最近のトラックバック

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

今年最後の山登り 諏訪山(1207m)

【諏訪山登山】行程表

DO駐車場rvcar→藤岡市→国道462号→神流町→国道299号→rvcar志賀坂トンネル入口手前(志賀坂登山口駐車場)runup諏訪山(谷コース)runup谷・尾根コース分岐runup諏訪山山頂rundown谷コースと尾根コース分岐rundown(尾根コース)rundown志賀坂登山口駐車場rvcar→上野村やまびこ荘(入浴)→下仁田→富岡→rvcarDO駐車場

26日の日曜日、山楽倶楽部の有志7名で、今年最後の登山を行いました。

場所は群馬県神流町(合併前は中里村)の「諏訪山」(1207m)です。

朝7時2台の自家用車で出発。

今日は寒波の襲来で寒い一日の天気予報通り結構寒い。

藤岡市から鬼石経由で国道462号を走り、神流町の万場を経由し、神流町中里で左折し国道299号に入る。途中「恐竜の足跡」の場所を通過し、志賀坂トンネル入口手前の志賀坂口登山口駐車場に8時30分到着。

この登山口からは、谷コースと、尾根コース(共に登り90分のコース時間)の2コースがある。

他の登山口では間物(まもの)登山口もある。

9時準備運動と寒さ対策で少々厚着し、谷コースを上りコースに選び登山開始。

よく整備された登山道は落ち葉が被いかぶさり、その下は霜柱が出来ていました。

登る途中は殆ど周辺の山々を見ることは出来ない。

途中木々の間から、叶山と諏訪山を見ることが出来た。

この山は石灰岩で出来ている山で、セメントの材料として採掘され、トンネルを使って、ベルトコンベヤで秩父市のセメント工場に運ばれていると聞いたことがあります。

やがて視界の開ける場所にたどり着くと、山頂まで20m2分と書いてある標識が建っていました。

ただ実際登ってみると20mは標高差ではないかと思うくらい200m以上歩くと諏訪山山頂に到着。

休み休み登って約75分位で登ったことになった。

山頂からの展望は木々が生い茂り殆ど望めなかった。

山頂には、諏訪山の山頂を示す標識と諏訪神社のお宮が建っていました。

ここで記念撮影。この頃になると日も照らすようになり又風もなく暖かくなってきました。

見晴らしの良い場所で昼食を取っていると、三組の登山者が登って来ました。一組は東京、二組目は長野県、のそれぞれ二人ずれ、三組目は群馬県の5人の登山者でした。

下山は尾根コースを下りました。

結構急な下りで、霜柱等に注意しながら慎重に下山しました。

こちらは約50分程で下山できました。

その後、上野村に行き国民宿舎の「やまびこ荘」で入浴。入浴料は600円ですが、JAFカードがあれば500円に値引きになりました。

加熱をしている温泉でしたが、お風呂も綺麗で満足できました。

その後下仁田、富岡市経由で二時半前に無事帰路出来ました。

今年最後の山登りを楽しんできました。

ブログ友の皆さんこの一年大変お世話になりました。

又来年もよろしくお願いします。

                    【諏訪山全景】

Photo_2 Photo_3

登山状況をデジブックにしてみました。

クリスマス散歩

先日の25日(土曜日)のクリスマスの日に妻と二人で高崎市内を散歩してきました。

最初は高崎市市制110周年の記念事業で行われている、高崎市タワー美術館での「佐久市立近代美術館名品展」を鑑賞。

佐久市立近代美術館は、佐久市出身の由井一二氏のコレクションを中心として、昭和58年に長野県立駒場公園内に開館したそうです。

現在は日本画、洋画、彫刻。工芸、書など幅広い収蔵作品を持ち、現在では2700点を超え、日本近代・現代美術の流れを網羅するコレクションとして知られているようです。

今回は由井コレクションのなかの、日本画を厳選し、「刻ー朝と夜」「生命ー花と動物」「大地ー山と河」をテーマに紹介され、出品リストにある多くの作品が紹介されていました。

又由井氏と特に交流の深かった武者小路実篤作品の特集も企画されていました。

Img364 Img362 Img365

その後数日前にオープンした、高崎駅東口「E’Site」に足を運びました。

駅からはじまるおいしいハーモニーをキャッチフレーズにスウィーツ&デリカ、&ベーカリー等話題の41店舗が高崎駅東口に集結。

丁度クリスマスということで多くの人がケーキの店等に列をなしていました。

我が家でもパステルの420円のプリン等を購入。

更に我が家が利用している、「KALDI」もここに店を出店。以前は30分以上掛けてコーヒー豆を購入していたので、大助かり。早速コーヒー豆を購入しました。

このE’Siteをよく利用したら、確実に体重が増え肥満になってしまうのが心配です。

一応パンフレットからの店を紹介してみます。

Img366 Img367 Img368

Img369_2 Img370_2

Img373 Img372

Img374 

山楽倶楽部 忘年会

山楽倶楽部の忘年会が、今月4日・5日に一泊二日の日程で行われました。

場所は、群馬県渋川市伊香保町の「伊香保グランドホテル」でした。

参加者は、22名(男性15名・女性7名)。

会員の約半数の人が出席。

集合は各自現地集合。

私達夫婦は、飲み会の時いつも帰りに送っていく人に同乗させて頂き3名で行きました。

およそ40分ほどで伊香保町に到着。

すでに到着をしていた人もおりました。

宴会までには時間があり、各自部屋割の部屋に荷物を置きとりあえず入浴。

その後部屋に戻り、6時の宴会時間まで、ビール等で時間を過ごしました。

ここは、伊藤園グループで、本来は夕食も朝食もバイキング形式ですが、特別料金を出すと

宴会場を設けてくれ、和食膳の料理がでました。

もちろん2時間飲み放題です。

各自日頃の疲れも忘れ、今年登った山々の感想を語り合ったりしながら多いに盛り上がりました。

又恒例となっている、ビンゴゲームも行われ、私はボジョレのワインが当たりました。

その後のじゃんけんゲームでは、何と加湿器も当たることが出来ました。

2時間があっという間に過ぎ、カラオケはほんの数曲しか歌うことが出来ませんでした。

その後二次会を私の部屋で行い、ここでも多いに飲み、語り合い、人によっては少し飲み過ぎて部屋に戻るものもいました。

その後何名かはラーメンを食べに外に出たようですが、私は寝ることにしました。

翌朝は、窓からすばらしい日の出も見ることが出来ました。

朝食は、バイキング形式で、和洋の食材がありました。

皆満足をして、それぞれ帰途についたようです。

これで山楽倶楽部の年内の公式行事は一応終了となりました。

  【伊香保グランドホテル】      【宴会時の和食膳】

P1070006_2      P1070040_3          

                     【参加者全員】1_2             

  【二次会】                 【日の出】

 P1070122_4    Photo_3   

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

フォト
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ