最近のトラックバック

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

山陽路の旅(3)

【三日目】

いよいよ今日は、最終日。

 そもそも良寛莊は、県指定の名勝円通寺公園の中にあり、良寛和尚が若年に修行した曹洞宗 補陀落円通寺がある高台に位置している。円通寺境内には良寛和尚が修行したとする屋敷が残っていた。

【良寛和尚が修行した円通寺】

P1070369

その後山陽道を走り姫路市の姫路城に向かう。

【姫路城 別名 白鷺城】

P1070374

標高45.6mの姫山の上に建つ姫路城は正平元年=貞和2年(1346年)赤松貞範が築城。のち豊臣秀吉が改築し、さらに慶長5年(1600年)入城した池田輝政が修築して現在の規模となったとのこと。日本の城郭建築最盛期の遺構で、天主閣群その他が現存。平成5年世界の文化遺産の一つに選ばれている。

高さ14.85mの天守台(石垣)の上に建つ31.5mの大天守。

外観は5層だが、内部は地下1階地上6階建てになっている。城の中は見学通路が一方通行になっている。外国人の観光客も多く当日は修学旅行の生徒や幼稚園児の人達も多く見かけた。

その後300m位歩いて姫路城西御屋敷跡庭園の「好古園」を見学。

ここは姫路城を借景に、姫路市政百周年を記念して造園され、平成4年に開演した池泉回遊式の日本庭園とのこと。

【姫路城西御屋敷跡庭園 好古園】

P1070391

【庭園内の紅葉】

P1070393

ここは9つの趣の異なった庭園群で構成されていて、面積は1万坪もあるそうです。

その庭園の庭は、「御屋敷の庭」「茶の庭」「流れの平庭」「夏木の庭」「築山池泉の庭」等の名称が付けられていました。またレストラン活水軒も中にあり屋敷の庭を眺めながらお食事・喫茶も楽しめる趣がありました。そして双樹庵でお菓子付き抹茶(500円)をいただきました。

【お菓子付抹茶】

P1070394

その後、楽しかった三家族旅行も高崎まで無事事故もなく帰ることが出来午後10時30分到着できました。♪♪♪

山陽路の旅(2)

【二日目】

 朝起きて近隣を少し散歩してみました。放し飼いにされ人間になついた鹿が食べ物を漁っていました。多くの鹿が放し飼いにされていて道路に糞が結構落ちていました。

美味しい朝食をいただき紅葉台公園をハイクしながら、宮島ロープウエーに向かいそこから弥山展望台までロープウエーで一気に登りました。ここからの眺めは、宮島や他の島々が展望でき、出航していく潜水艦まで見ることが出来ました。

【出航する潜水艦】

P1070309_2

途中の売店で焼き牡蠣を食べ、厳島神社へと足を運んだ。

 引き潮時の【厳島神社】P1070317_2 【鳥居】

P1070327_2 一部過去の風水害の影響か修理している箇所も見受けられましたが、朱色に塗られた建物は見事な風情を見せていました。丁度引き潮の時間帯で鳥居をバックに砂浜で写真を撮る多くの観光客がいました。満潮の時の海水に浸かった厳島神社を見たい気もしました。

参道は売店が軒先を連ね、ご当地名物のもみじ饅頭を売っていました。

その後再びフェリーで厳島を離れ宮島駅前の「あなご丼」で有名な「うえの」で昼食。

【うえの あなご丼】

P1070336 ここでは、行列が出来ている程でした。

大変量も多く美味しく食べることが出来ました。

その後は倉敷市へと一気に車を走らせました。

途中から心配していた雨が降ってきました。

午後4時頃に美観地区に到着。時間的に遅くなったためか観光客も少なく静かな落ち着いた美観地区を見学することが出来良かったと思っています。

                      【倉敷美観地区】

P1070341 P1070350_3

その後倉敷市玉島にある国民宿舎「良寛莊」に向かう。ここは平日だったためか数組の宿泊客で静かななかでも楽しい夕食を取ることが出来ました。

【国民宿舎 良寛莊】【特別料理 舟盛り】

P1070366 P1070357_3  

山陽路の旅(1)

11月4日・5日・6日の三日間、15回目の三家族の旅行を行った。

【コース日程】

【一日目】11月4日(日曜日)

高崎午前0時出発→松井田妙義IC→上信越道→更埴IC→長野自動車道→岡谷JCT→中央自動車道→一の宮JCT→名神高速道→吹田JCT→中国自動車道→広島北IC→広島自動車道→広島IC→【広島城】→【原爆ドーム】→【原爆資料館】→昼食【お好み焼き】→広島IC→広島岩国道路→岩国IC→【錦帯橋】岩国IC→広島岩国道路→大野IC→宮島口駐車場→フェリー松大汽船→【宮島厳島】→宮島四季の宿「わたなべ」宿泊

【二日目】5日(月曜日)

わたなべ】→【紅葉台公園】→宮島ロープウエー→【弥山】→宮島ロープウエー→紅葉台公園→【厳島神社】→フェリー松大汽船→宮島昼食「うえの あなご丼」→甘田市IC→山陽自動車道→倉敷IC→【倉敷美観地区】→玉島町→国民宿舎「良寛莊

【三日目】6日(火曜日)

良寛莊】→【円通寺】→玉島IC→山陽自動車道→姫路東IC→【姫路城】→【好古園】→

姫路東IC→山陽自動車道→吹田IC→名神高速道路→一の宮JCT→中央自動車道→岡谷JCT→長野自動車道→更埴JCT→上信越自動車道→松井田妙義IC→高崎午後10時30分到着。 【全走行距離 2025km】

 一年に一回の三家族旅行が無事終了。

この三日間をコース順に振り返って見ます。

まずは、10人乗りのレンタカーに三家族夫婦で6名。車内はゆったり。暗闇の中出発。

午前9時30分「広島城」に到着。七五三の家族連れで賑わっていました。外観からの見学で次の見学地「原爆ドーム」と平和公園内にある「資料館」へ。想像を絶する当時の

【広島城】

Rimg0018   

 

【原爆ドーム】

Photo_4

惨状を垣間見ることに。戦争の怖さを実感できた。多くの外国人が見学していた。

そこから広島名物のお好み焼きを食べる為タクシーで「お好み焼き村」へいきお好み焼きを食べる。関東では珍しい焼きそばやうどんを使用しての焼きそばであった。

それから山口県岩国市の【錦帯橋】を見学。多くの観光バスが来ていて賑わいを見せていました。

【錦帯橋】

Rimg0029_2

再び広島県に戻り今日の宿泊地宮島に向かうことに。

宮島駅前にレンタカーを預け、松大汽船のフェリー(片道170円)で待望の宮島に。到着口には、四季の宿「わたなべ」の車が出迎えてくれ、細い道を通って「わたなべ」に到着。ここは一日三組しか宿泊客を取らない宿で部屋も三部屋であった。今日は我々と今一組の泊まり客とのこと。荷物を降ろして目の前の真言宗御宝派(総仁和寺)大本山「大聖院」を見学。弥山にあり多くの堂を有していて上部に行くと見晴らしが大変良いところであった。昨年の豪雨によりこの付近が水害の被害に遭い修復作業が行われていた。

「わたなべ」の懐石料理は大変美味しくお酒と共に美々に浸ることが出来た。

【四季の宿 わたなべ】

P1070288

その後厳島神社のライトアップを見学。

【厳島神社ライトアップされた鳥居夜景】

Photo_5

足和田山(五湖台)

11月11日足和田山(別名五湖台と呼ばれている)1355mに登るべき高崎市を午前5時にマイクロバスで出発。参加者は16名。関越道・圏央道・中央道を経て河口湖ICで降り国道にでて一本木登山口へ7時20分到着。心配された雨も降らなく7時40分登山開始

  【河口湖ICからの富士山】       

P10704021

【東海自然歩道・足和田山モデルコース看板】

Photo_5

登山は、直ぐに階段状の登山口をひたすら登っていく。途中右手にコンクリの祠が見えてくるが、あるはずの鉄剣は無く何の説明もない。道は階段状を登りやがてつづら折りになり広場にたどり着いたがここが頂上では無かった。ここから僅かで物見櫓のある足和田山山頂に着いた。(9時)曇っていて物見櫓から富士山は望めなかった。ただ紅葉が始まっている青木ヶ原樹海が見渡せる。ここでしばらく休憩を取ることに。

   【説明もなにもない祠】          

P1070409

【足和田山展望櫓】

P1070428_2

足和田山を後にして三湖台に向かって脇にある道は車が通れそうな道を見ながら縦走路を進む。三湖台の近くでは乗馬を楽しむ人達に出会う 

【落葉に埋もれた階段】

P1070429

                                    

【乗馬クラブの人達】

P1070430_2

まもなく広場で平らになっている三湖台に到着。(10時10分)ここは眺望もよく西湖・青木ヶ原樹海・今登ってきた足和田山がよく見渡せる。只この日は富士山山頂は雲の中で最後までその勇姿を見ることが出来なかった。1202.3mの三角点があった。

      【三湖台山頂】          

Photo_2

【紅葉に染まる青木ヶ原樹海】

Photo_3

ここで昼食。恒例の各人持参のおかずの交換をしながら会話や周辺の景色を楽しむ。

雲に頭を隠している富士山を背景にして記念撮影。ここから目の前に見えている紅葉台(1164.7m)に向かう。車がここまで入れるため一気に観光客がいる。売店・トイレもあり展望台は有料とのことです。(但し買い物をしたらタダ)ここの紅葉は真っ赤に紅葉されていた。(11時10分)

   【頭が雲に隠れた富士山】                             

P1070447_2 

    【紅葉台の見事な紅葉】

P1070446

ここからは車道を横切る感じで東海自然歩道を下る。途中国道139号の下のトンネルをくぐり青木ヶ原樹海の中の遊歩道に入る。途中「いのちを大切に」と書いてあり連絡先の電話番号も表示された看板に出会う。一瞬どきっとする看板だ。ここは自殺の名所の場所だったことを思い出す。そこを通り過ぎると鳴沢氷穴に到着。(11時50分)

    【鳴沢氷穴】             

P1070449_2

【日帰り温泉「紅富士の湯」看板】

P1070455

      【紅富士の湯全景】         

P1070454

   【大広間に掲げられた額】

P1070453

ここからマイクロバスに乗って山中湖畔にある富士の眺望を眼前に仰ぐことが出来る

紅富士の湯」で入浴することに。本来は入浴料が700円ですが、400万人達成記念で500円に割引。各種の入浴設備と片岡鶴太郎揮毫の掛かった大広間があり2時間という普段では考えられない長時間の入浴時間を費やすことが出来女性達には大変喜ばれました。その後今朝来た道を帰り5時30分には高崎に無事到着できました。

記念講演会

 昨日(11月1日)私の会社がお世話になっているS労務管理事務所の仲間で作っている中小企業労務管理改善協議会と言う組織があります。

この組織が創立40周年を迎え記念式典並びに記念講演会がサンパレスで行われました。

式典では、長年の功績で12社の企業が表彰を受けました。

その後講演会が行われました。

講師は現在読売テレビ放送報道局局次長で「ズームイン!!SUPER」・「ウエークアップ!ぷらす」に出演中の「辛坊 治郎」さんです。

演題は「メディアのミカタ」で政治の裏側・放送局の失敗談それに対する視聴者からの反応、抗議等面白おかしく話してくれました。

特に先日の参議院選挙後の政治家の行動や判断力の重要性、各新聞社や放送メディアの特性をわかりやすく話して今後の新聞報道やメディアに対して一方的でなく多面的に判断をしていく、必要性を感じた講演会でした。

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

フォト
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ