最近のトラックバック

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

バーベキュー

昨日、ヒロさん宅邸で、私が所属している「山楽倶楽部」(さんがくくらぶ)の役員達が集まってバーベキューを行いました。

兼ねてからヒロさんが、一度我が家で山でお世話になっている役員を呼んでバーベキューを行いたいとの話が、二年前から私にあり、私の怠け癖から月日が経過し、やっと今回日の目を見ることとなった。

総勢10名の参加者でした。

ヒロ邸はおよそ200坪の広い敷地の一角にバーベキューの出来る場所が設置されています。

現在ヒロさんは、この広い邸宅に一人で住んでいて、毎日三度の食事もきちんと作っているせいか、私と妻は少し早めに訪問して、何かお手伝いでもと思ったのですが、すでに手際よく準備万端で魚のマスも竹串に刺して有りました。

結局炭火を燃すくらいのお手伝いで、一足早く最近では缶ビールが多い中、瓶ビールをビールジョッキに注いでビールを口にする事となりました。

今日は天候に恵まれ、暖かく夕暮れが迫る6時頃には、一部の役員を除き集まってバーベキューを始めることとなりました。

約一時間かけた竹串のマスは、本当に美味しく焼け、我が家では食べることが出来ない美味しい魚を口に出来ました。

その後は、肉や野菜特に焼き椎茸も美味しく頂くことが出来ました。

皆美味しいアルコール類とバーベキュー料理で話が弾み、秋にもう一度行いたいという話になりました。

後片づけも、ヒロさんの片づけ方法があるとかで、火の始末以外は、翌日ヒロさん一人にやって貰うこととなり、ヒロ邸宅に移り二次会を行った。

本当に美味しい料理と酒で皆の話も盛り上がり、楽しい一夜を過ごすことが出来ました。

ヒロさんご馳走様でした。

P1100660

P1100662

P1100679

P1100672 

パンジーとビオラ 最終回

昨年種から育ててきたパンジーとビオラの特集も今現在双方の花が最盛期を迎えています。

そこで今年のパンジーとビオラの現在の花の状況を写真に写しました。

それで、七回目の更新を契機に今回を持って今年度のパンジーとビオラに関しては最終回とする事としました。

現在咲いている花の種を採集して今年の後半から再び挑戦をしてみたいと思っています。

P1100644

P1100650_2

P1100642_2

P1100643_2 

P1100653

パソコン教室

平成21年4月20日~24日(22日休み)までの4日間(一日2時間)のパソコン教室が公民館で行われました。

参加費1,000円これ安いでしょう。

参加者17名。

P4220042

一日目は、光学カメラ(銀塩カメラ)とデジタルカメラの基本的違いから学習。

違いは、画像の記録方法。

光学は、絞りとシャッター速度で取り込んだ光をフィルムに焼き付けて記録。つまりシャッターを切った瞬間の光が記録されるので、その瞬間に記録が終了。

デジカメは、レンズから常時取り込んでいる光をCCDという装置でデジタル化し、それを指定の「時間」で切り取って記録媒体(メモリー)に記録する。つまりシャッターを切られてから撮影が始まるという感じになることだとのことで、シャターを押して僅かだが、停止しておく時間が必要。これが手振れによるピンボケ発生の原因になるため、手振れ防止機能が必要となる。

写真を見る方法の違い。光学はフィルムを写真屋で現像して焼いて貰う。デジカメはカメラ本体やパソコンテレビ画面、スライドショウにして見ることが出来る。

又デジカメは記録媒体が(フラッシュメモリー・スマートメディア・メモリースティック・マルチメディアカード・SDメモリー)等があり絵を点にした画素数1920X1080(2メガピクセル)を標準画素数として、一眼レフでは3648X2736(10メガピクセル)と日進月歩していることを教わった。但し画素数に寄って写真の撮れる枚数が変わってくるので、メモリーを購入するときには注意が必要との事です。

2

その後各自が持参したデジカメで公民館周辺を撮影。

P1100564

二日目は、前日撮影した写真をパソコンに保存。

そのコピーやフォルダ保存方法を学習。

操作方法

パソコン本体の「マイドキュメント」→「マイピクチャー」→「新しいファルダを作成する」→「名前の変更」→「名前を入力」→「閉じる」→「デジカメかPCカードリーダーをUSBを使ってパソコン本体と接続」→「マイコンプーター」→「リムーバブルディスク」→「ドライブ選択」→「指定したフォルダーを開く」→「コピー」→終了

又保存によってのその後の写真編集やCDに保存出来、そのことによって、デジカメのメモリーを新しいフィルムとして使用できる事を学習。CDーRは製品の製造上必ずしも永久保存では無く、それよりもCD-RWに保存する方が保存としてはより安全だと言うことも教わった。

またPCカードをパソコンから抜くときの注意点としては、PCカードのアイコンをクリックして、「カードを抜く」といった処理を行うか、パソコンの電源を切った状態で引き抜くようにして画像が消去されたり、メモリーカードが破壊されるのを防ぐとの話があった。

私は、この方法を実行していなかったことに気づきました。早速実行をする事にしました。

その後取り込んで保存された写真を参考に一覧表示・詳細表示・縮小表示等を体験。

ファイル自体の情報(ファイルの性質・ファイルのサイズ・作成と更新の日時)等の見方並べ方も学習。

三日目は、ワードソフトを使っての写真の取り込み貼り付けを学習。

特に図形描画ツールバー(表示されていないときはメニュー操作で「表示」→「ツール」→「ツールの候補メニュー」→「図形描画」)のオートシェイブを使っての写真のコピペ(取り込みや貼り付け)を学習。

Photo

写真を入れる作業 「表示」→「ツールバー」→「図形描写」→「オートシェイブ」→「入れる形の図を選択」→「塗りつぶし効果」→「図」→「図の選択」→「ファイル場所ファイル名を選び写真選択」→「挿入」→「OK」→はがき画面に戻る。写真を好きな場所に移動設定。

Photo_5   

Photo_2 Photo_3

Photo_6 Photo_7

Photo_8 6 

又文章を入れての「図の書式設定」も学習。私のワードソフト2000年版のため、前面と背景位しかなく外周や四角や行内を体験したため新しいソフトがほしくなりました。

Photo_9 Photo_10

この後は自由に動かせる文字を作る学習も行う。

「ワードアート」・「縦書き・横書きテキストボックス」体験。

四日目(最終日)は、葉書に文章と写真を入れる学習を行う。

操作方法

「ワード」→「ファイル」→「ページ設定」→「用紙設定」→「はがきサイズ・印刷向き縦・横」→「余白」→「上下左右の余白を設定」→「文字数と行数を設定」→「文字方向縦書き・横書き・フォントの設定」→「OKボタン押す」→文章作成を始める。 

写真を入れる作業 「表示」→「ツールバー」→「図形描写」→「オートシェイブ」→「入れる形の図を選択」→「塗りつぶし効果」→「図」→「図の選択」→「ファイル場所ファイル名を選び写真選択」→「挿入」→「OK」→はがき画面に戻る。写真を好きな場所に移動設定。これを保存。その後印刷。

Photo_11

この後は、各自の質問の時間を講師である「諸遊」先生が解答し四日間の楽しいパソコン教室を終了。

乾燥としては、各自のレベルが違うので講師の方も教える度合いが大変だと感じましたし私も多くの操作方法等を改めて知ることが出来大変参考になりました。

我が家に咲く花

最近暖かい日が続き庭や鉢植えの草花が以前にもまして色々咲き始めました。

特にボタンが、急に蕾が大きくなったと思ったら、ついに開花しはじめました。

例年は確かゴールデンウイークの頃咲いていたと思いますが、やはり今年は暖冬なのでしょうね。

特に今日は小雨が少し降ったので、花や葉っぱに付いた水滴も入れて写真を撮ってみました。

又今年クンシランは、一度霜に当ててしまい葉が霜に少しやられてしまいましたが花は比較的きれいに咲いてくれたようです。

P1100501

P1100503

P1100485

P1100487

P1100400

P1100488

陣馬山(857m)に登る

陣馬山(857m)

【一の尾根コース~陣馬山~栃谷尾根コース】 約4時間コース

 神奈川県相模原市藤野町陣馬登山口駐車場 → 一の尾根コース → 上沢井ルート合流 → 和田ルート合流 → 木の階段 → 陣馬山山頂(857m) 昼食 → 栃谷尾根コース → まき道分岐 → 栃谷尾根登山口 → 車道 → 陣馬登山口駐車場

4月12日日曜日 私が参加している「山楽倶楽部」のメンバー8名の参加者。

自家用車二台で午前6時高崎市を出発。関越道・圏央道・中央道を経由し、上野原IC経由で、まずは藤野駅前に到着。ここで陣馬山登山口までの行き方をバスの運転手に教わる。

駅には、これからバスで各所の登山口に向かう登山者が多くいました。

藤野駅入口の信号を左折。直ぐの次の信号も左折。線路を横切って細いトンネルを通過して、およそ5分ほどで、「陣馬の湯」の看板がある。その角が陣馬登山口の石碑が建ってる。脇には登山者カードの箱も設置されています。その裏に公衆トイレも設置されていました。到着が8時10分。

Photo Photo_2

ただ困ったことに自家用車を停める駐車場がありません。

駐車場を探していたら、直ぐ脇の家の人がいて、親切にも我が家の庭に停めてもOKとの返事を頂けた。本当に助かりました。

この陣馬登山口を午前8時20分出発。

一の尾根コースから登ることに。

P1100412

周辺には、桜を始めとして、多くの木々が、花を咲かせていました。人家のある舗装された急坂を汗を掻きながら登る。

Photo_33 Photo_4

Photo_5 P1100420

8時40分ようやく登山口に着きいよいよ登山開始。先程の急坂よりは、楽な坂の山道を登る。

Photo_6

8時55分登山口から1.6km地点で上沢井ルートと合流陣馬山まで3.4km。ここで小休止。

Photo_34

ここから先は、急な坂もなく落ち葉を踏みしめての歩きやすい道が続きました。

9時40分和田ルートと合流。

Photo_8

和田より2.1km陣馬山1.5km更に10分程で再び和田ルートと合流。和田より1.8km陣馬山0.7km。二通りの和田ルートがあるのかも。

それを過ぎると陣馬山の山頂になるが、その手前が急坂で木の階段が結構続き

途中富士山を見ることが出来たが一汗掻くことに。

午前10時20分丁度2時間で陣馬山(857m)山頂に到着。

Photo_13

山頂には三軒(清水・富士見・信玄)の茶屋があり結構多くの登山者がビールを飲みながら休憩している姿が目に入ってきた。

我々も富士見茶屋で休憩。早速ビールで喉を潤す。ここから少し霞み掛かった富士山を見ながら昼食も。

Photo_12 Photo_11 

その後、白馬のコンクリートで出来た記念碑で記念撮影を撮り、広い山頂の中の一角にある綺麗なトイレにお世話になりました。

Photo_14 Photo_15

11時20分下山開始。

今度は、栃谷尾根コースで下山することに。

Photo_16

コース説明では1時間10分で登山口となっている。

快調に下山。途中まむし草を始めとして、色々の草花を目にすることに。

Photo_19 Photo_20

Photo_21 Photo_32

Photo_26 Photo_27

Photo_28 Photo_29

Photo_30 Photo_31

 

途中陣馬の湯の看板と陣馬山のまき道標識のあるところ経由して、人家のある場所にたどり着きました。午後12時15分 今日はこの地区のお祭りが集会所で行われていました。

P1100456_2 P1100455_3 

ここから車道を歩きましたが、途中でヘビを目撃。この坂道の車道がおよそ1.5kmもあり、おりからの暑さも手伝って結構疲れました。

午後13時10分陣馬山登山口の駐車場に無事到着。

この家では、「こごみ」と言う山菜を育成していて、我々も珍しさと、駐車場のお礼も兼ねて

ワンパック200円の物数個ずつ購入。

P1100481

この後藤野町の天然掛け流し ふじの温泉「東尾垂温泉」(ひがしおたるおんせん)入場料850円に入る。

Photo_17

来るときと同じルートで帰路に着き高速道路の特別割引を利用して片道1,000円の有料道路料金に満足して無事到着午後5時20分。

先日から、高崎市内も桜の開花が進みました。

そこで、数カ所の桜の咲いているところを散歩してみました。

1.

☆ 烏川沿線

高崎市内を流れる川の中で一番大きい川が烏川(からすがわ)です。

この堤防に沿って咲く桜も又見事です。

河川敷では、子供達がサーカーの試合を行っていました。

ここからは、観音様や対岸の市役所も良く見渡すことが出来ます。

1 2

P4060156 4

2.

☆ 高崎市役所周辺

高崎の市街地には、高崎市役所を中心として、その廻りをお堀があり、お堀に映し出される日中の桜と夜桜が又多くの人の心を和ませてくれます。

又高崎公園も桜の時期になると桜の下での宴が催しされます。

丁度市役所広場前では、催しが行われていました。

1_edited1 P1100358_2

2_edited1_3P1100268_2

3_3 4_3

3.

☆ 我が団地

私の住んでいる団地は、高崎市役所からおよそ5KM、車で15分位の場所にあります。

この団地が出来ておよそ30年、我が家が住むようになって26年になります。

県営住宅と一般住宅を合わせて1000所帯の県内でも大きな団地で一丁目と二丁目に分かれています。

約15年程前からここの住民が斜面に桜を植えてきました。

その桜が、近年きれいに咲くようになり、ここ数年は、ライトアップもされるようになりました。

折しも丁度満月に差し掛かり夕日の桜と夜桜の中の満月を撮してみました。

1_2 2_2

3_4 41

4_4 5

【近所の家のしだれ桜盆栽と遠くに見える浅間山】

6 Photo

   

しだれ桜 滝の慈眼寺

先日、高崎市にあり、しだれ桜で有名な高野山真言宗の慈眼寺に行って来ました。

今が満開の状態で、ハクモクレンも綺麗に咲いていて、多くの人が見学に訪れていました。

最初昼間にいったのですが、夜もライトアップしているとのことで、後日夜のライトアップされたしだれ桜を見にも行って来ました。

P1100180 P1100174

P1100172_2 P1100166_2 

P1100187 P1100191

P1100215 P1100221

水芭蕉・カタクリ・リュウキンカ

3月の末に前橋市の嶺公園に行って来ました。

というのは、ブログ友達の「方丈の記by蝶明」の3月29日のブログを見て嶺公園の事が載っていました。

丁度嶺公園の近くの親友の家に行く都合もあったので見学してきました。

前橋市内から赤城山に向かい赤い大鳥居を過ぎ馬事公苑の所を左折し、しばらく行くと嶺公園入口の信号を右折すると、直ぐ嶺公園に到達。駐車場があるが少し奥の駐車場まで進行すると、そこから僅かで水芭蕉・カタクリ・リュウキンカのある場所にたどり着く。

当日は、余り人も多くなくゆっくり鑑賞することが出来ました。

         【 水 芭 蕉 】

P3300060

                【 カ タ ク リ 】

P1100152

           【 リ ュ ウ キ ン カ 】

P1100155

ペチュニア・インパチェス・ポンポン百日草・帝王貝細工

気候も4月に入り暖かくなり、周辺では色々の花が、咲き始めました。

そこで、昨年挑戦したパンジーとビオラを種から育てたのを思い出し、再び種から挑戦するべく4種類の種を購入してきました。

ペチュニア・インパチェンス・ポンポン百日草・帝王貝細工の4種類です。

早速容器を用意し種を蒔きました。

容器は、パンジー・ビオラの時にも使用した苗床用とスーパーでお刺身を購入したときの容器を用意。

この容器は、蓋付きのため、乾燥しずらいと思い以前から捨てないで保存しておきました。

これらに種を蒔きここから綺麗な花を咲かせるべき挑戦が始まりました。

また我が家には、白の椿も開花し始め鳥も飛来してきています

P3110016_2 P1100204

P1100208 P1100006

P1100197 P1100196

P1100198 Photo

P1100201 P1100202

P1100157_2 P1100161 

ああそう会

3月28日月一度の恒例の「ああそう会」の飲み会が行われました。

参加者16名。場所は中華料理の「四川」で行われました。

P3280046

今回は、一人の還暦祝いと、私の退職祝いも兼ねての飲み会となりました。

「ああそう会」の由来は、スポーツクラブのサウナ仲間がこんど何時何時に飲もうと言っていて、返事が「ああそう」と言っていたのが始まりでした。

当初のメンバーは現在のメンバーとは異なりましたが、約10年以上続いています。

殆どの人が、現在は勤めを終えた人が殆どです。

本当にお酒が好きで、又強いのです。

今回のお店は、ママがやはりスポーツクラブのメンバーで二度目の利用となり結構無理を言ってサービスをして頂き飲み放題で行いました。

P3280015 P3280018

P3280021 P3280024

P3280029 P3280030

P3280037 P3280038

P3280045 P3280013 P3280026

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

フォト
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ