最近のトラックバック

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

編笠山に登って

 9月2日山梨県の北杜市にあり八ヶ岳の一角に位置する「編笠山」(2524m)に我が山楽倶楽部の会員20名(1名寝過ごし不参加のハプニング)の参加者で登ってきました。

マイクロバスで午前4時出発→7時登り口である山梨県北杜市の「観音平駐車場」(1560m)に到着。天候は曇り空、雨の心配はなさそう?標高差964mに挑戦。

                                                         【観音平登り口】P1060622

→7時20分登山開始。笹道と樹海の中を歩き

→8時10分「雲海展望台」(1880m)に到着。僅かな晴れ間の中から雲海が漂う山々が垣間見られた。

→9時5分「押手川分岐」に到着。ここから2コースあるが、直登をさけ右手進行に方向を取り「青年小屋」を目指すことに。でも結構な登り。P1060632

→10時30分うっすらと霧の中に現れてきた「青年小屋」(2360m)に到着。                                                       【青年小屋】

気温も低い。濡れた上着の上に皆一枚長袖の衣類を被う。ここで待望の昼食。2005年9月に皇太子が泊まった所とのこと。小屋には、当時の写真が展示してあった。この為か近くには綺麗なトイレ(有料)が設置してあった。

→11時20分編笠山山頂を目指して出発。ここから大岩がゴロゴロ。この岩の上を猿飛佐助のように軽快に?渡って登っていく。途中の樹林帯を経てP1060641

【編笠山山頂(2524m)を目指し大岩の上を歩く】

→11時50分「編笠山」(2524m)の山頂に到着。数組の人達が昼食を取っていた。本来なら、富士山や南アルプス等の360度の大パノラマが待っているはずでしたが、霧のため視界不良で目的達成できず。でも登頂の満足感は十分味わうことが出来た。恒例の集合写真を他の組の人に依頼して全員が入っての写真撮影成功。

→12時10分観音平&小渕沢方面の標識の方面を下山開始。

                         【編笠山頂上より方向を示す標識】

P1060658_2 岩に注意しながらかなりの急坂を鉄梯子の場所も通過して一気に下る。

途中登りの東京方面から等の数組の団体さんと交わる。15時までには駐車場にとの会長の話で皆会話を楽しみながらもピッチが上がる。会長は本日特に体調が良いようだ。

       【急坂にある鉄梯子】P1060665

→13時25分「押手川分岐」

→13時55分「雲海展望台」→14時20分観音歩道入口の展望台(1649m)に到着。雲の切れ間から南アルプスの山並みが、ほんの少し見ることが出来た。ここからよく整備された笹の道を下る事20分時間通り

→15時観音平駐車場に到着。帰りにはこれも恒例となっている入浴。今回の湯は「延命の湯」で疲れと延命を願って癒した。

→19時50分無事到着。

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

フォト
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ