最近のトラックバック

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

校区の夏まつり

 先日26日の日曜日に平成21年度の「校区の夏まつり」が行われました。

校区は城山小学校の通学地域の城山町一丁目・二丁目・見晴台団地から成り立っています。

夏まつりには各家庭から祭典費として毎月徴収をしています。

当日は、午前中は快晴に恵まれ、子供神輿二台が町内を練り歩きました。

結構暑かったので、子供達は大変だったと思います。

メーン会場である中央公園では、トラック使用のやぐらが組まれ、その周辺では盆踊りや地元の有志が作るバンドが演奏を行いました。

夕方からは各家庭に配られている引換券で焼まんじゅう・味噌おでん・フランクフルト等を頂けることになっています。

町内の各種団体やPTAの人が焼いたりしています。

午後三時頃になりましたら、にわかに雲行きが怪しくなり雷雲と共に強い雨が降ってきました。

その雨も六時頃には上がり、いよいよ団地恒例の花火大会が行われることに。

浴衣に身を包んだ子供ずれの家族やその親戚の人達がビールやつまみ等持参で、中央公園へと集まってきます。

中央公園には、色々の露天の店も建ち並んでいました。

雨で公園の地面は濡れていましたが、椅子やシート持参で恒例の子供花火の頃には、

人、人で大賑わい。

午後7時半打ち上げ花火開始。

およそ40分近くのスターマインを始めとし、形の変わった花火が打ち上げられる度に

住民から歓声や拍手がわき上がった。

こうして今年の夏の夏まつりも無事終わることが出来ました。

校区夏まつりの一日をデジブックにしてみました。

コメント数1000回達成 ありがとうございます

7月21日午前10時19分の拓隊長さんへの私からの「車山高原を歩く」のコメントの返事が丁度コメント数1000回を迎えることが出来ました。happy01

思えばブログを始めたのが、2006年6月26日の「お庭の掃除」でした。

その当時は、コメント数(0)でした。

5回目の2006年7月24日の三家族食事会で初めてコメントを頂きました。heart04

その方は今もよくコメントしてくださるスーさんでした。

コメントの出だしは、「テンプレートかえたのですね」からでした。

それから今年の6月26日でブログも四年目に突入。

ブログ件数もその時丁度150件となりました。

そして今回コメント数1000回になりました。

この間多くのブログ友を得ることが出来ました。mailto

これも皆様のご協力があったからだと感謝しています。happy01

これからもよろしくお願いします。sign03

楽しい仲間との食事会

20日の祝日(海の日)にスポーツクラブの仲間7名で、食事会を行いました。

年に数回このメンバーで食事会を行っています。

従来は料理屋で食事会を行っていました。

今回私が、定年退職をしたことでもあり、一名の方が再就職した記念に初めて自宅での食事会を企画しました。

本来は庭でバーベキューと思っていましたが、数日来の暑さと周辺への配慮、また夕方の企画でしたので、蚊の心配もあり部屋でやることにしました。

妻は前日から仕込み。

特に今回は、熱い料理を少なくし冷たくても食べられる物を多くしました。

焼き豚・きんぴら&枝豆&いんげん・エビチリ・野菜サラダ・餃子・キャベツメンチ・お刺身・ナスの煮侵し、ソバ等を作ることに。

結構テーブル上は賑やかに盛りつける事が出来たようです。

ビールから始まり焼酎・日本酒を男性4名で多いに飲むことが出来ました。

女性は、酒が飲みたくても運転の関係と全然アルコールは駄目な人がいてウーロン茶を飲みました。

料理と酒が進むに連れて色々の会話で時間の経過も忘れるくらい多いに盛り上がる事が出来ました。

妻の力作の料理を順に追ってデジブックにしてみました。

車山高原を歩く

【コース】

車山肩→車山山頂→夫婦岩→蝶々深山→物見岩→八島ケ原湿原→沢登→車山肩

梅雨が明けた15日(水曜日)に長野県の霧ヶ峰にある車山高原に行って来ました。

前から計画はしていたのですが、今ニッコウキスゲが見頃なのではと思い立ち、前日の天気予報で明日は晴で実行することに。

久しぶりの妻と二人だけの山登りになりました。

朝5時に自家用車で出発。松井田妙義ICから佐久ICまで上信越自動車道を使用。

ETC使用の割引で550円。

ここから望月を経て白樺湖を経由し霧ヶ峰ビーナスラインを走る。スカイライナーやスカイパノラマのある車山高原入口を通過し、途中富士見台の駐車場から富士山を眺望し写真を撮る。外気温16度。肌寒く感じる。

そこからほんの僅か走ると今日の登山口「車山肩」の駐車場に到着。

もうかなりの車が駐車している。ここまで約2時間の走行。

外に出ると風も強く寒い。ウインドブレーカーを着込んでニッコウキスゲ群落を歩き出す。

登り始めはニッコウキスゲが咲き誇っている。しかし登るに連れて、まだ2~3分咲きに変化していく。

途中「貴方の践み跡から緑が消えます」の警告の看板が立っている。脇を見ると地肌の見える緑が消えた場所がある。恐らく雨の時に作ってしまった道であろう。

更に足を進めると車山山頂(1925m)に到達。空は青空と雲が美しい情景を作っているが、風が強く立っているのがやっと。山頂には気象レーダ^観測所が建っている。強風のためか冬はスキー客を運ぶスカイライナーとスカイパノラマは運行中止のようだ。

天候に恵まれ、360度の展望が開け、富士山を始めとして南アルプスの仙丈ヶ岳・北岳・甲斐駒ヶ岳・鳳凰山や中央アルプスの木曽駒ヶ岳・木曽御岳山更には美ヶ原等が見ることが出来ました。

又青空と様々な形を作っている雲とのコントラストも楽しむことが出来ました。

ここからは、草原の中、下り坂や平坦の道を歩く。途中可憐に咲く山野草を撮りながらゆっくり歩く。

夫婦岩を見ながら通過する草原では、気持ちよい風に変わり半袖で歩くことが出来た。

丁度生徒の団体と一緒になり物見岩では休憩出来ないくらいの人混みのため、八島ケ原湿原へと急ぐ。

ここは八島ケ原湿原を眼下に見ながら多少の急坂のため注意しながら歩行する。

途中小川のせせらぎを聞きながら八島ケ原湿原に到着。

ここで昼食を取る。

そこに先程の生徒達が到着。女性一人が足を捻ったか、両脇を先生に抱きかかえられ降りてきました。ただドクターも同行していて、テーピングをしていました。

ここまでは、車が入ってこられるので、連絡を取っているようでした。

生徒達は、八島ビジターセンターに向かって行きました。

私達は、一部車の走れる道を歩きました。

途中で生徒を乗せるであろうワンボックスカーに出会いました。

この頃になると気温も上がりかなり暑くなってきました。

汗を拭きながら沢登に到着。

ここから車山肩までは、本日最大の急坂を登る

登り切ると再びニッコウキスゲ群落が迎えてくれました。

車山肩は多くの人で賑わっていて、美味しいアイスクリームを食べ、無事に帰ることが出来ました。

車山高原の一日をデジブックにしてみました。

山楽倶楽部 納涼会

先日の(12日)日曜日に山楽倶楽部恒例の「納涼会」が日帰り温泉施設の「湯都里」で行われました。

今回の参加者は、各家庭の都合等もあり、15名と少なくではありましたが、逆にみんなの顔が近くに見ることが出来、殆どの人と会話をする事が出来ました。

宴会の前に入浴を済ませ(宴会料金に含まれている)、ある人はあかすりのプランで普段のアカを落としてさっぱりした気分で、参加した人もいたようです。

宴会後は、同施設内にある「カラオケルーム」で二次会を行い、本日法事で参加できなかった、我が山楽倶楽部の人気者スーさんも参加してくれて、時間の経つのも忘れて、皆カラオケで楽しみました。

又一部の人は、これに先立ち恒例のボウリング大会を行いました。

私も、恵さんも参加し、おかげさまで参加者中私が二ゲーム合計が最高点となりました。

我が家に咲く花 (7月上旬)

今年は、久しぶりに本格的な梅雨を経験するように雨や曇り空といった、日々が続いています。

こんななか、我が家の花は例年通りに咲いてくれるのか心配でしたが、7月に入っても多くの花が咲いてくれました。

これらをデジブックにしてみました。

映画鑑賞 「劔岳 点の記」

先日(6月下旬)久しぶりに妻と映画鑑賞に行ってきました。

映画は 新田次郎原作、木村大作監督、浅野忠信主演の「劔岳 点の記」でした。

Img023

イオンモール高崎の中の「イオンシネマ高崎」で上映されていました。

イオンシネマ高崎は10の上映する劇場を備えています。

当日は通常1,800円の処、レディースデイの日で女性は1,000円、又私は60歳以上でいつでも1,000円で入場が出来る事が判りました。

それで何か得した気分になり、浮いた費用で、ランチを食べてしまいました。

多少山登りをしている夫婦にとっては、どんな山の映画か、景色はと興味をそそられる映画でありました。

内容は、明治40年、陸軍参謀本部陸地測量部が陸軍の威信と日本地図完成のため、最後の空白地点である劔岳(2999m)への日本初の初登頂と測量を同時期創設間もない最新の登山道具を揃えた日本山岳会の劔岳登頂計画のプレッシャーの中、行った記録を映画化したものでした。

映画は、三千メートル級の立山連邦で、百年前に実際に測量隊が三角点を設置した山々を忠実に登り再現し、現在よく撮影に使用されている技法のCGや空撮を一切使用しなかった映像は、二年間の歳月を費やし、リアルティーに富み立山連邦の四季折々の美しも厳しい自然、そこに挑む人間の慎ましきたたずまいさの「山の厳しさの中に美しさ」を表現して見せてくれました。

特に月山から劔岳を望む映像の景色は、絶景でした。

私自身、劔岳は未踏の山ですので是非一度登ってみたい気持ちに駆られましたが・・・・

今でも最難関と言われる劔岳なので、私の技量では無理かなと思っています。

Img025_2 Photo Photo_2 

緑のカーテン

5月15日にゴーヤの苗を購入して、緑のカーテンを作り、ゴーヤの実を成らせてゴーヤチャンプル等のゴーヤ料理を食べるという一石二鳥の目的で始めたゴーヤの育成が今日初めて実に結びました。

ゴーヤが一本取れゴーヤチャンプルを作って食べました。

少し苦みが強い感じのゴーヤチャンプルでしたが、美味しく食べることが出来ました。

そこでプランター植えた苗からゴーヤが取れゴーヤチャンプルにいたるまでの過程をデジブックにつづってみました。

我が家の庭の今

7月に入り梅雨の影響を受けています。

雨が時には、強く降ったり、弱くなったりして降っています。

一部九州地方では、豪雨になっているようです。

そんな中雨で充分水分を吸った我が家の庭では、ゴーヤを始め、シダルシア、ゼラニュム、ムラサキシキブ、サンテェ、リヤトリス、ムクゲ、ユリ、バラ等が咲き草花や芝が生き生きとしています。

先日芝刈りも行い綺麗な芝に生まれ変わりました。

又友人から「めだか」を頂き我が家にあるカメの中で生き生きと動いています。

又トマトも赤くなり、収穫できました。

ゴーヤも大きくなりあと数日で収穫、念願のゴーヤチャンプルを頂けると確信してます。

ただゴーヤの花が沢山咲くのですが、直ぐ花が落ちてしまいます。

少し心配でもあります。ただこんなに花が咲き全部が実になったらゴーヤ自身

身が持たないだろうなと自助努力を行っているのかなと自分に言い聞かせています。

以下我が家の庭の今の現状を写真で紹介してみます。

P1000690 P1000691 P1000579

P1000559 P1000560 P1000562

P1000577 P1000695 P1000535

Photo Photo_3 P1000694

Photo_4 Photo_5 P1000572

P1000569 P6140037 P1000687

P1000578 P1000696 P1000697

【ゴーヤの花の落下・ツルが黄色・虫が花に受粉】

P1000701 P1000703 P1000706   

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

フォト
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ