最近のトラックバック

« 登山リュック | トップページ | 燕岳登山-2 »

燕岳登山-1

今月の19日・20日に一泊二日で、長野県にある「燕岳」(つばくろだけ)(2763m)に山楽倶楽部の仲間18名と登ってきました。

【行程表】

一日目(19日)

高崎 → 松井田妙義IC → 上信越道 → 更埴JCT→ 豊科IC → 中房温泉駐車場 → 中房温泉登山口 = 第一ベンチ = 第二ベンチ = 第三ベンチ = 富士見ベンチ = 合戦小屋 =合戦沢ノ頭 = 燕岳稜線 = 燕岳(つばくろだけ) = 燕山荘(えんざんそう)(宿泊)

二日目(20日)

燕山荘 = 合戦沢ノ頭 = 富士見ベンチ = 第三ベンチ = 第二ベンチ = 第一ベンチ = 中房温泉登山口 = 国民宿舎「有明荘」(入浴) → 昼食 → 豊科IC → 更埴JCT → 松井田妙義IC → 高崎

Img053

Photo_2

朝5時、24人乗りの中型バスで高崎を出発。天候は晴れ。

松井田妙義ICから上信越道を走り更埴IC経由、長野自動車道で豊科ICから一般道を走行。

中房温泉まで細い山道の道路をおよそ30km弱走る。途中低い岩が道路上に突き出していて、背の低い中型バスまでしか運行が出来ない。中房温泉の4km手前から細い山道の脇に自動車が一杯。

ここからすでに山に向かって歩いてる人達がいました。

我々の中型バスは、やっと通行が出来た。後僅か駐車車両が道にはみ出していたら、我々は中房温泉までバスではたどり着けないで4km多く歩かなければならない程でした。

その理由が判ったのは、8時20分中房温泉駐車場に着いた時でした。

駐車場は、40台ほどの駐車スペースしか無かったのです。

昨日は、多くの人が登山をしているのだと感じました。

8時38分、天候は晴れ。

恒例の準備運動後中房温泉登山口からおよそ5kmの行程である登山開始。

北アルプス三大急登と言われる通り、最初から急坂。

9時17分汗を掻きながらも第一ベンチに到着。多くの人がベンチに腰を掛けていた。

更に急登を登る。

9時55分第二ベンチに到着。

リュックも新しくして、容量(40㍑~55㍑用)も大きくしたしたので、水分や、アルコール類も多く詰め込んだリュックはかなりの重さのためか、ここまでに多くの汗を掻いた。

水分補給しながら登ってきたが、いくらか足の状態が思わしくない。

我慢しながら第三ベンチに向かったが、丁度残り2.4kmの行程の所で両足に痙攣を起こしてしまう。私自身ここから引き返し燕岳登頂を断念しなければならないと覚悟。

幾度となく、山登りをしていたが、痙攣は始めての経験。

本当に足の筋肉が痛い。

思えば、(金曜日17日)にスポーツクラブで、ランニングマシンで5km走り、その後プールで600m泳ぎ400m歩いたのが、影響しているのかと頭の中をよぎる。

足が上がらず、殆ど登れなくなり、一緒の人にマッサージ等して貰い、リュックの中身を少し他の人に分散。

皆に励まされて、登り始める。その内足も回復気味。

12時43分富士見小屋を経て、合戦小屋に到着。

この頃になると足の痛さは殆ど感じなくなる。

この合戦小屋には、中房温泉から、人は乗れない荷物用のロープウェイが来ている。

そのためか名物のスイカを売っている。

一つのスイカを八等分して、一つ800円。一個のスイカが6400円になる計算。

でも冷たいスイカは、大変美味しかったです。

ここで昼食を取り、途中槍ヶ岳や立山連邦を見ながら合戦沢ノ頭に13時40分到着。

ここからは、雄大な燕岳や、本日の宿泊施設の燕山荘を見ることが出来た。

ここから木々がほとんど無くなった山道を燕岳稜線まで更に登る。

14時25分稜線に到着。時間が早いので燕山荘にリュックを置いて、明日早朝登る予定の燕岳に登ることに。

岩肌をむき出した燕岳山頂を目指して、およそ1kmの行程を登る。途中砂地の場所や、がれきの山道を登る。

およそ40分掛けて、15時35分山頂に到着。山頂はさほど広くない。

Photo_3

しかし槍ケ岳、大天井、常念岳、立山連峰をはじめとして360度の大パノラマを味わうことが出来た。

又ここから見える、宿泊収容数600名の燕山荘の大きさに改めて驚かされた。

ここでも記念写真を撮り、およそ30分掛けて、燕山荘に戻る。

ここでは、大ジョッキ1000円の生ビールを妻と頂く。

今日一日の疲れが吹き飛んだような気持ちになりました。

これ以降は、第二弾として、後ほどブログにします。

ここまでをデジブックにまとめてみました。

« 登山リュック | トップページ | 燕岳登山-2 »

登山」カテゴリの記事

コメント

mahoさんへ
天候に恵まれ、楽しい山歩きが出来ました。
ただ痙攣による筋肉痛は本当に痛いものですね。
スイカを食べたりしながらどうにか山頂に着けました。
本当に360度の大パノラマはすばらしかったです。

まが~さんへ
本当に雄大で、又大きな山小屋でした。
デジブック写真選びが結構時間を使いますね。
最近の山小屋は、ヘリコプターを使用するそうです。
後半のデジブック今少し時間をください。

まあちゃんさんへ
新しいリュックを背負った写真撮るの忘れてしまいました。
天候に恵まれ、楽しい山登りが出来ました。
今回初めて夫婦の写真を入れてしまいました。
期待はずれになったと思いますが、今後ともよろしくお付き合いください。

熊のkさんへ
今回はまいりました。
筋肉痛をはじめておこしてしまいました。
痛いものですね。
でもどうにか頂上まで登ってこられました。
天候に恵まれて、楽しい山登りが出来ました。
スイカ少し高かったですが、冷えてて美味しく食べることが出来ました。

かりん∮さんへ
初コメントありがとうございました。
北アルプス三大急登と言われることもあって、筋肉痛を起こしてしまいました。
燕岳は花崗岩で出来ているようで、結構砂地も多かったです。
これから長くお付き合いよろしくお願いします。
かりん∮さんもブログをやっているのでしたら是非アドレスを教えて頂けたらと思います。

ツーカーさん おはようございます

燕岳登頂おめでとうございます、お疲れ様でした。
読みながらどきどき、ワクワク、・・・
到底登れそうにないので気分だけでもと御一緒させて頂きました。
スイカの味も山頂のパノラマの醍醐味も昇った者のみの
御褒美でしょうね。
喜びが伝わって来ました、感激してしまう私は嬉しです、
お疲れ様でした。
続きをお待ち致して居ります。

ツーカーさん、お疲れさまでした。足の痙攣、治ってよかったですね。
デジブックで見せていただいた山の景色、すご~く雄で、生で見ると、きっとド迫力で眼前に迫ってくることでしょうね。
自分ではぜったい、たどり着けない山の大パノラマをツーカーさんのデジブックで見せていただき素晴らしくかったです。
それに山道の標識も、山小屋の大きさにも目新しく驚いてしまいました。
あんなに高い山にあんな大きな建物があるなんて・・・
建設資材はどうしてはこんだのかなあと考えてしまいました。
デジブック後篇期待しています。

ツーカーさん
登山お疲れ様でしたね。
素敵な山ですね燕岳は・・・
つばくろ・・と読むのですね~

登山最初は大変でしたね。
足がよくなってよかったです・・ホント。
やはり日頃から スポーツされてるからでしょうね・・

ツーカーさんは例のリュックを背負って ・・なんて想像していました。

いい思い出ができましたね。
続きを楽しみにしています。

ツーカーさん、こんばんは。

一泊の登山旅行、お疲れ様でした。
お天気に恵まれ、よかったですね。
出発から到着までの全行程を、デジブックで楽しませていただきました。
スイカはさぞ美味しかったことでしょう。
私も山登りは好きですけど、この齢ではもう無理になりました。
いまでは、みなさんのお話や写真を見せていただくのが楽しみです。

こんばんは~初めまして かりん∮と言います。これから~年齢を重ねるに従って色々な山に登ってみたいなぁ~!と思っている者です。あまり大したコメントは、出来ませんが よろしくお願いします。(*^-^)
燕岳~岩肌が石灰のようで綺麗な山なんですね。登ってみたいです。
デジブック観させて頂きました。お天気も良く山頂からの眺望も素晴らしかったようで良かったですね!生ビールの美味しさが想像つくようです。(v^ー゜)
又、奥様と趣味が同じというのが羨ましいです。夫婦仲睦まじくていいですね!

ミミさんへ
新しいリュック背負った写真を撮っておけばよかったと思っています。
スイカは冷たくて値段も高価のせいか大変美味しかったです。
一歩一歩足を前に出しておくと登れるものですよ。

異邦人さんへ
一時は、筋肉痛で登頂断念と思わず口に出したくらい痛かったです。
での皆の助けを借りて登頂できよかったです。
又天候にも恵まれ、燕岳からは、槍ケ岳や360度の山々が見えて大変満足できました。

ツーカーさん こんにちは
青いリュックの初登山ですね。
すばらしい雄大な景色をデジブックで拝見しました。
登ってみたいけど、私は絶対に無理だと思いながら行程を見させてもらいました。
スイカは、下では絶対買わない値段だけど、
山に登ったら私も絶対食べたくなるだろうと思いました。
疲れた身体に美味しかったでしょうね。

~☆ ツーカーさんへ ☆~
新しいザックで少々荷物が多めだったのではないでしょうか。でも途中から快復して良かったですね。
燕岳は異邦人も登りましたが、急登で燕山荘へ着いてからも右側に聳えているんですよね。燕岳は石灰岩のようで滑りやすく登りづらかったのを覚えています。でも天気も良く景色は槍ヶ岳などみえて最高ですよね。(^ε^)♪

ねこおばさんへ
おはようございます。
大きめにしたリュック少し詰めすぎて、筋肉痛を起こしてしまいました。
それにしても、天候に恵まれ、燕岳をはじめとして、周辺の山々の雄大さには驚きと感激に浸ることが出来ました。

スーさんへ
おはようございます。
燕岳のマッサージ本当に助かりました。
大きくなったリュックに少し詰め込みすぎたようです。
天候にも恵まれ、雄大な景色を眺望でき、素敵な登山になりました。

新しいリュックが青空に映えてますね。
山の風景って、本当にきれい。
山に登ってみたいけど、可能性のうすいねこです。
ツーカーさんのおかげで、自分で登って見てるみたい。
デジブックを見るのが楽しみです。
燕山荘の大きさにはビックリです。
そして、6400円のスイカにも!

燕岳では大変お世話になりました!
雄大な景色の中で過ごした二日間!楽しく充実したものでした
やっぱり山はいいですね~
合戦小屋での今年最後のすいかも身体にしみる美味しさでしたね
ツーカーさんのNewリュック!素敵な色でしたよ~
大きいリュックだと安心してつい詰めすぎちゃいますよね...
第二弾も楽しみにしています...

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 燕岳登山-1:

« 登山リュック | トップページ | 燕岳登山-2 »

フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ