最近のトラックバック

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

森とオーケストラ

29日、天候にも恵まれ、気温も上昇したなか、新緑眩しく、程良い春風薫る「群馬の森」を会場として、群馬交響楽団による年に一度の無料野外コンサートが行われ、行って来ました。

P4290114

今年で第29回目で「森とオーケストラ」とのタイトルで行われています。

特に本年は、「全国都市緑化ぐんまフェア」が開催され「群馬の森」はそのサテライト会場となっているため三部構成の一部のテーマは「花と緑のシンフォニー」と題して、「田園」を初めとして6曲選曲。

第二部は恒例の「あなたもメイ指揮者」と題してインターネットの応募者を初めとして子供から大人までの人々が「運命」「カルメン」「ハンガリー舞曲第5番」を指揮しそれぞれ特色ある名指揮者振りを疲労していました。

xmasこともによる名指揮者xmas

P4290126

第三部は「みんなで歌おう」をテーマに「音楽のすきな街」「夏の思い出」「森の熊さん」をオーケストラが奏でるハーモニーに包まれ家族や観衆で歌い上げ楽しい「森とオーケストラ」の演奏会を楽しむことができました。

ただ途中頻繁に低空でヘリコプターが旋回していた事は、音楽を聴いているなかで、騒音となり残念な気持ちを抱いたのは私だけでは無かったと思います。

ear騒音をまき散らしたヘリコプターear

P4290124

全国都市緑化フェアぐんま まえばし会場

 先日(21日)、晴天にも恵まれまた暖かかったので、第25回全国都市緑化フェア「まえばし会場」に行ってきました。

今回の群馬におけるメイン会場の一つです。

P4210039_2

P4210040_2 

多くの人が見学に訪れていました。

気候も4月の後半を迎え草花は今が盛りと多くの種類の花々が所狭しと咲き誇って群馬県庁を背景とした風景には趣がありました。

P4210049

 この会場では、「臨江閣」の建物や茶室も開放され、その中で、前橋市の歴史や、花を愛する趣味の会の催しが行われていました。

 また前橋市のもう一方のメイン会場の「しきしま公園会場」はバラを中心としているせいか、時期的に早いため見物客も少なかったですが、公園の周辺には、あたり一面チュウリップが咲き乱れて松林の中が華やいでいました。

P4210064

P4210070

このしきしま公園会場の見頃は、ゴールデンウイーク明けが良いとのことで、その頃には、7000本近くのバラが咲き乱れるとのことです。

武甲山に登る

 4月20日(日曜日)我が「山楽倶楽部」の山行が行われた。

埼玉県秩父市の隣町である横瀬町の「武甲山」(1295.4m)の登山である。

P4200025

高崎を午前5時40分参加者14名三台の自家用車で出発。

藤岡市・鬼石・皆野町・秩父経由で途中休憩を入れて生川武甲山入口(一の鳥居一丁目)までおよそ2時間の行程。7時30分到着。

P1080286_4 

駐車場は、5~6台位置けそうなスペースがある。時間も早かったせいか運良く我々の車は駐車する事が出来た。

Photo

天気予報では、晴れだとの記憶であったが、曇りで少し肌寒い。

いよいよ7時45分 一丁目を出発。林道を登り始める。途中魚の養殖場の池の脇を通り登山届けのポストに届け出をする。

ここから数日の雨で水量の増した沢と並行するコンクリト舗装の勾配のある林道を登る。不動の滝のある沢に沿って登り途中二カ所の腐った丸太の橋をこわごわと渡る。小さな石祠の前を過ぎ、植林された杉林の中をひたすら登る。

P1080317   

P1080313_2

P1080294_2

9時30分 三十五丁目地点の「大杉の広場」に到着。標高1000m、杉の巨木が一本悠然とそびえ立っている。

P1080312_2

ここから山頂まで50分生川基点50分の案内板が立っている。この先に分岐の案内板があり、右側の一般道を登る。所々にある丁目の標識を見ながら登る。五十丁目の鳥居のある山頂に到着(1295.4m)。浦山登山口方面の分岐の標識を見ながら更に杉林を歩くと五十二丁目の武甲山山頂の御嶽神社の鳥居や社が見えてくる。この生川コース登山道はよく整備されているが。殆ど登り続けるコースである。

P1080301_2

10時到着。雨水を利用した綺麗な水洗トイレやベンチもある。

P4200029_2

社を回り込んで第一展望台(1203m)へ足を向ける。ここからの景色は本来なら両神山から白根山・谷川岳・赤城山・筑波山までも見られるはずだが、今日は曇っていてはっきりは確認できない。しかし展望台からは、眼下に秩父の市街地、特に「羊山公園の芝桜」をはっきりと見ることが出来、又石灰岩の採石場も見ることが出来た。ただ残念と言えば金網とフェンスに囲まれた山頂は居心地がよくないので少し戻って昼食を取ることにした。

P1080307_2

P1080306_2

11時15分下山開始。本来なら縦走がよいのであったが、自家用車のため同じ登山口に降りることに。下山し始めると多くの人が登ってくる。結構若い人も多く登ってくる。この人達と挨拶を交わしながら快適に降りることが出来た。登山口到着は12時35分。

その後横瀬町にある「武甲の湯」(800円・平日500円)に入浴。16時20分全員無事に到着。

全国都市緑化ぐんまフェア おおた会場

 本日「第25回全国都市緑化フェアぐんま2008」の4つの会場の中の太田市の「おおた会場」に行って来ました。

おおた会場は4月5日~5月11日の期間。9時00分~17時まで開場

 今日は午後から雨の予報のため午前中に見学をしてしまいたいと思い、高崎市を早めに出発。

現地に到着すると、平日にもかかわらず、見物客が多く多少車道は渋滞気味。

ぐんまフェアは入場料が無料ですが、ここではECO対策で500円の駐車料金が取られる。

一部咲いていないが100万本の芝桜が咲き始め見事な景観を見させてくれる。

P1080274

この芝桜が、すべて満開になったらさぞかし壮観な景色をかもしだしてくれると思う。

赤と白の微妙にコラボレーションされた図形が何ともいえないコントラストを引き立たせてくれている。

又桜の満開の木との景色何ともいえない雰囲気があった。

P1080251

一部分は利根川の景色を図柄としたとの話題も。

P1080266

帰りも多少渋滞したが、平日だったので苦になるほどではなかった。

土曜日・日曜日は、渋滞に注意が必要だと感じました。

桜 満開 高崎観音山

 6日朝から天候が良く絶好のお花見日和と言うことで、毎年ハイキング気分で実行している高崎観音山に行って来た。

折しも桜は、明日にも散り始めるのではないかと思えるほどの満開であった。

ここち良い汗をかきながら坂道を登ると途中からは高崎市の市街地がよく見え。その中に、ひときわ高さが目立つ21階建ての高崎市庁舎がよく見えた。P4060139_2

その景色と車道の桜並木を見ながら山頂にたどり着いた。P4060141

まさに桜を見る人達と車で大賑わい。

そこから白衣観音までの参道を歩いていくと満開の桜の中に雄大な白衣観音が見えてきました。

P4060154_2

まさに従来にもまして美人の白衣観音で更に感激。P4060159

更に足を進めひびき橋の吊り橋を渡って染料植物園に行く。P4060181

ここは訪れる人も少なく、先程の賑やかさとうって変わって静か。

しかしどこの桜よりも見事な桜が一本誇らしげに咲いていた。P4060169

ここで持参したお弁当と焼き鳥とビールを頂くことに。

まさにお花見気分絶好調に。ここで普段見かけない色をし可憐に咲いている

「ヒカゲツツジ」を見ることに

P4060172_2

その後ひびき橋から尾根づたいに歩きしだれ桜が綺麗に咲き誇っていた、洞窟観音を経由して楽しいお花見見物を終わることが出来ました。P4060183

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

フォト
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ