最近のトラックバック

« 海の日の一日 | トップページ | 団地のお祭り »

山楽倶楽部 守門岳

【山楽倶楽部会員の保久礼・守門岳往復コース】

 保久礼登山口~大岳(1432.4m)~青雲岳(1460m)~守門岳(袴岳)(1537.2m) 約7時間30分

【私達の往復コース】

保久礼登山口(7時)出発→キビタキ清水(7時30分)→第一展望台(8時30分)→天狗岩屋清水(8時55分)→不動明王(9時5分)→大岳(9時20分)→保久礼登山口(12時30分)到着

守門岳は、袴岳(1537.2m)・青雲岳(1460m)・大岳(前守門)(1432.4m)の三連山が主峰で学術的には、野鳥の宝庫で又頂上一帯は高原植物いろいろ咲き乱れ美しく展望は越後平野の全容・越後三山の名峰を目に映る様は実に壮観と言われています。

20日我が山楽倶楽部21名が新潟県の守門岳(1537m)を登頂すべく当地を午前4時に出発。関越自動車道小出IC経由で二分キャンプ場跡地・更に保久礼登山口を通過し急カーブを右に曲がり保久礼小屋近くの駐車場に到着。マイクロバスまでならここまでこられました。

7時出発。クマ出没注意の標識を見ながら歩き始める。ここから整備されている階段を登るが急登が続く。皆蒸し暑さのため汗びっしょり。こまめに水分補給を行う。ウグイス等の野鳥の鳴き声が、心なしか苦しさを和らげてくれる。途中キビタキ清水で美味しい湧き水を頂く。途中からは、水分を含んだ粘土土の滑る急登を登る。

第一展望台も雲で視界は殆ど見えない。天狗岩屋清水を経て少し脇に入ったところに不動明王が祀られている不動明王を経てやっと大岳に到着。着ている衣服はびっしょり。

ここで小休止をしていよいよ守門岳に向かうことに。途中ヒメサユリ・ニッコウキスゲの花が咲いていました。

ここで問題が発生。これからの先が、遥か前方に青雲岳が見えます。だが急坂を約200m下り今度は急登を登る。私の妻が、今日は最後の守門岳までは体力的に無理で、みんなに迷惑を掛けるといけないからここから登山口に引き返すと言い一人で引き替えさせられないので、私も一緒に下山することに。

他のメンバーは一路守門岳目指して歩き出した。

私共夫婦は、綺麗な花を見ながら昼食を取った。近くに新潟中央高校の山岳部の男女の人達がいて会話をしながら、我々の登っている人達に大声で「ヤッホー」と一緒に声を掛けてくれた。

帰路の急坂は、粘土土の為滑らないように時間を掛け、細心の注意を払いながら下山した。

守門岳に登った人達は、午後2時30分頃、保久礼登山口に暑さと走行距離の長さ、急登、急坂の為疲れ切った表情で今までの山楽倶楽部の登山の中でもきつい登山だと口々に言っていました。

私達夫婦は、恐らく守門岳まで強行していたなら、同行したメンバーに多大な迷惑を掛けていただろうと家に帰ってから話しあった。

時には勇気ある撤退も必要と感じた守門岳未到達の山登りでした。

2_edited1

P1080509 P1080512

P1080523 P1080527

P1080550 P1080534

P1080535 Photo_2

Photo_3 1

Photo_4 Photo_5

« 海の日の一日 | トップページ | 団地のお祭り »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

七色の稲妻さんへnotes
ここ数日は、夜は過ごしやすいですが、日中は暑いですね。sunsweat01
山登り当日も蒸し暑く体力消耗を妻はしたようです。weep
でも一緒に大岳で下山して、皆に迷惑を掛けずに無事登山が終えたことに感激しています。full

今年は北陸地方はとても暑いそうですね。
福井市にいる私の友人もとにかく暑いと言ってました。
酷暑のなかでの山登り、ご苦労様でした。

スーさんへnotes
二人とも汗かきですね。sweat01
でも汗かきは健康のあかしでは?
守門岳登頂立派でした。scissors
私今度の一泊登山心配になりました。weepng

汗が止まらなかった・・
下山は膝にきた・・
翌日より筋肉痛・・
思い出深き守門岳となりましたcoldsweats01
ツーカーさんの写真がナイスで~すgoodcamera

そ~だんべ~さんへnotes
最後の守門岳まで多くの人が登頂できたこと、改めて足腰と体力の強靱さに脱帽しました。impact
本当に蒸し暑く大岳までの急登で更に滑りやすい粘土土良い経験をさせて頂きました。book
妻も私も大岳で引き返したのが正解でした。heart04
妻だけ一人で下山させられませんからね。secret

ツーカさんへ♪♪♪真夏の守門岳大変にお疲れ様でした。久々に登山口から大岳までずーと急登で皆さんも大分お疲れのようでしたよ~特に今回は湿度が上がり汗が多く出た登山でした。又水分不足の為か何人かの方が足の痙攣がありました。いろいろな意味で大変な山でした。守門岳を制覇した素敵な皆さんにエールを贈りたいですね。お疲れ様でした。(^∇^汗)トレ♭♭♭

まあちゃんさんへnotes
本当に蒸し暑かったです。汗を掻き水分補給。sweat01
これだけで体力消耗です。
三番目の写真雪渓です。新潟でも大雪の地方なので、まだ残っているのですね。snow
本来は、あの近くを登っているのですがね。

この暑いのに 山登り。(@_@)
高齢者には考えられません(笑)
おふたりで 花を眺めながらの下山もよかったのではないですか?羨ましい限りです。
右側の上から3番目の写真 雪ですか?
ヒメサユリ かわいいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122817/22474265

この記事へのトラックバック一覧です: 山楽倶楽部 守門岳:

« 海の日の一日 | トップページ | 団地のお祭り »

フォト
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ