最近のトラックバック

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

5月の尾瀬 

 5月27日に我が山楽倶楽部は尾瀬ハイクを行いました。

参加者22名マイクロバス使用のため鳩待峠まで直行で行けました。費用が安く済みました。

途中水芭蕉を見ながらおよそ45分で山の鼻へ到着。多くの人がすでにいました。植物園を散策しながらの休憩。P1050700 いよいよ尾瀬ヶ原の散策。木道の脇の水芭蕉・リュウキンカに歓声を上げながら多くのカメラマンが待機している尾瀬の最大の撮影ポイントで我々も写真を撮る。

P1050719 今日は風がかなり強い。

 ↑【植物園からの風景】       ←【尾瀬の絶景ポイントより】

その後昼食を取るべく竜宮小屋まで移動。この頃天気が怪しくなり雨が落ちてきた。しかし一時的な雨で皆ホットして持参したワインで乾杯。それぞれ昼食を取る。ここでザゼンソウが数輪咲いていた。

                                                                                       【ミズバショウ】↓P1050734 P1050732

天気も回復しヨッピ吊り橋経由で牛首に向かう。所々にショウジョウバカマも咲いていた。

           【ザゼンソウ】→P1050724

牛首から山の鼻までの木道では、家族連れの他に多くの団体さんとすれ違った。

        【リュウキンカ】→

山の鼻から鳩待峠までは帰りは登り。最後の数百メートルは汗をかく。休憩をしている多くの人を見る。我々は休憩を取らず一気に鳩待峠をめざす。

ときたまサンダル履きの女性が山の鼻へと下っていくが帰りの登りどうするのだろうといらぬ心配をしてしまう。

およそ6時間余りの尾瀬のハイク、綺麗な花を堪能できた。P1050764_1

帰路恒例の温泉は、「花咲の湯」に入浴。これが又今日の行程の疲れを一気に癒してくれる魔法の様なもの。

出発から帰路まで12時間の行程でしたが、楽しい一日を過ごすことが出来ました。

←【ショウジョウバカマ】

鳴虫山(1103m) 日光市

 この13日(日曜日)に日光市にある鳴虫山(1103m)に行ってきました。

当日は、曇りか雨の予報。朝当地を5時出発。大間々経由で富弘美術館を横目に見ながら一路日光市へ。

途中わたらせ渓谷鉄道と平行してマイクロバスを走らせる。

7時近くで日光消防署の駐車場に到着。鳴虫山は、途中トイレが無いのでここでお世話になる。署員も気持ちよく応対してくれました。

1【日光市観光協会提供地図】

7時30分いよいよ出発。天気は曇り空。雨の心配はなさそう。人家を過ぎると直ぐに登山道に入る。全体的に木が多く周りの景色は望めない。時折涼しい風が吹きホット一息を入れさせてくれます。

約50分で神ノ主山(こうのすやま842m)にたどり着く。やはり展望は良くない。             【神ノ主山山頂】 P1050558 

                   

ここから約1時間更に登り目的地鳴虫山(なきむしやま1103m)にたどり着く。P1050563                        

【鳴虫山山頂】 

途中では男体山・女峰山を見ることが出来たが、やはり展望は期待できない。

この山はなんんといっても今までに経験のしたことが無いほど木の根っこが露出していることで登りは階段の役目にも成るが、雨が降ったら滑らない様な注意が必要と感じた。Photo_6                 【根の多さと根が露出した急登】

記念写真を撮って約15分で合峰(かっぽう)へと下る。ここはかなりの急降下。途中で昼食を取る。

それぞれ持ち寄った物をお裾分けで頂く。これがなにものにも代え難い楽しみ。

食後更に独標(どっぴょう925m)を経由して憾満ガ淵(がんまんがふち)に到着。ここで中禅寺湖から華厳の滝を経て清流となって白いしぶきを上げて一気に新緑の中の岩肌を濡らしながら流れている大谷川(だいやがわ)を目にすることが出来ました。                                                                                                                                                                    P1050587【大谷川】 

憾満ガ淵の場所にあるいくつもの石像も長い年月を経て風情を醸し出していました。

                                Photo_7            

【整然と並ぶ石像】

ここから1.5km程歩いて「やしおの湯」で入浴。ここの温泉は疲れと汗にまみれたたお肌をヌルヌルにしてくれる。一気に疲れも取れ楽しく苦しい登山も終わることが出来ました。

我が家の花

今我が家では、多くの花が咲き始めました。

庭に咲く花、鉢で咲く花と色とりどりです。

特にボタンとクンシランが綺麗に可憐に咲いています。P10504121_1 P1050413

ボタンは、咲くと短い時間で散ってしまいます。

もう少し長く咲いていてくれればと思います。P1050439

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

フォト
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ