最近のトラックバック

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

志賀高原ハイキング

【志賀山&裏志賀山&四十八池&大沼池コース】

硯川(前山リフト前)登山開始8時→渋池8時15分→志賀山ピーク五葉松9時25分→志賀山山頂9時40分→裏志賀山10時10分→四十八池10時40分(昼食)→11時20分→大蛇神社12時15分→大沼池12時20分→12時45分大沼池出発→大沼池入口駐車場14時→ハイツ(入浴)

P1080894_3   

先日の日曜日(9月28日)志賀高原の志賀山(2036m)登山に私共夫婦を含めて山楽倶楽部仲間総勢17名の参加者で行って来ました。

 当地を5時にマイクロバスで出発。この日は、寒く途中の草津の道の駅では、午前6時過ぎで温度が5度の表示。そこから白根山を車窓から眺め、車を走らせると、今の時期では珍しい霧氷が付いた木々を目にすることが出来ました。

7時40分硯川の前山リフト前に到着。寒いため準備運動を入念に行い。8時リフトを使わず、スキー場のコースを登りはじめる。

15分も登ると渋池に到着。霧氷に被われた横手山が見える。

P1080892_2 

ここで記念写真を撮る。

水を含んだ登山道を更に登る。途中蕾状態のリンドウやナナカマドが目に入る。

P1080922_2  P1080904_2

途中志賀山と四十池の分岐点を過ぎ木道を歩く。

ぬかるんだ道を歩くと突然岩場の厳しい登りとなる。

標高差も低く志賀高原の山と言うことで甘く見ていたが岩だらけで厳しい。

途中眼下に御釜池を見ながら、ピークの五葉松にでる。ここで一息着き、わずかな時間で狭い志賀山山頂(2036m)に着く。ここには三等三角点がある。裏志賀山が向こうに見える。

P1080920_2  P1080923_2

ここから急坂を下り裏志賀山に向かう。かわいい志賀の小池が眼下に見える。チシマザサをかき分け歩く。鞍部から志賀山を振り返ると半分岩で出来た山である。

登り返していくと右眼下に四十八池の湿原が、その奥には鉢山更に霧氷の木に被われた横手山がそびえている。

P1080935_2

山裾に目をやるとコバルトブルーの大沼池が見える。

登り切ると奥志賀山の頂上(2040m)に着く。志賀神社の祠がある。

行き止まりの場所まで行くと目の前にすばらしい姿をした大沼池がみえる。

ここから四十八池湿原に向かう。志賀山と四十八池の分岐で、大阪から来たというかなり高齢者の人もいる団体さんと出会った。

およそ30分少し急な坂を下りる。途中楓の木が一本紅葉していました。

P9280052

志賀山神社の鳥居を過ぎると直ぐ右手が四十八池湿原が広がる。

木を敷き詰めた広い休憩所がありここで昼食を取ることに。一部の人は、木道の上を歩きあずまや迄足を伸ばす。

ここから大沼池まで比較的平坦な道を歩く。やがて大沼池が見えてくると約50分で大蛇神社にたどり着く。やはり祠がある。

ただここには真っ赤な鳥居が湖畔の中に立っている。

P9280073

ここからわずかに歩くと大沼池のハウスにたどり着く。

綺麗なトイレも完備されていました。

この大沼池は、強酸性のため魚類がすまないと言われているとのことです。

湖畔の周辺はわずかに紅葉になりつつあると感じる程度。

P9280065

この大沼池からは車も走れる砂利道をおよそ1時間程で、マイクロバスの待つ大沼池入口に到着。

その後は、恒例の入浴。

今回は、会員の中で、草津にハイツを持っている人の場所を借りての入浴。

ホテルと変わらないサウナ設備と大浴場とで旅の疲れを癒すことが出来ました。

心残りと言えば、紅葉にはあと数日早すぎたかなとの印象でした。

パンジーとビオラ-1

 花で、今年初挑戦を試みることに。

その成長を記録に残していきたいと思います。

パンジーとビオラを種から育成することにしました。

8月の下旬、ホームセンターに行き、パンジーとビオラの種を購入。

パンジーは「シャロ・ジャイアントミックス」

ビオラは「フルーナアプリコットシェード」・「フルーナレットプロッチ」の二種類。

これに板状に圧縮されたピートモスを購入。

P9100090_6

この板状のピートモスに水を含ませてそこに種を蒔く。

その後10日前後で芽が出てきました。一種類発芽の状況が悪い。

【9月10日現在】のパンジーとビオラ

P9100087_4

【9月24日現在】のパンジーとビオラ

P9240038_5

恒例の食事会

先日の日曜日と月曜日の2日間食事会が行われました。restaurant

一つは、三家族の食事会です。

年に数回食事会を行っています。

今回は、十一月に二泊三日で行く旅行carの打合会を兼ねての食事会です。

恒例の「天城」で行いました。本日もお客様が満杯状態でした。

毎回同じ料理が出ないので、特に女性陣に人気があります。

今回も色々の料理が次々と出てきました。

P9210009_3

P9210013

P9210019

P9210021 

P9210030

二日目は、身内の食事会で91歳になる私の母・84歳になる妻の父を交えて私の四兄弟夫婦総勢10名でした。happy01

こちらは、たいぶ母も弱気downになってきたのと、我が家houseが多少リホームしたことのお披露目も兼ねて行いました。shine

当日は、兄の嫁さんが早くから手伝いに来てくれて色々の料理を手伝ってくれ、妻は多いに助かったようです。

残念なことに綺麗にテーブルに載せた料理食べるのが忙しくて、写真cameraに撮るのを忘れてしまいました。

反省です。weep

我が家に咲くミニカトレヤ

今我が家では、ミニカトレヤが一輪咲き始めました。

数年前に頂いてから一度も花が咲いたことがありませんでした。

鉢で水苔を使用して育てていました。

それが今年蕾を持ちついに先日開花しました。

もうこのミニカトレヤは咲かないものだと思っていましたので、大変嬉しく感激しました。

今年は、こまめに液体肥料と油かすの肥料を使用。

従来は室内で育てていました。

今年は、外で遮光状態の場所でシンビジュウム・蘭・デンドロリュウムと一緒に育てました。

それが良かったのですかね。

【我が家に咲いたミニカトレヤ】

P9170004

和歌山からの来客

今週の日曜日に和歌山県から来客がありました。

本来なら私は仲間と谷川岳の登山日で又、夜は先日の同窓会の反省会でしたが、きゅうきょ中止にして、歓迎の準備を行うことに。

来客は、妻の弟と姪の二名です。

姪は七年ぶりの再会です。

現在短大の二年生で、来年転入を目指して、千葉県の大学に受験に来ました。

弟はやはり娘が心配で同伴をしてきたようです。

このついでに当方に足を伸ばし来訪してくれました。

妻の父も大変喜び、立派になった姪と懐かしそうに話しておりました。

もちろん妻が、腕によりを掛けて歓迎の料理を作り、途中姪も餃子の手助けをしてくれました。

久しぶりに我が家では、五名での夕食をする事が出来ました。

又全員が我が家に泊まっていき、翌日は、母のお墓参りに行き午後早く和歌山に帰省され、先程午後7時頃無事着いたとの電話が入りました。

私達夫婦もあっという間の出来事のようで、帰省後は、少々気が抜けてしまいました。

ただ、来春から合格すれば、姪は近隣に来るので、今度は頻繁に逢えることが出来ると期待してます。

P9140097

同窓会

先日の7日・8日に中学の同窓会が行われました。

会場は群馬県内のゴルフ場隣接の妙義グリーンホテルで行われました。

私達の同窓会は、オリンピックの開催の年に行うことになっております。

今回は、初めて泊まりでの同窓会を開催することになり、幹事である私も何度か打合せ会議を開き今日に備えました。

私は主に名簿作りを行いました。

集合時間頃、今年特有の集中雷雨に見舞われてしまいました。

当時9クラスで約450名程生徒がいましたが、今回は幸い当日の出席者83名全員が参加されました。

記念写真後、宴会場に場所を移し、組単位のテーブルで当時の生徒に戻り○○君、○○さんで、料理とお酒で話が弾みました。

先生は二名参加されました。皆高齢ですが良く参加して頂けたと感謝しています。

およそ二時間の宴会も終盤となり、校歌を歌った後、私が締めを行いました。

その後各クラス毎に各々部屋やカラオケに分かれ旧交を温めました。

大変楽しい時間を過ごすことが出来ましたが、残念な事に数十名の人がすでに逝去されていることもわかりました。

ご冥福をお祈りします。

又4年後が楽しみです。

Photo

P1080873

P1080871

山楽倶楽部新聞

 今年の3月の総会から7月の守門岳までの山行の経過を新聞として発行しました。

今回で17号になります。

発行者はなんと私。lovely

今年の前半は週末雨rainにたたられ、幾つかの山行計画が中止となりました。ng

やはり温暖化から来る異常気象が週末に影響しているのでしょうか?shock

でも前半は事故者も出ず、山行が行われた山々は、皆よい山で苦しいなかにも楽しく登れた山でした。fuji

後半こそ雨に降られずsun、紅葉を楽しみながらの多くの人が参加し楽しい山行になることをお祈りしたいです。

17

17_2

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

フォト
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ