最近のトラックバック

« 大菩薩峠&大菩薩嶺 | トップページ | 母の死 »

パンジーとビオラー 2

昨日今年種から育てることに挑戦している「ビオラ」と「パンジー」の移植を初めて行いました。

プラスチックで出来ている数多くの苗床に移し替える作業です。

P9240038

ピンセットを使って慎重に移植。

花の品種毎に植え替えました。

日陰の場所に置くことにしました。

失敗しないか心配です。

Photo_2

« 大菩薩峠&大菩薩嶺 | トップページ | 母の死 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

スーさんへnotes
ピンセットでの移植。根を傷めないためにやってみました。まだ幼稚な苗でしたから。bud
ビオラは、結構翌年も咲くので、今後増えていくと思います。
お互い綺麗で可憐な花を咲かせるように頑張りましょう。tulip

ピンセットでの移植、神経を使いますね~sweat01
ツーカーさんのブログに影響され?!・・本日ビオラの苗を購入してきました。植え替えが楽しみで~すbud

まあちゃん さんへ

初めての経験なので、インターネット等を検索しながら、移植をやってみました。
何事も経験ですから。
失敗をおそれずにチャレンジしてみます。

七色の稲妻さんへ
そうなんです。
同じ環境で育てたつもりですが。
発芽率70%以上の種だったんですがね。(# ゚Д゚) ムッカー

こんなにして 移植するのですか?
これなら 大丈夫でしょうねー
友達も夏に咲く エドギクをこんなにして 移植した話を思い出しました。

写真の右列の種類はほとんど発芽しなかったようで、残念ですね。 しかし、発芽した幾つかの苗に期待しましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122817/24497767

この記事へのトラックバック一覧です: パンジーとビオラー 2:

« 大菩薩峠&大菩薩嶺 | トップページ | 母の死 »

フォト
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ