルな雰囲気を秘めた美人画の大正ロマンを象徴するイメージを備えた竹下夢二の作品。

又大正から昭和初期にかけては、近代化と都市化が進み流行の先端をゆくモダンガールが登場する大衆文化が花開き少年少女雑誌を中心に活躍する挿絵画家が多く誕生し、そのなかでも流行歌にその名が織り込まれるなどした印象的な眼差しの女性を描いた、高畠華宵の作品を中心とした昭和モダンの作品が展示されていました。

大正ロマン・昭和モダンを彩える日本画・版画・挿絵・楽譜・装丁本等約200点の作品を楽しく見ることが出来ました。

   【高崎市美術館 岩合光昭写真展 ねこ】

Img076 Img075 Img077

  【高崎市タワー美術館 大正ロマン・昭和モダン展】

Img073 Img074

« 三家族の食事会 | トップページ | 米寿の祝い »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ねこおばさんへnotes
このブログ書き込みながら、ねこおばさんのことを思い出しながら書き込みました。
見ていなければ、是非見てみたい作品だったろうと思い、だが巣でミミたことがあるだろうなと思いました。
良い作品がたくさんありました。

岩合光昭写真展ねこ、見たい!!
私もホッキョクグマは見たけど、ねこも見たいです。
う~ん、こっちまで来るのかなぁ?
ツーカーさんのGW、充実してましたねぇ。

熊のKさんへnotes
おはようございます。
私が子供の頃我のでは犬と猫を飼っていました。
飼うと可愛い物ですね。
その動物たちの写真残っていません。
動きのある動物たちの写真色々の表情が写されていて、見応えがありました。

まあちゃんさんへnotes
岩合さんのNHKの放送は、yuuyuuさんが見たようです。
私も見逃してしまいました。
再放送があるといいですね。
美術館巡りもはじめるといいものです。

ツーカーさん、こんにちは。
 美術館巡り、いいですね。
 私も、その昔猫を飼ったことがあります。
いまでは、飼おうという気にはなりませんが、
写真には癒されますね。

ツーカーさん おはようございます。
美術館が近くに 2か所もあり さすが・・ですね。
この間 岩合さんの写真の撮り方をテレビでやってたのですが 録画するのを忘れて残念に思っていたところです。
動物の写真は難しいですね。

竹下夢二の作品は妹と岡山で観たことがあります。
その時買って来た「しおり」を大切に使っています。

yuuyuuさんへnotes
NHKで岩合さんが写真の撮り方で出演なさっていたのですか。
是非見たかったです。
以前私も伊香保で竹下夢二記念館へ訪れたことがありました。

こんにちは
岩合光昭さんは先日NHKのテレビで動物写真の撮り方
のレクチャーをしていました。
さすがにプロの撮る写真は一味違いますね。

竹久夢二の絵は伊香保の記念館で以前に見ました。
昔の大きなオルゴール館も在って見応えがありますね!

ミミさんへnotes
本来私ねこ余り好きではありません。
よく我が家にねこが来て窓越しに私を見つめていく時は可愛いと思いますが、
庭に糞をしていくので好きではないのです。ng

異邦人さんへnotes
岩合光昭展示会を見て
ねこも色々な表現をするものだと思いました。cat
伊香保に竹下夢二記念館もあります。

ツーカーさん こんにちはcat
私は猫は大好きなので猫の写真には癒されます。
ミミももっと可愛く撮ってあげたいのですが、動くのでチャンスがありません。
竹下夢二の作品も観てみたいです。
ツーカーさんは美術館も近くにあり、チケットも手に入りやすいようなので
いいですね。

~☆ ツーカーさんへ ☆~
岩合光昭写真展は迫力ある写真ですよね。
ホッキョクグマなど見たことありますが、
さすがプロの写真家と思いました。
大正ロマンの竹久夢二のしなやかな女性の絵画は
男性・女性にも人気がありますよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122817/39908469

この記事へのトラックバック一覧です: 美術館巡り:

« 三家族の食事会 | トップページ | 米寿の祝い »

フォト
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ