最近のトラックバック

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

都の水源地の道を歩く

8月22日(日曜日)に山楽倶楽部の登山が行われました。

行き先は、山梨県甲州市と埼玉県秩父市の境界にある「笠取山」(1953m)の分水嶺まででした。

参加者は、この暑さのためか、本来申込者が24名でしたが、当日体調不良の不参加等があり19名でした

【行程表】

高崎→高崎IC→関越道→圏央道→中央道→勝沼IC→国道411号→柳沢峠→落合→一ノ瀬高原→作場平口駐車場→登山口→一休坂分岐→ヤブ沢峠→笠取小屋→分水嶺→笠取小屋→作場平口駐車場→大菩薩の湯→国道140号→雁坂トンネル→秩父市→花園IC→関越道→高崎IC→高崎

朝5時高崎を出発。天候は晴れ。関越道・圏央道・中央道は比較的空いていました。

勝沼ICを降り国道411号に入り大菩薩嶺入口との分岐を経て柳沢峠経由し一ノ瀬高原入口を左折。

ここから24人乗りの中型バスがやっと通れる林道をゆっくり走る。

途中枝が張りだしていて、バスに当たる。

山梨県側から東京都側に入ると車幅も少し広くなり又舗装もよく整備されている。

約3時間30分予想より大分時間をオーバーして、8時26分作場平口駐車場に到着。

ここは、30台くらい車が駐車できるスペースと綺麗な公共トイレが整備されていました。

朝4時に登り始めて、笠取山を登ってきたという夫婦二人が降りてきました。

8時45分作場平登山口を出発。

綺麗な水が流れている沢をまたぐように、簡単な木橋が何本もありました。

9時20分一休坂分岐に到着。

9時35分ヤブ沢到着。

10時20分ヤブ沢峠到着。

10時45分笠取小屋到着。

暑さを覚悟しての上りであったが、比較的なだらかな上りと、木々の中を登ったためか、さほどの暑さは感じなくここまでたどり着きました。

ここにも綺麗な公共のトイレが設置されていました。

ここは民有地だと、土曜日・日曜日オープンしている小屋の主人から教えられる。

一部の人が、少し遅れて到着。

ここで昼食を取る。

この時点で時間が思ったより掛かったので笠取山山頂登山中止を決定。

11時30分笠取小屋出発。

11時44分分水嶺に到着。

ここでは、降った雨が、荒川・多摩川・富士川と別れる運命の場所となっている。

ここから笠取山まで往復で1時間半以上の行程の急登の笠取山がはっきりと見られた。

その脇には、黒い雨になりそうな雲が出てきました。

今回は、バスの行程時間が思ったより掛かったため、目の前に見える笠取山登山は諦め、ここで引き返す。

笠取小屋からは、登ってきた比較的緩やかな坂ではなく、やや急な坂を下り、一気に一休坂を経て、作場平登山口まで降りる。

14時作場平登山口到着。

ここから今朝来た車道を走り、恒例の日帰り温泉の「大菩薩の湯」入浴料(600円)に入浴。

帰りは、塩山から国道140号経由で雁坂トンネル・秩父市・花園IC・関越道を使い高崎に19時20分到着しました。

Photo

これらをデジブックにまとめてみました。

我が家の庭

お盆真っ盛りの中、ここ数日は比較的暑さも和らいだのですが、今日は又暑さがぶり返しています。

午前中は、ボランティアで法面の草刈りに2時間ほど行って来ました。

さすがに本日の参加者は普段に比べると少なかったです。

我が家の庭も先日芝刈りを行いました。

その綺麗になった芝の脇には色々の花が咲いています。

特にお盆に合わせるかのように今年も真っ白な色のサギ草が咲き始めました。

又ミニトマトやゴーヤも収穫時期を迎えています。

そんな中早くから咲いた、フウセンカズラは一部の風船のような形をした物が、茶色く変色し種を持ってきています。

こんな我が家の庭をデジブックにしてみました。

高崎まつり 山車&神輿

高崎まつりのの一日目が、花火で賑わえば、二日間に渡って山車と神輿渡御でも賑わいます。

Img240_edited1

今年は市制110周年の記念ということで、市内に保有されている山車38台が全部参加されました。

Img242_edited1_3 Img241_edited1_3

例年は、半数ずつが交代で参加しています。

各町内では、一ヶ月前から、毎晩子供達にお囃子の練習が各町内で始まります。

私も以前は山車のある町内に住んでいたので、この時期になると各地区から聞こえてくる

練習の太鼓の音が気になります。

今年は、土曜日は、花火、日曜日に町に出掛けました。

各町内から山車が集合場所へと親子に引かれながら町の中を巡行していました。

高崎市役所の脇にある「もてなし広場」にいってみると、はしごを使った演技やちんどん行列も行われていました。

神輿渡御もここが出発点で各神輿が気合いを入れあっていました。

P1050227_2

午後2時にお祭りがスタートしました。

普段は自動車で混雑している道路がメーン会場になります。

歩道上は、露天の店で一杯です。

各場所で、それぞれのテーマの会場に変心していました。

これらの様子をデジブックにしてみました。

高崎まつり 花火

8月7日(土曜日)・8日(日曜日)の二日間に渡って「第36回高崎まつり」が行われました。

晴天に恵まれ、暑い中のお祭りとなりました。

特に今年は、高崎市、市制110周年と記念するお祭りでした。

そのため各種の催しが企画されたようです。

和太鼓・創作だるまみこし・阿波おどり・神輿渡御・山車・花火等々。

P1050223

一日目の夜は、恒例となっている打ち上げ花火です。

市中を流れる烏川の河川敷から打ち上げられるおよそ15000発の花火。

日中とはうって変わって、河川敷には程良い風が吹き涼しい感じがしました。

スターマインをはじめとして、創作の花火(ハートやひまわり等)大変華麗な花火を楽しませて頂きました。

これらをデジブックにしてみました。

校区のまつり

先日の7月31日と8月1日の二日間校区のお祭りが行われました。

今年で26回目のお祭りです。

最初の頃は、役員をやったりして、忙しい時間を過ごしていましたが、近年は一住民として、お祭りを楽しんでいます。

今年は例年になく暑い中でのお祭りとなりました。

子供神輿などは、汗を一杯に掻いて、子供達が担いでいました。

ついつい見とれてしまって、写真を撮るのを忘れてしまいました。

この祭りのメンイベントはなんと言っても二日目の夜に行われる花火大会です。

例年は、よく雷雨を気にしながらの花火大会でしたが、今年はその心配もいらない天気でした。

7月25日には、お祭りの準備で、中央公園の草刈りにボランティアとして参加した中央公園には、露天の店も出たりし、花火大会を楽しむ家族連れの浴衣姿の人達も多く集まって殆ど埋め尽くされ約40分程スターマインをはじめとして、多くの打ち上げ花火に歓声が上がりました。

この花火大会の様子をデジブックにしてみました。

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

フォト
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ