最近のトラックバック

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

白根山から芳が平

昨日、友人五名で群馬県草津町にある、「白根山から芳が平」迄をハイキングしてきました。

前日の夜八時頃友人から明日は天気がよいので、「白根山から芳が平」のハイキングに行きませんかとの電話を頂いた。

Img037

本来なら、21日に「平標山から仙ノ倉山」に登るはずが雨のため中止となり、

Img041_2 

少し欲求不満気味であったので、直ぐ参加の返事を行う。

当日は、天気予報通り晴天。まずは四名で草津まで車を走らせ、草津で一名合流し五名で白根レストハウスを目指す。

白根レストハウス駐車場には、観光バスも含め、多くの車がすでに駐車中。

ここは、本白根山にも登る駐車場となっています。

現在、白根山が火山活動の活発化で湯釜までの登山道が立入禁止になっていました。

P1000599

我々は、白根山の周辺片道一時間強の「芳が平」に行くので、通行禁止にはなっていませんでした。

行きは殆ど登りの無い下り坂で、時折吹く心地よい風を感じ、残雪を横に見ながら、会話に話が弾みました。

P1000601 P1000603

途中では、津南町の男女の生徒が走ってきて我々を追い抜いて行き、途中で芳が平で折り返してきた同じ生徒が、レストハウスに向けて走って行きました。

P1000613

しばらく行くと芳が平ヒュッテの赤い屋根が見え、しばらく歩くとヒュッテのある芳が平湿原入口に到着。

P1000608

このヒュッテでは、三匹の犬が我々を出迎えてくれた。

我々は、ここのキャンプ場に荷物を置き芳が平湿原を歩く。

この湿原は、木道が設置されていて、一周出来るようになっております。

P1000646

周辺には、新緑の美しさと共にワタスゲが咲いていました。

Photo_2 

又幾つかの沼があり親子のカモが連れ添って木道を横切ったりしていました。

P1000644_2 P1000640_2

先程のキャンプ場に戻り昼食を取りました。

中には、キャンプする集団がテントの設営をやっていました。

帰路は、今度はだらだらとした登り坂です。脇には、クロマメノキ・ミネヤナギ・ツマトリソウ・イワカガミ・コケモモ・ナナカマド 等の花が、咲いていました。

Photo_3 Photo_4

P1000662 Photo_6

Photo_7 Photo_8

特にミネヤナギの花に綿のようなものが周辺に付いている情景は初めて目にしました。

途中サイクリング車を時折押して坂道を登っていく人とすれちがったりし硫化水素危険地域の看板も目にしながら、レストハウスに戻りました。

P1000678

それから、今日参加者の中に草津町にマンションを持っている人がいて、そこの温泉に浸かって疲れを癒してマンションの部屋でビール等のもてなしを受けました。

P1000679

この日私は、6時からいつものの仲間達との飲み会が行われることになっていましたので、山登りの仲間が気を遣ってくれ、早めに帰宅出来、楽しい飲み会にも遅れずに参加できました。

ブログ4年目に突入

夫婦別々でブログを始めたのが、2006年6月26日でした。

それから昨日で満3年を経過し、今日から4年目に入りました。

その間私の記事数は149件コメントは895件にもなりました。

ブログを通じて多くの人と知り合え、又ブログの操作方法や写真の写し方等多くのことを教えて頂き、勉強になり、毎日の励みとなっております。

今では、私の生活の一部として、ブログが重要な部分を占めています。

この4年目のブログの書き込みが、偶然ですが、150件目ともなりました。

これからも、気負い負けすることなく「ひとりごと」の気持ちで、続けていきたいと思っています。

皆様今後もよろしくおつき合いお願いします。

我が家に咲く花

梅雨に入り毎日すっきりしない日が、続いています。

ここ数日は、雷雨で時には強い雨が降ります。

そんな中我が家の庭では、ユリを中心として菖蒲・ベコニア・ペチュニア・アスチルベ・ゴーヤ・ミニトマト・ブーゲンビリヤ等の花が咲いています。

P1000298 P6140032 P6140037

P1000536 P1000425 P1000491

P1000533 P1000542 P1000544

P1000432 P1000538 P1000429

P6140039 P1000540  P1000437

再び 花菖蒲

6月13日土曜日、夫婦で再び花菖蒲の綺麗な所へ行って来ました。

場所は、伊勢崎市の赤堀の国指定遺跡女堀にある花しょぶ園です。

P6130029 Img002 Img003

今日は梅雨の中休みの晴であったためか、大変蒸し暑い日になりました。

当日、各種のイベント(ブルーベリー苗木・花しょうぶ無料配布、野点、琴演奏、伊勢崎市物産展、ダンスショー、農産物直売)が用意されていました。

早い時間帯のためか、駐車場(駐車代金300円)には観光バスも止まっていましたが、まだ少し余裕がありました。

花しょうぶ園には、すでに多くの人でにぎわい、カメラや、携帯電話で写真を撮る人を多く見かけました。

先日の浜川運動公園とは、規模が違い広い面積に多くの花しょうぶを見ることが出来ました。

P1000510 P1000502

P1000504 P1000512

P1000518 P1000497

P1000503 P1000516 

又、この時期やはりあじさいも綺麗に咲いていました。

P1000492

イベント会場で、野点の抹茶とお菓子を頂き、又300名の人に花菖蒲を無料配布で、多くの人が並んでいてダメだと思ったら整理券番号が294番と295番で花菖蒲を頂いて帰ることが出来ました。

P1000522 P1000528

P6130031  P1000531

花菖蒲

 先週ある日の午後、我が家でも菖蒲が花を咲かせているのを見た妻が、近郊に花菖蒲の綺麗な場所があるので、行ってみたいとの申し出があり、私はこの時期としては、初めて妻と行って来ました。

我が家から15分くらいの場所にある、市内の浜川運動公園です。

広い駐車場の中では、休息を取っている人と、芝生の広場では小さな子供を連れた妻、数人が談笑し小鳥達もいました。

P1000484_4 P1000485_2 

P1000489_3 P1000490_2 

この情景を見ながら散歩道を歩いていくと「御布呂が池」に付く。

P1000483_3   

突然視界が広がり池を取り囲むように花菖蒲が咲き乱れ赤い橋の近くには、紫陽花も咲いていました。

P1000444 P1000450

P1000451 P1000453

P1000476 P1000475

P1000459 P1000461

P1000463 P1000464  

池には鯉も泳いでいて、花菖蒲の鑑賞に来ていた多くの人達も大きく成長し、悠然と泳ぐ鯉に歓喜の声を上げていました。

デイサービスの人達、写真を撮る人達、ゆっくり花を楽しみながら語らいを楽しむ人達で、賑わっていました。

P1000466_2 P1000480_2

この公園の脇に流れる川では、やがてホタルの里としての時期も迎える事となっています。

南月山 (1775m)

【栃木県那須連山 「南月山」往復】

那須ロープウェー駅駐車場→那須登山口駐車場→那須岳登山口→峰の避難小屋→牛ヶ首→南月山山頂→牛ヶ首→ロープウェイ山頂方面→那須岳&峰の避難小屋方面→那須岳登山口

Photo  

 6月7日(日曜日)山楽倶楽部で、栃木県那須連山の「南月山」(1775m)の登山が参加者18名、マイクロバス使用で行われました。

事前の天気予報では当日は、雨又は曇りの予報でしたが、当日は好天に恵まれることとなり今日の山登りに期待が弾みました。

午前5時高崎を出発。北関東道で、太田桐生ICまで走り、佐野藤岡ICから東北自動車道を走り、途中大谷SAで休憩し那須ICで降り途中新緑の綺麗な那須温泉郷を経由し那須ロープウェー駅に7時50分到着。

P1000321_2 P1000325_2  

ここで身支度を整えるが、天候は晴れているが、強風で肌寒い。

強風のためロープウェーは運行中止とのこと。やむなく600mほどマイクロバスで登山口駐車場に移動。

8時30分登山開始。

P1000328 P1000417

何しろ強風。所々では、吹き飛ばされそうな感じ。

9時15分峰の避難小屋に到着。 ここは特に普段でも風の強いところなので更に強風。又霧も影響して肌寒い。

P1000336_2 P1000329

P1000344_3 P1000343_3

   

ここで那須岳をバックにして全員での記念写真を撮り休憩を取る。

ここから、那須岳(茶臼岳とも言う)1897mを左に見て牛ヶ首に向かう。

比較的平坦な山道。所々で那須岳の中腹から噴煙を上げている。

P1000361 P1000363

およそ20分位歩き9時50分牛ヶ首に到着。ここも又強風が吹いている。

P1000365_2 

ここで5名の人が、この先を断念し13名で南月山を目指す。

      【目指す南月山全景】

P1000388

こちらも一カ所ロープが付いているほんの登る場所があるが、殆ど平坦で、溶岩の道と笹が多い山道を歩く。

P1000389_2 P1000398 

途中来た道を振り返ると一瞬霧の中から雄大な那須岳が顔を覗かせた。

P1000386

途中イワカガミ・ムラサキドウダン・オオカメノキ・スミレなどの花を目にすることが出来ました。

P1000379 1

P1000403 P1000385

P1000400

10時35分南月山山頂に到着。

P1000392

山頂はかなり広く平坦になっている。

多くの登山客がすでにおり、楽しそうに風をさけながら食事をしている人達がいました。

我々もここで昼食を取る。持参したワインで乾杯。

その後記念写真を撮り再び今日来た道を牛ヶ首まで戻ることに。11時10分出発。

牛ヶ首から本来は、登りにロープウェーを使い、下りを歩く予定でしたが、先に下山した人達にも配慮して、山頂駅まで歩いてロープウェーで降りることに。

ところが、やはり強風のため、現在も運行中止のアナウンスが聞こえる。

やむなく峰の避難小屋経由で下山することにする。

ところがこれがかなりの急登を登ることに。

本日最大の難関となった。岩と砂地の急な登りと下りで結構つらかった。

那須岳の山頂が見えたところで、時間が思ったより経過しているため、登頂を諦めて、峰の避難小屋に下る。

途中何名もの人達がロープウェー方面に下ろうとしていたが、今も運転中止だと声を掛けてあげる。

相変わらず強風が吹いていたが、この頃になると霧はすっかりなくなり、り、峰の避難小屋からは、以前登った剣が峰や朝日岳もよく見ることが出来ました。

P1000411

強風と戦いながらも気持ちよく下山することが出来ました。

13時55分登山口到着。

およそ5時間25分の登山でした。

その後恒例の入浴ですが、数分下ったところの、「大丸温泉旅館」で入浴。ここは、川が露天風呂になっていて、一部混浴となっているところです。

日帰り入浴は、3時までとなっているようです。

P1000424 P1000422

この後那須温泉郷や東北自動車道の渋滞に巻き込まれ7時50分に高崎に到着しました。

家庭菜園

今年から、家庭菜園を始めてみました。

庭が狭い我が家では、鉢での家庭菜園に挑戦です。

種類は、「ナス」「ミニトマト」「サンチェ」「ゴーヤ」です。

特にゴーヤに関しては、省エネ対策として緑のカーテンを目指して育てようと挑戦しました。

P1000304_2 

このきっかけは、昨年ブログ友のまあちゃんが、自宅でゴーヤと朝顔の組み合わせで緑のカーテンをし収穫と省エネにもなった旨書き込みがありましたので、私もやってみることに。

ベランダからカーテンになる網を垂らしています。大分ツルも伸びてきました。

P1000305

結構ツルも数多く出てきたので、びっくりしているところです。

花は、まだ咲いていません。

ナスやミニトマトは、花が咲き実になる手前までたどり着いてきました。

P1000289

P1000302

P1000300

サンチェは、友人に苗を頂きサラダ等に使用すればとアドバイスを受けています。

P1000307

これからの収穫に期待が膨らみます。

何せ初めての試みなので、スポーツクラブで、家庭菜園をやっている人に育て方を聞いたりして、参考にしています。

ブログ友の方芽の積み方や育て方の方法を、アドバイスして頂ければとお願いします。

また庭では、ユリの季節にもなり「スカシユリ」や又三年育てている「キリンナデシコ」も綺麗に咲き始めました。

特にキリンナデシコは、三年目になりますので、結構愛着を持って株分けで増やし大切に育てています。

P1000202_2

P1000299

P1000296 

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

フォト
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ