最近のトラックバック

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

山楽倶楽部 宿泊登山 安達太良山

山楽倶楽部恒例の宿泊登山が9月20日・21日の両日に行われました。

今年は、一日目が、福島県と山形県の県境にある「西吾妻山」2035m。

二日目が、「安達太良山」1700mの山行をする事に。

両方とも日本百名山である。

今回は、二日目の安達太良山を記事にしてみました。

二日目

メンバーの中には、早朝周辺を散歩し小野川湖周辺まで足を伸ばした人もいました。

朝食は本来8時なのですが、無理を言って7時からにして頂きました。

7時50分ペンションを出発。一般道を走り奥岳登山口に9時に到着。

すでに駐車場には多くの車が駐車していました。

いくつもの登山コースが記された標識がありました。、

ここからあだたらエキスプレスで約10分ほどの空中散歩。(片道900円)

山頂登山口には皇太子同妃両殿下が登られた記念碑が建っている。

この為か非常に整備されていて木道の道が続いていました。

5分ほどで薬師岳に到着。ここからは青空の中、安達太良山がよく見え、山頂が乳頭山の様に見えました。

又智恵子抄で有名な「この上の空がほんとの空です」の標識も建っていました。

ここから木道をしばらく歩き、やがて紅葉の木々の中を更に登ると、やがて安達太良山が見えてくる。

乳頭の形に見えた安達太良山山頂は、多くの人達で賑わっている。

ここからは、306度の展望が開けていて青空の下に雲海があり、その雲海の上に突き出ている周辺の山々を見ることが出来た。

ここで恒例の記念写真を撮るが、多くの人達がいて、苦労しながらの撮影となった。

ここから少し下ったところに安達太良山山頂の標識が建っているが、何か拍子抜けしないでもなかった。

この付近で事前にペンションに依頼して於いたコンビニのおにぎりと、厚焼き卵、唐揚げの入った(290円)美味しいお弁当の昼食を取る。

本来ならここからくろがね小屋経由で周回下山する予定であったが、時間の都合上来た道で下山することに変更し、1時に奥岳登山口に到着。

ここからバスで岳温泉の福島保険福祉センター「ヘルシー・パル二本松」で入浴(500円)

2時55分当センターを出発。二本松ICから東北自動車道を途中渋滞しているが西那須野まで走り一度降りる。(通勤割引利用のため)

Img074_2

ここから国道4号の一般道を走るが、こちらも渋滞。矢板ICから再び東北自動車道で佐野ICまで走る。途中も一部渋滞していたが、9時30分事故もなく無事高崎市に到着。

山楽倶楽部恒例の一泊二日の山行を晴天に恵まれ無事終わることが出来ました。

この二日目の安達太良山山行をデジブックにしてみました。

山楽倶楽部 宿泊登山 西吾妻山

山楽倶楽部恒例の宿泊登山が9月20日・21日の両日に行われました。

今年は、一日目が、福島県と山形県の県境にある「西吾妻山」2035m。

二日目が、「安達太良山」1700mの山行をする事に。

両方とも日本百名山である。

今回は、一日目の西吾妻山を記事にしてみました。

参加者は25名。(男性12名・女性13名)

32名乗りのバスを使用。

Img073

【一日目】

高崎市を4時に出発。北関東自動車道で太田桐生IC経由佐野ICから東北自動車道を利用。

途中、通勤割引を使用するため、西那須野ICで一度降りETCを交換し再び東北自動車道で郡山JCT経由磐越自動車道の猪苗代湖磐梯高原ICで降り五色沼を経てグランデコスキー場に8持40分到着。渋滞を心配していたが、まずは計画通りに到着。

9時晴天の青空の中グランデコスキー場のパノラマゴンドラで15分空中散歩を行い山頂駅に到着。(乗車券往復団体割引で1300円)。

9時25分登山開始。一部紅葉が始まっていました。途中噴火の山であるためか石が多く歩きにくく又殆ど上り。途中はかなり急登の所もありました。

しかし青空と紅葉の中を歩けて皆汗を掻きながらも感激。

11時25分西大嶺山頂(1982m)に到着。すでに多くの登山者が居た。

ここからの展望はすばらしい。

ここで昼食を取り、記念写真も撮る。

ここから西吾妻山に向かう。

紅葉が始まっている稜線を下ったり登ったりしながら、13時に西吾妻山2035mに到着。

ここは、展望はない。

ここでも記念写真を撮り、すぐに今来た道を引き返す。

途中草紅葉のきれいな木道を歩き避難小屋の吾妻小屋に寄りトイレを利用する人も。

帰りの西大嶺の上りは結構きつく感じる。13時50分

ゴンドラの関係(最終が16時)ですぐに下山を始める。

15時30分ゴンドラ駅山頂に到着。

16時40分本日の宿泊先である裏磐梯高原の「ペンション小野川湖」に到着。

オーナー夫婦が出迎えてくれる。

周辺には何軒ものペンションが建っている。

ここのオーナー夫婦は、高崎市出身で本日の同行者の中に親族が一緒に参加している。

本日は、我々だけの貸し切りとなっていた。

時間があるので、近くの露天風呂「香り湯」(宿泊者割引600円)で入浴。

施設的には、いまいちの感があるが、結構趣のあるお風呂で、多くの人が入浴していた。

7時から夕食。洋食のディナーを頂く。各料理も大変美味しく頂くことが出来た。

貸し切りのため、明日のことも考えず、皆宴会が盛り上がり、高崎からのビールやワインの差し入れもあり多いに盛り上がった。

途中、オーナーから今月下美人が開花し始めたとの話があり、皆がその状況を見に行き開花状況を見ながら、感激の声を上げた。

二次会も多いに盛り上がり、明日の安達太良山に期待を弾ませて、皆深い眠りにつきました。

この一日目をデジブックにまとめてみました。

子持山

6日の日曜日群馬県渋川市にある「子持山」1296mに登ってきました。

参加者は12名(男性7名・女性5名)。

自家用車3台に分乗。

朝6時現地出発。

国道17号を走り渋川を過ぎて、沼田方面に向かい、途中から子持山方面に左折。

子持神社の赤鳥居を通過し、狭い林道を走り7号橋の駐車場に7時頃到着。

駐車場は舗装整備されていて広く10台以上は充分駐車可能。

更に簡易トイレも設置されています。

準備体操の後、7時20分登山開始。すぐ子持神社の奥の院を通過。

登山道は、最初は階段状に整備されているが、下が濡れていて、滑りやすく歩きにくい。

岩陰に小さな赤鳥居があった。

ここからが本格的な登りとなる。

岩が露出していたり、落ち葉が濡れていて歩きにくいうえ、勾配がきつい。

大汗をかきながら林の中を一歩一歩慎重に登ること約1時間10分程で獅子岩に到着。8時30分。

以前来たときは、私は高所恐怖症の為、獅子岩に登らなかったが、今回は挑戦をしてみることに。

鉄鎖の梯子を登り更に鎖のロープをトラバースし、次の鎖で更に登り獅子岩山頂に到着。

少し霞が掛かっていて、本来なら見えるはずの浅間山・浅間隠山・男体山・白根山等の山々を見ることが出来なかった。

でも関東平野の中を流れる利根川の川筋などの絶景を目にすることが出来ました。

ここから更に岩場でロープの設置を利用しながら、急坂を登ったり、尾根の稜線を歩く。

9時50分、柳木ケ峯の分岐点に到着。ここには石祠が設置されてある。

ここを過ぎると僅かで山頂に到着ですが、ほんの僅かな距離ですが、最後の急登が待ちかまえています。

ロープに捕まりながら前衛岩峰を経て10時10分山頂に到着。

山頂は、平らで比較的広い。一等三角点や方位盤・山名板等が設置されています。

景色は、東側が開けて足尾方面の山々を見ることが出来ます。

ここで昼食と休憩を充分取り下山。

柳木ケ峯の分岐点まで下りここからは、登りのコースから分かれて、落ち葉の中の急坂をロープ箇所や、木の根をつかみながら、慎重に下る。

これが神経を使って、結構疲れる。

しばらく急坂を下ると沢が見えてきて、沢沿いに添って下る。沢の水は結構冷たかった。

12時近くに出発点の駐車場に到着。

感想としては、結構タフな山であった。

Img068

その後道の駅「こもち」に立ち寄り、すぐ近くの白井宿を見学し帰路。

恒例の日帰り入浴は、無く解散後スポーツクラブで入浴を行った。

これらをデジブックにまとめてみました。

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

フォト
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ