最近のトラックバック

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

野外音楽会

 26日群馬県の「21世紀の森」で第9回野外音楽祭が特設ステージで開かれ、この鑑賞会に行って来ました。P1060507

同イベントは、1998年全国植樹祭が同公園で開かれたのを機に始まった。

過去には、加藤登紀子・みなみこうせつ・太田裕美等も公演してきた。P1060525

 今回は、一部で県内出身者による歌手やバンドによるライブが開かれた。

二部として「森山良子」・従兄弟の「ムッシュかまやつ」さんのメーンゲストの二人が登場。P1060572

森山さんの「涙そうそう」やかまやつさんの「我が良き友よ」等の歌に聴き入った。

また「この野原いっぱい」を参加者全員で歌った。

残暑の残る芝生の上に座って家族連れは、食事やビール・水分補給をしながら森山良子さんの涼やかな歌声などを時折吹く冷風の気持ちよさも感じ手拍子をしながら楽しむことが出来ました。P1060600

ゴーヤの成長記録3(最終回)

 およそ2ヶ月に渡ってのゴーヤの成長記録も最終回を向かえ様としています。

ようやくゴーヤ本体が食べられるように成長しました。P1060494

初めてゴーヤ作りに取り組みました。

黄色い綺麗な花が沢山咲きました。

しかし身になったのは、二本だけです。P1060493

他の人に聞くと沢山出来るそうです。

肥料が足りなかったのですかね?

来年は今少し研究をして沢山実をつけさせたいです。

上州武尊山に登って

 19日(日曜日)群馬県の上州武尊山(2,158m)に登ってきました。

我が山楽倶楽部会員17名の参加で、4台の車に分乗し、高崎を午前5時出発。

今回は幾つかのルートがありますが、水上町の「裏見の滝」の武尊神社からのコースを選びました。

6時30分裏見の滝駐車場に到着。ここには水洗トイレがありました。   【水洗トイレP1060427

本来は後2km林道で車が入れるのですが、進入禁止の看板が、やむなく7時武尊神社前を出発。

P1060432_2

林道は平坦道だがしばらく行くと武尊山と剣ケ峰の分岐点に出てここから山道に入る。

進入禁止表示の登山口】

昨日雨が降った様子で道は濡れていました。手小屋沢避難小屋の標識を過ぎると急登となる。

途中ハシゴ・ロープ・鎖場を経て高度を稼ぐ。

P1060437 【ハシゴ・ロープ・鎖場】

暑い中、時折吹く風は冷たく一時の気持ちの安らぎを与えてくれた。P1060465

約4時間30分掛けて頂上に到着。 【武尊山山頂】

  360度の大パノラマが待っていた。P1060447

12時30分いよいよ剣ケ峰経由で下山。

    【剣ケ峰】

剣ケ峰までのアプローチもアップダウンを経ながらしかし絶景を目に焼き付きながら歩く。

後ろには今登ってきた武尊山がそびえている。

 【後方にそびえる武尊山全景】P1060473

剣ケ峰山頂からの眺めも又素晴らしく感激。P1060474

その後の急坂が結構長く行けども行けども駐車場に着かない。

幾つかの沢を渡りようやく午後5時15分およそ10時間の登山が終わりました。

思ったよりタフな山登りで、その後疲れた身体を癒しべく「湯テルメ谷川」の湯に入ってきました。Photo            

 【湯テルメ谷川】

荒船山に登って

15日に群馬県と長野県の境界にある荒船山に登ってきました。

我が家を6時出発。国道254号を走り内山峠手前の神津牧場入口から荒船山駐車場約20台駐車可能の駐車場に到着約1時間。3台の自動車がすでに駐車してあった。P1060420_2

そこから小さなアップダウンを繰り返し、木々によって日光をさえぎって貰いながらも大汗をかきながら行くと切り立った岸壁が目の前に現れ、岸壁から滴り落ちる滝が目に入る。「不動滝」でここにはベンチもありました。P1060394

ここから更に登ると登山者が喉を潤したと言われる「一杯水」に出会う。しかしこの一杯水を飲むには、少し危険が伴うのではと思われた。?P1060398

ここからこの山唯一斜面上の急坂の岩場を登り詰めると笹と木々の生い茂る平坦道を歩くと、行くときに見た山頂の「臚岩」(ともえ岩)に到着。別名その勇姿から軍艦岩とも呼ばれている。ここまで1時間40分。避難小屋とトイレがある。ここからの大絶壁の眺望は天候も良かったので浅間山・妙義山・神津牧場・国道254号の曲がりくねった道路などが遠望でき抜群でした。また絶壁のためスリルと高度感があった。P1060406 P1060402

ここから荒船山の最高地点の経塚山(ぎょうつかやま)「行塚山」(1,422m)までは、笹道の平坦の道を歩き最後の急登を登りきると山頂に着く。約40分周辺の景色は木々に邪魔されて殆ど見ることが出来ない。P1060409

今来た同じコースを引き返す事に。今日は猛暑の為か登山者が少なくすれ違う人も数組しかであった。Photo

下りは「とも岩」から約1時間ほどで下山出来た。とにかく暑く汗と水分の補給の戦いであった。

帰りには下仁田町にある「荒船の湯」に入って汗と疲れを癒し帰ってきました。

とにかく暑かったです。

白山(御前峰)に登って

 4日・5日と一泊二日で白山へ登ってきました。

実は、昨年も登頂すべく7月に実行しましたが、豪雨の為市ノ瀬にたどり着くことが出来ず観光に切り替えた経緯があります。

 白山は、石川県・福井県・岐阜県・富山県の4県にまたがる山岳自然公園で、御前峰(2702m)を最高峰に大汝峰・剣ケ峰・別山を従えています。

 今回は、最高峰の御前峰の登頂を目指しました。

 我が山楽倶楽部の会員と一般参加者の総勢27名で直前までの台風5号を心配してましたが、影響も無くなり、群馬県を4日の午前2時に大型バスで出発。上信越道・北陸道を経て一路白山市の別当出合の駐車場へ。8時30分到着。                                             【別当出合登山口】P1060212

 8時50分登山口を歩き始め別当出合センターで記念写真を撮り9時30分出発。ここから出合吊り橋を渡って砂防新道を登りはじめる。途中から雨が降ってきました。雨具を身につけての歩行は、蒸し暑く汗で衣類はびっしょり。10時30分中飯場、12時25分甚之助小屋(1970m)、14時17分黒ぼこ岩(2320m)、弥陀ケ原の木道を経て最後の急登を登り終え3時10分白山室堂ビジターセンターに到着。Photo 周辺は霧で視界は不良。(本日の走行時間5時間40分)

  【白山室堂ビジターセンター】

 小屋で早速ずぶ濡れの衣服を着替え夕食までの間、宴会となり皆苦しさを忘れて多いに盛り上がった。夜中に激しい雨音に目を覚まされました。

5日の午前2時頃になると夜空に「満天の星」と「三日月」が見えるまでに回復。流れ星か綺麗であった。

お日の出(4時53分頃)の期待が膨らんで来ました。

4時前から御前峰山頂(2702m)を目指し太鼓の音に励まされて、登頂開始。         【白山奥宮の一番太鼓】

Photo_2

当たりは暗くヘッドランプの長い行列が山頂へと続く。

頂上に近づくにつれ霧が出てくる。視界が悪く、結局お日の出は見ることが出来なかった。 残念無念。

頂上は、溢れるばかりの人又人。集合写真結局取れず。Photo_10                【御前峰(2702m山頂)】

お池巡り班とそのまま下山の班と分かれて行動。

 6時朝食。7時30分二日目の行動すべく白山室堂を出発。天候が良いので、雨の日には避けた方が良いとされるお花畑がある観光新道のコースで下山することに。Photo_9 P1060355 黒ぼこ岩までは昨日と同じコース。ここから観光新道の道を下る。

                    

【御前峰(2702m)全景】

  【黒ぼこ岩】

                                                   途中各種の花が咲いていました。Photo_12 Photo_13 Photo_14 Photo_15 Photo_16 Photo_17

          

                        【コバイケイソウ】    【クロユリ】 【イブキトラノオ】 【ヨシオシオガマ】【ニッコウキスゲ】【ミヤマキンバイ】

 8時50分殿ケ池避難小屋に到着。小屋をを過ぎると急勾配の下り坂が続いてくる。滑らないように濡れた階段の道を注意深く下る。やはり雨の日はこのコース避けた方が良いと思われた。暑い為流れる汗をかきながら、水分補給をこまめにし、長い急勾配をふうふう言いながら11時30分ようやく別当出合センターに到着。ここで水分補給と売店で冷たいビールを購入。生き返った感じ。(本日の走行時間4時間)

その後市ノ瀬の「天望の湯」で入浴。ここの湯は、肌がつるつるしてくる湯であった。

 その後バスは昨日のコースを経由して途中数カ所で花火を車中から見ながら午後9時30分無事到着できました。

 一人の落伍者もなく無事二年間の思い出が積もった白山登山が出来たことは、いい思い出となりました。

ゴーヤの成長記録 3

 ゴーヤのツルもだいぶ伸びました。P1060193

ようやく花も咲き始めました。

黄色い色をした花です。P1060196

結構かわいい感じの花です。

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

フォト
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ